自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

自転車通勤に適したロードバイクの選び方



 東京にいる友人は現在ミニベロで片道25キロのジテツウをしています、東京の場合は人が多いので小回りが利く方が良いと思いミニベロを買ったそうですが、自転車の魅力にハマってしまいロードバイクが欲しくなってきたようです。

その友人から「自転車通勤に適したロードバイクはどれが良いか?」と質問をされました、片道25キロだし盗難を考えたら高価なロードバイクはどうかと思い、クロスバイクを勧めましたが聞き入れてもらえません(^^;)用途から考えると断然クロスなのですが

 現在はヒルクライムやロングライドへは行ってないようで、主に自転車通勤用として使用するつもりらしいです(休日は50キロ程度走るそうです)

流れ的にはロード購入後さらにハマり、休日もガンガン乗るようになると予想されます、なので将来的な事も見据えてアドバイスをする必要があります。

 価格帯は15〜30万円位で購入可能な、エントリー〜ミドルクラス位が適当と考えてます、上位モデルは高いので盗難が心配、それに耐久性より走行性能を重視してるので自転車通勤のようにハードな使い方をする場合はどうかなと言う気がします。

 コンポは105以上が良いと思います、私はティアグラとアルテグラしか使用した事がありませんが、ティアグラはブレーキとSTIレバーが微妙ですから…105は使った事がありませんがレース志向の人でも105を使う人がいるので最初の1台なら十分な性能だと考えます。

 自転車の素材ですがジテツウは雨の中走る事もありますから、錆びやすい&雨の中に走った後のメンテナンスが大変なクロモリは候補から外すべきでしょう。

フルカーボンは現在乗ってますが、クロモリほどではありませんが雨の中走るのは良くないそうです、立ちゴケとかして塗装が剥げた部分があると、そこから水を吸って内部に水が貯まり、いきなりポキッといったりするそうですから(外の傷と違って気付きにくいのでかえって危ない)

それに取り扱いには細心の注意を払う必要があります、駐輪場で他の人に当てられたり倒された日には…想像するだけで恐ろしい。

 アルミ+カーボンはピナレロFP1の時に乗っていましたが、フルカーボンに比べると耐久性が高いです(2回ハデに落車しましたが大丈夫でした)それに安価なエントリーモデルに採用される事が多いのでオススメな素材です。

 アルミはジャイアントEscapeR3で乗ってましたが、フルカーボンやアルミ+カーボンに比べると振動吸収性が悪いのでロングライドになるほど辛くなってきます、しかしジテツウなら問題ないのでこれでも良いかな〜と思ってます。

 ピナレロだとエントリーモデルのFP1はアルミ+カーボンですがティアグラ、本音はFP2やクアトロですがフルカーボンになってしまいます。

コルナゴのプリマはアルミ+カーボン+105で20万以下なのでオススメの一品でしょうか、本音はCLX2.0なのですがフルカーボンになってしまいます。

ジャイアントも良いですよね、ブランドイメージは弱いですが、あのメーカーならお手頃な価格で良い物が購入出来ますから。

スペシャライズドだとアレーコンプがアルミ+カーボン+105で18万、どうせなら24万円のターマックorルーベエリートまで行きたいですがフルカーボンですからね。

トレックだと2.1や2.3が20万以下で105なのでオススメかな、でもせっかくトレックで買うなら22万のマドン3.1、25万のマドン4.5とかに乗って欲しいです。

アンカーだとRNC3エキップが20万以下で105なので良いかな、本音はRFX8なのですがフルカーボンですからね。

他にも良いメーカーがあるのは知ってるのですが、どうしても自分が好きなメーカーに偏ってしまいます、LOOKやTIMEも良さそうですが高そうなイメージがあるんですよね。

 最終的に東京の友人にはキャノンデールのCAAD10をオススメしました、105使用で19万強、アルテグラでも30万以内で買えますから。

アルミ+カーボンにしては高価ですが、多くのメーカーがフルカーボンに力を入れている現在、アルミ+カーボンの中では最高峰の一品とされてます(CAAD9はフルアルミで最高峰と言われてます)

これならジテツウはモチロン、ロングライドやヒルクライムもこなせるし、最終的にレース志向になっても長く使う事が出来ます(アベ30キロ以上で走るhyhさんでも不満を感じない性能らしいです)

まあ最終的に選ぶのはその友人なので何を買うか分りませんが(^^;)ミニベロは見た目重視でルイガノを買ったくらいですからね…




|自転車通勤|00:59|comments(10)|trackbacks(0)|
自転車通勤のせいで年収や給料が下がる!?



