自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車フレームジオメトリーの読み方 | main | ホイール勉強中第2弾、デュラエースC24が柔らかい理由 >>
EscapeR3のロードバイク化は可能?不可能?



 5万円を切る低価格にも関わらず十分な性能と軽さから、初心者入門用クロスバイクで絶大な人気を誇るジャイアントEscapeR3は、私が最初に購入したスポーツ自転車でもあります。

クロスバイクに乗っているとロードバイクが欲しくなるのが人情で、スポーツバイクにハマった人のほとんどはロードバイクへ進みます。

しかしロードバイクを購入する金がない、クロスバイク・ロードバイクの2台体制は家族の目が厳しい等の理由で、クロスバイクを改造して乗り続けてる方もいます。

シフト交換から始まり、リアの9速化、ロードコンポ化、ホイール23C化、ドロップハンドル化と進み、最終的にはフレーム以外残ってないと言う人もいます(金銭的に一気に金を出すのは厳しいが少しずつ改造は可能)

 ここで気になる事があります、それはエスケープR3のフレームVSロード用フレームを比較した時の性能です。

もしロード用フレームと比較しても引けを取らないなら、ロードバイクを新しく購入せずに改造して行けば良い事になります。

前に「自転車フレームジオメトリーの読み方」を勉強しました、今回はこれを元に比較して行きます(前回記事を読んでからの方が分かりやすいと思います)
 
ジャイアント 自作ジオメトリー表

 今回はジャイアント2012年モデルのフルアルミバイクをチョイス、クロスバイクエスケープR3、ロードバイク入門用のDEFY3、レースでも十分使えるTCR1の3台で比較します。

エスケープR3はMTBとのコンポミックスで約4万4千、DEFY3はシマノ2300で約8万、TCR1はシマノ105で約13万6千です。

 まずCのヘッドチューブですが短いほど前傾がきつくなり、呼吸はしずらくなりますが空気抵抗は減ります。

R3→DEFY3は5mmしか違わないので、コラムスペーサーで調整出来る範囲です、しかしTCR1とは20mm違うので調整出来る範囲を超えています。

 Dのシートアングルが直角に近くなるほどパワーロスが少なくなりますが、返ってくる反力も大きくなるので硬い乗り味になります。

私が乗ってるスペシャライズドルーベSL3が73.5、ピナレロ最高峰モデルのドグマ2が73.4なのでDEFY3と近いですね。

 次にEのヘッドアングルが大きいほど直進安定性、衝撃吸収性は悪くなりますがハンドリングが良くなります。

R3とDEFY3は街乗り重視なので直進安定性、衝撃吸収性を取り72.5度、TCR1はレース等のコーナリングを意識して73度となってます。

 Gのホイールベースは、長いと直進安定性が良くなりますがコーナーの安定性は落ちます、R3→DEFY3→TCR1と右に行くにつれて短くなっているのが分かると思います。

R3はコーナリングより直進安定性を取っている事になりますが、TCR1はレース・下り坂でのコーナリング重視しています(他の部分もこの傾向があるので、R3でコーナーを攻めすぎると曲がりきれず落車する恐れがある)

 最後にHのリアセンター(チェーンステーの長さ)が長いほどしなるので、衝撃吸収性が良くなるがパワーロスも増えます(短いと振動吸収性が悪くなるがパワーロスが減る)

これもR3→DEFY3→TCR1と右に行くにつれて短くなっています、つまりR3は街乗り向け、TCR1はレース向け、DEFY3は中間と言う考えでメーカーが設計している事になります。

ちなみにEscapeR3とDEFY3はALUXXと言うアルミ、TCR1はALUXXSLと言うアルミを使っています(おそらく後者の方が高級なアルミ)

Myクロスバイク EscapeR3

 結論を言いますとEscapeR3のロード化は難しいと言う事です、ロードバイク入門用のDEFY3とはジオメトリーに大きな差がないので、R3をDEFY3に近いレベルに持って行く事は可能です。

