自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 第3回サイトリニューアル | main | MTBを種類別に説明、クロスカントリーバイクとは >>
MTBを種類別に説明、オールマウンテンとは



 舗装されていない林道、ダート、山岳地帯のけもの道等のトレイルを走れるのがMTBの醍醐味で、オールマウンテンは幅広い用途に適応したMTBです。

レース、クロスカントリー、ダウンヒル、街乗りと色々なシーンにマッチするので、現在マウンテンバイクの種類の中では一番人気があります。

GTフォース2.0 2011年モデル 約26万円

 フレームの素材はアルミ、クロモリ、カーボン等がありますが、衝撃や転倒によるダメージを考慮してアルミが使われる事が多いです。

 前後のサスペンションは100〜150mm程度のストロークを持つものが多く、前後のストローク差が少ない方がバランスが良いとされています。

安価なMTBはフロントサスペンションのみですが、リアサスペンションがあると下り坂はモチロン、滑りやすい登り坂も楽に上がれます。

初心者のテクニック不足を補ってくれるのがリアサスなので、フロントサスのみのハードテイルより、フルサスバイクを購入する事をお勧めします。

 タイヤ幅は2.1〜2.3インチがバランスが良く、トレイルライドに向いているので多くの完成車に装着されています。

メーカーにもよりますが入門用なら完成車で約10〜15万円、ミドルクラスなら25万円前後、上位モデルなら30万円以上と言う感じになります。 

 MTBはオールマウンテン、クロスカントリーバイク、ダウンヒルバイク、トライアル、4X&DJ、フリーライド等色々な種類の物があります。

最初の一台目はオールマウンテンを購入して、慣れてきて自分のやりたい事が見つかってから、用途に合わせた2台目を購入するのが良いと思います。




|MTB(マウンテンバイク)|17:52|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/992
トラックバック