 そろそろ今年も終わりですがその前に、会社に勤めている方は一年間の勤務評価を付ける人事考課がありますね。

 都会で働いてる友人がいるのですが、この前上司に呼び出されて「おまえは自転車通勤を始めてから付き合いが悪くなった、協調性がないと人事考課に書きざるをえない」的なニュアンスの事を言われたそうです。

 私は田舎のマイカー通勤なのでよく分かりませんが、都会のオフィス街で働く人は車だと混むので電車で通勤する人が多いと思います。

そうすると仕事終わりはみんな一緒に同じ駅に向かって帰るので「一杯やるか?」って感じで飲みに行く機会も多いと思われます。

しかしジテツウだと駅に行かずスッと帰れるので、飲みに行く頻度が減る→付き合いが悪いと評判が悪くなる→査定に響く→年収や給料が減ると言う構図になる可能性はありうると思います。

 私は前にゴルフをやってた時期がありますが好きで始めたのではなく付き合いで始めました、周りの同僚や後輩も嫌々始めたと言う感じで、休みが潰れる、練習場やコース代で小遣いが飛ぶ等のグチを言ってました。

現在の上司はゴルフに興味がないようなので問題ありませんが、ゴルフ好きの上司に変わったら再度ゴルフを始めるかもしれません。

 人事考課ですがロボットなら単純に仕事ぶりだけで判断するでしょうが、人間の場合はどうしても仕事以外のファクターが入ってきます、やはりプライベートで仲の良い人間の評価を上げたくなるのが人情ではないでしょうか。

 会社の先輩にテニス好きの人がいて、練習時間を確保するために昇進を断り、残業も極力せずにに定時で帰り、大会があれば上司に嫌な顔をされようが有給をいれるって人がいます。

さすがにここまで趣味に入れ込む気にはなれませんが、アマの中でも有名な大会で上位を狙ったり、実業団入りを目指したりするならこれ位はしないと難しいのかもしれませんね。

 家庭と自転車を両立させるのは難しいですが、家庭と仕事と趣味で考えるとさらに複雑になりますね。

私は速く走れるようにはなりたいですがレース出場は考えてないので、家庭や仕事を大切にして自転車はストレス解消程度にぼちぼち漕ごうと言う感じです。



|自転車通勤|00:02|comments(8)|trackbacks(0)|
ジテツウでのトレーニングは難しい



 私はジテツウをしてないし、休日に走る時も夜間は走らないようにしているせいか、スポーツバイクでの夜間走行は今まで1回しか経験がありません。

普段は会社から帰宅後に三本ローラー台で漕ぐのですが、たまにはと思い10キロほど夜道を走行してみました。

昼間と違って涼しいし開放感があって気持ちよかったです、それにサイコンの値が見えないので数字を気にせず走れます(エッジ705のバックモニターはOFFにしてました)

 しかしライトで照らせる範囲に限りがあるので、昼間に比べると障害物や道路の凹凸を察知するのが遅れるなっと思いました。

それと無灯火で走る自転車が逆走してくると、近付かないと発見出来ないので危ないなっと思いました。

なので夜道を軽く漕ぐならまだしも、速度を出したらかなり怖いなっと感じました。

 バリバリのレース指向の方は朝練ついでに自転車で出勤、帰りはスッと帰宅して自宅でローラー台を漕ぐ人が多いそうです。

仕事前に疲れるのも嫌だから行きはスッと出勤、帰りはガッツリ練習して帰宅した方が良いような気がしましたが夜間走ってみると納得。

夏のように日照時間が長い季節、公務員のように定時で帰れる職業の人は良いですが、普通の人は残業して帰るので外は暗くなってますよね。

行きは早起きすれば明るく交通量が少ない中走れますが、帰りは暗いし交通量も多いからトレーニングは難しいですね。

 今月号のファンライドにジテツウしながら練習する方法が載ってましたが、安全性を考えるとジテツウでの練習は厳しいのかなっと思いました。

LSDやSFRならまだしも、あの状況でインターバルやメディオをやるのは無理でしょうね。

 前に年間走行距離は速さに直結すると言う記事を書いた時に、ジテツウを含めて月1000キロ以上走る「お先にどうぞ」のKIKUさんがコメントで「私の場合は決して速くならないと思います」と言ってました。

この時は謙遜してるんだなっと思ってましたが、実際に夜間を走行すると納得出来ました。

人にもよるでしょうが行きは仕事に影響が出ないように軽めに漕いで出勤、帰りは夜道が危険だから軽めに漕いで帰宅って人が多いのではないでしょうか?