しかしレース向けのTCR1とはジオメトリーに違いがありすぎるので、R3の全パーツをTCR1と同じにしてもレースでは差が出ます(仮にジオメトリーが一緒でもTCR1の方が良いアルミを使ってるので差は出る)

 EscapeR3をロードバイク化して、アベ30キロ以上で走る強者もいるので、エンジン次第と言えばエンジン次第ですが、同じ人が乗るなら純粋なロードバイクの方が速く走れる事になります。

エスケープR3の走りが良いのは有名なので、「ロードバイクとジオメトリー近いのでは!?」と思いましたが、やはり用途によって全然違った設計をしてますね(゚∀゚ ;)

ジオメトリーが一緒なら「クロスバイクも改造次第ではロードバイクと同レベルまで持って行ける!」と言う記事が書けたのですが...(本来そのつもりで調べた)

ただジオメトリーを見た感じロングライドはエスケープR3の方が楽なので、ロングライド好きならR3のロード化はありだと思います。

【追記分】
 コメントで言われて気付いたのですが、フロントフォークを交換すればトレイル、オフセット角が変わるのでジオメトリーを変える事が出来ますし、カーボンフォークにすれば軽量化、剛性・乗り心地を変化さす事も可能です。



|自転車のコラム|19:16|comments(15)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは^^
なるほど… これは分かりやすいですね^^v
私も一時、R3のドロップ化を検討したことがありますがロードバイクにはなれなかったのかぁ…
これはクロスバイクのままが正解ですね!
| ramu3003|
ramu3003さんへ

私はトリガーシフト、23C化しかしてませんが、色々と改造してロード並みのアベで走る人はいますよね(´∀`)

今回の結果で見ると、そう言う方はエンジンが優秀だったのかな〜と思います。

クロスにはクロスの良さがあるので、ロードと2台体制で行けるなら、ノーマルで良いと思います。
| kazu|
やはりクロスにはクロスの設計になっているのですね。

せっかくいい自転車なのですからクロスとして性能を発揮した方がよさそうな気がします。

ブログランキング、ポチリ。
| tac-phen|
おはようございます。
私も、先日RX3のロード化においてジオメトリーでいろいろ悩んでおりました。結論!純粋なロードバイクには慣れないけどコンフォートロードまではもっていける。
私の場合、フロントフォークを替えたのでジオメトリー自体相当変わってしまいましたが(^_^;)
| TatsuP|
はじめまして。
私は自転車に乗り始めの頃、高価なロードが買えずにR3をロードにして乗って居ました。
当時は深く考え無かったので(知識が何も無かった)それなりに楽しく走り回っていましけど。
実際、いまだにロードとして悪くなかったとも思ったりしてます。
自転車って、自分なりの改造が楽しかったりしますから♪
何だか下手なコメントですみません。
失礼します。
| yo-sha|
tac-phenさんへ

クロスはクロス設計になってるのは当然と言えば当然ですよね(;´∀`)

複数台所有してる方はクロスはクロス、ロードはロード、小径車は小径車と言う感じで楽しめますが、一台しか持てない人は色々大変みたいですよ。


TatsuPさんへ

今回の記事でも同じ結論に達しました、DEFY3のようなコンフォート系に近付ける事は可能ですね(´∀`)

フロントフォークを替えると、トレイルやオフセットも変わって来るのでまた違ってきますよね...よく考えたらココを替えればジオメトリー変えれるんですね、記事に追記しておきます。


あきねこさんへ

Σ( ゚∀)ゲッ!! あらま本当ですね、こう言う記事を書いてる頭の中がごちゃ混ぜになって来るんでしょうね(笑)修正しておきました、ありがとうございます
| kazu|
yo-shaさんへ

