自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 神社巡りサイクリングで走り納め | main | 2011年12月の走行記録 >>
MTBはVブレーキ?ディスクブレーキ?



 マウンテンバイクのブレーキは大きく分けてVブレーキ、ディスクブレーキがあり、以前はVブレーキが使用される事が多かったのですが、現在はディスクブレーキが主流です。

シマノXTR Vブレーキ

 Vブレーキは部品数が少ないのでメンテナンスが簡単、トラブルが少ない、軽量等のメリットがありますが泥や雨天時の性能低下が大きいのが欠点です。

レースのようなハードな環境で使うならディスクブレーキの方が良いですが、普段のトレイル走行ならVブレーキで全く問題ありません。

クロスバイクでもVブレーキが使用されていますが、タイヤの着脱やブレーキ調整が簡単に出来ます(ちなみにロードバイクはキャリパーブレーキ)

ディスクブレーキ

 自動車、オートバイもディスクブレーキが使用されており、MTBは悪条件での走行が多いので現在はディスクブレーキが主流となっています。

雨天時でも性能が一定で、安定したブレーキ能力・コントロール性能の高さがメリット、値段が高価で重量が重くメンテナンスが難しいのが欠点です。

 他のブレーキと同じようにワイヤーで引っ張る機械式ディスクブレーキ、オイルで制御する油圧式ディスクブレーキがあります。

機械式はメンテナンスが簡単ですがブレーキのタッチ感は重くなります、油圧式はプロショップではないとメンテナンスが困難ですがブレーキタッチは軽いです。

現在の主流は油圧式ディスクブレーキなので、特にこだわりがないのなら油圧式にしましょう、メンテナンスは店でやってもらえば問題ありません。

 ブレーキローターは色々なデザイン・外径の物が発売されています、外径が大きい方が制動力は高まりますが、重量が重くなるので走りへの影響も出ます。

XC、シティライド等なら外径は小さくて良いです、ダウンヒルバイクのように高速で走る機会が多い人は大きいサイズを選びましょう。




|MTB(マウンテンバイク)|12:51|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/996
トラックバック