少なくとも私がジテツウするとしたら仕事前からトレーニングする気にはならないし、安全性を考えたら暗い夜道で練習する気にはなれません。

 以前は走行距離に比例して走力も増えると思ってましたが、今は短距離でも上手くメニューを立てて集中して行った方が効果が出る事が分ってます。

これを考えたら3本ローラー台の方が練習には向いてるかもしれませんね、面白さと言う点ではジテツウには遠く及びませんが。

私は3本ローラー台はそこまで苦になりませんが、ローラー台を購入したものの数回使用しただけでオクラ入りになってる人が多いそうで、中古のローラー台を出品する人が多すぎてヤフオクでも売るのに苦労する位らしいです(^^;)

 電車の通勤ラッシュ、渋滞での運転が余儀なくされる方は移動時間が多くかかるので、出退勤時間を利用して走れるジテツウが効率的だと思います。

しかし私のように渋滞もなく車で片道10〜15分で行ける人の場合は、サッと帰って家でローラーを回してた方が効率的にトレーニング出来るのかなっと思いました。



|自転車通勤|00:00|comments(8)|trackbacks(0)|
ジテツウをしない理由



 数名のブロガーの方がジテツウの記事を書いてたので私も書いてみようと思います。

まず最初にうちの会社は自転車通勤はOK、しかし現在は会社まで片道約9キロを車で15分位かけて通勤してます。

前からジテツウしたいとは思う気持ちはあるのですが、なぜしないかと言うといくつか理由があります、一番大きい理由が通勤手当です。

 うちの会社は結構通勤手当を出してくれる上に、ガソリンの価格に合わせて通勤手当も変動するので毎月一定の量までは手当だけでまかなえます。

私の車はリッター約14キロですが、休日の移動はほぼ自転車なので、月の通勤手当だけでガソリンが約1.5ヶ月は保ちます。

余った分は自分の懐に入るので年3〜4万は通勤手当で儲かる計算です、ジテツウするとこれがなくなるのが痛いです。

 二つ目は雨です、皆様も残業を合わせれば会社に10時間以上勤務する事もザラだと思います。

そうなると行きは晴れてたが、帰りは雨と言う展開は避けれません(天気予報もアテにならないし)

カッパ着ても不快感はあるし、自転車が汚れるし、滑って危険なので雨の中で極力走りたくないです(^^;)

 三つ目としてうちの職場はドロップハンドルが禁止されてる所です、つまりジテツウするならクロスになります。

過去に事故した人がいるらしく、出退勤時の交通事故は労災になり、会社側も色々めんどうなのでダメとの事です。

ドロップハンドルは関係ないと思うのですが、乗った事のない人はドロップハンドル=危険、フラットバー=安全なんでしょう。

最後にギリギリまで寝てたい、仕事帰りはまだしも仕事始める前から疲れるのが嫌って言うのも少しあります(^^;)

 しかし自転車通勤のメリットとして通勤ラッシュが関係ない、距離を多く走れる、無駄な時間を有効活用出来ると言う点があります。

電車通勤でなく自動車通勤で、なおかつ通勤ラッシュが関係ない私にはこのメリットは利点になりません。

 私は休日に走る事が多いので、一年52週として毎回100キロ走れば、年5200キロ走れる計算になります。

しかし毎回100キロ走るのもキツイし、雨で走れない時もあります。休日のみ乗られる他のブロガー様の記事を見ても年間3〜4千キロ位の方が多いです。

ジテツウすれば距離を多く走れるので魅力的です、しかし私の場合はローラー台を活用する事で距離を稼ぐ事が出来ます。

 一番メリットを感じるのが無駄な時間の有効活用です、通勤時間の無駄な時間にトレーニング出来るのはとても効率が良いと思います。

 今の所は通勤手当で稼げるのが大きいのでジテツウはしませんが、CO2削減25%を宣言している関係で、自転車通勤の人には別途手当支給とかになれば迷わず自転車通勤します。




|自転車通勤|10:13|comments(9)|trackbacks(0)|
<< | 2/2PAGES |