自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< MTBでのトレイル走行の基本 | main | 体重計に乗ってみると!?自転車ダイエットの落とし穴 >>
MTBのタイヤはブロックタイヤ?スリックタイヤ?セミスリックタイヤ?



 MTBのタイヤは大きく分けてブロックタイヤとスリックタイヤの2種類があり、タイヤによって走行感に差が出るので用途やフィールドによって交換するのが賢いやり方です。

マキシス ブロックタイヤ

 ブロックタイヤと言うのは一般的なマウンテンバイクに使用されるタイヤで、表面に無数の凹凸があるのでダート、トレイルでもガッチリ路面を捕えてくれます。

普通のタイヤは表面がツルツルしているので、砂利や泥の上を走るとスリップし転倒する危険がありますが、ブロックタイヤの場合は悪路でもしっかりグリップするので安心して走る事が出来ます。

その反面路面抵抗が大きくなるので、舗装路を走る場合は漕ぎ出しが重く巡航速度も伸びません、つまり未舗装路用のタイヤと言う事になります。

シンコー スリックタイヤ

 スリックタイヤはロードバイク、クロスバイクに使われているようなタイヤの事で、表面がツルツルしており路面抵抗が小さいので軽快に走る事が出来ます。

一般的にMTBはロードバイク、クロスバイクに比べると重量が重いので舗装路では不利と言われますが、スリックタイヤを履けば下手なロードバイク、クロスバイク乗りもビックリする速度で走る事が可能です。

ただしスリックタイヤでダートやトレイルのような未舗装路を走ると、グリップがないので転倒の危険がありますし、耐久性も低いのでパンクしてしまいます。

マウンテンバイクで自転車通勤したり、街中を軽快に走りたい人にはおススメのタイヤですが、MTBの醍醐味であるトレイル走行をしたい人には不適切なタイヤと言えます。

タイオガ セミスリックタイヤ

 セミスリックタイヤはタイヤの中央はスリックタイヤのようにツルツル、両サイドはブロックタイヤのように凹凸がある、両者の中間のようなタイヤです。

舗装路ではブロックタイヤよりも軽快に走る事が出来、スリックタイヤでは走れない未舗装路も走行可能、一石二鳥な万能タイヤと言えますが悪く言えば中途半端です。

舗装路ではスリックタイヤには適いませんし、トレイルではブロックタイヤに敵いません、MTBを始めたばかりで自分が何をしたいか定まってない人には向いてるかもしれません。

また自宅から遠い山を走りたい時は自走で行く・車にMTBを積んで行くのどちらかになります、自走で行くなら舗装路を走る頻度も高くなるので、セミスリックタイヤと言うのも良い選択だと思います。

 同じ種類でもタイヤの幅によって走行感は違いますし、メーカーによっても性能に差はあるので、自分の用途と照らし合わせて一番ベストなタイヤを選択してください。




|MTB(マウンテンバイク)|09:32|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
こんにちは、僕はMTBから先に入った方ですが最初の頃は通勤にスリックタイヤ、週末はトレイル用のブロックタイヤと履き替えてましたが・・・横着者なのでだんだん15分ぐらいの作業とは言え休みの度に履き替えるのが面倒になって結局スリック履きっぱなしの通勤&週末ポタリング車にw

最近ロードを買ったので、MTBのタイヤはブロックタイヤに戻しましたけど、一台で通勤もトレイルもって方はホイールごと2セット持っといた方が楽で良いかもしれません。
| やま|
やまさんへ

やはり通勤にスリックタイヤ、週末はトレイル用のブロックタイヤと分けるのが良いですよね。

その都度タイヤを履きかえると言うのは結構な手間ですよね(^^;)ロードバイクは2セットホイールを持ってますがその交換ですらめんどくさくて、ずっと同じホイールを付けてます。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/999
トラックバック