物に愛着が湧くタイプの人は、同じ自転車に長く乗りたいと言う気持ちもあるようですし。

実際エスケープR3をロード化して、他のロードバイクより速く走ってるブロガーさんもいますから、自分が良いと思えば問題ないと思いますよ( ´∀`)bグッ!
| kazu|
はじめまして、いつも楽しく読ませてもらっています。
私もR3から自転車にハマり、「めばる君」のブログを参考にハンドル以外はロード化し、ブルベやエンデューロに参加しています。R3の車重は10kgを切り、入門ロードに肉薄するスペックになっていました。
でも最近中級のカーボンロードを購入したところ、クイックなハンドリングと高速域の伸びに差に気付いて、これがロードかと驚いています。
今回の記事でジオメトリーの違いの説明で、理由がわかりました。
| come-om|
come-omさんへ

初めまして、エスケープR3の改造と言えばめばる君さんですもんね(´∀`)

フレーム以外全て交換しロード化した方もいますが、はやりロードの方が良いと言ってました。

この事に関して特に疑問を抱かず、ロードなのでそう言うモンなんだろう位に思ってましたが、ジオメトリーの違いだったようですね(`・ω・´)自分自身も勉強になりました
| kazu|
R3のポイントは妙な所でロード化出来るというのが味噌なんですが、これは
見事にGIANT の戦略にハマっているよ
うな気がします(汗)

かくいうわたくしも色々と弄りましたが、やはりロードとは一線を画します
ね。
しかしわたくしも23000まで乗り潰し
ましたが、ほんと良い自転車で御座い
ました♪ヽ(´▽`)/
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

クロスバイクを買う人でジオメトリーを比較する人は少ないでしょうからね(;´∀`)言ったもん勝ちですね

2万3000キロ乗ってみてどうでしたか?はやり2万キロあたりでガクッと性能低下がありますか?
| kazu|
こんにちは〜☆
R3はロード化せず、ロードを買ってから中途半端にエビ化したりして楽しみましたが、弄り甲斐がある機械だと思います。
皆さん、多かれ少なかれ愛着ありますしね、情報も豊富。完全ロード化は無理というか不要というか、自分が納得出来る所まで出来たらいいと思います。
| ZZ|
自分もR3をドロップに改造してますが、ロードと比較するとどうしても差があるなと感じてしまいます。
特に高速域は顕著で、35km/hrを過ぎた辺りからはR3の加速は限界を感じるのに対し、ロードはそこからさらに伸びる感覚があります。
ちなみに、自分のR3はフロントフォークを交換しましたが、交換後にかなり違いを感じることができました。
主な違いとしてはフロントからの振動の軽減です。カーボンに変えることにより手が痺れることがなくなりました。
そう考えると、R3のロード化というのはあながち不可能では無いと考えられますね。
ロードも上を見ればキリがないですけれども・・・
| ドロップとーちゃん|
こんばんは。

 なかなか興味深い記事ですね。
 今まで、ロードやMTBを買う時にその候補車のジオメトリの比較はしましたが、クロスバイクとロードのジオメトリを比較したことはなかったです。

 今度、コンフォートクロスとMTBの比較もやってほしいです。

 ポチッときますね!
| いもりん|
ZZさんへ

エスケープR3をいじり→そのままメンテ好きへっと言う人は多いですよねw

私の場合は速攻でロードを買ったので、ほとんど改造してないんですよね(;^ω^)ロード購入が遅かったら、もっとメンテに詳しくなってたかもしれません


ドロップとーちゃんさんへ

フレーム以外は完全にロード化した、ドロップとーちゃんさんでもそう感じるのなら、ジオメトリーはウソを付かない事になりますし、人間もその違いが分かると言う事になりますね(´∀`)

フロントフォークはカーボンによる差もあるのですが、トレイルとオフセットの絡みもあるんですよ実は( ̄ー ̄)ニヤリ 記事には取り上げてないので、また別の記事で書こうと思います


いもりんさんへ

やっぱりジオメトリーが読めると購入時には比較しますよね(´∀`)次に購入する時は私も比較しようと思います

クロスバイクのブログでもあるので、たまにはクロスネタをっと思って調べてみましたが、思ったより反響が大きくてビックリしてます
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/878
トラックバック