自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 教えて!ロードバイクで宿に泊まる方法 | main | 讃岐うどん巡り〜大歩危小歩危〜祖谷のかずら橋サイクリング >>
【購入・インプレ】パールイズミのコールドブラックタイツ



 直射日光を反射する事で普通の素材の衣服より温度を4〜5度下げる効果がある素材を使用した、パールイズミのコールドブラックタイツ(夏用ロングタイツ)を購入しました。

 5月頃から紫外線の量が増えるので、ロードバイク・クロスバイク乗りの方は、日焼け対策に頭を悩ませる時期だと思います。

いくら日焼け止め効果の高いSPF50+の日焼け止めを塗っても、結局は日焼けをしてしまいます。

また水をかぶったり、汗をかくと日焼け止めは流れ落ちるので、サイクリングの場合は数時間おきに塗り直す必要があるそうです。

 若者のように「男は日焼けしてる方がかっこいい!」と言いたい所ですが、年を取った時にシミ・しわ・そばかす・皮膚ガンの原因になる事を考えると日焼けは極力避けたいですね。

個人的には日焼けしたら走行後にかゆくなるのと、日焼け後の肌を見るとボロボロっとした見た目になるのが嫌なので日焼けは徹底したい考えです。

コールドブラックタイツ 約1万1000円

 しかしめんどくさがり屋の私は、出発前に日焼け止めを塗る手間がめんどうに感じます、そこで上は夏でもパールイズミの半袖ジャージ+UVアームカバーで走ります。

去年は下は七分丈レーパンで走りましたが、カバーしきれない部分があるので、今年はレッグカバーを購入する予定でした。

レッグカバーなら休憩時に着脱したり出来ますが、日焼け対策の場合は脱ぐ事はないんですよね(;^ω^)アームカバーを途中で脱いだ事ありませんし

それだったらレッグカバーじゃなくて一体物の方が良いと思い、パールイズミのコールドブラックタイツ購入に踏み切りました。

 直射日光を反射しウェア内の温度を下げるっと言う点に関しては、実際に下がってるかどうかは何とも言えませんが涼しいのは確かです。

かなりスースーするので、寒い時期に着るロングタイツとはかなり毛色が違います、丈が長い=暑いってイメージでしょうが、履いてみると思った以上に涼しくてビックリするはずです。




|自転車ウェア・バッグ|22:44|comments(7)|trackbacks(0)|
コメント
わたくしの場合、日焼けに対する対策は特にとっていませんが、そろそろシミが気になるお年頃(笑)

というわけで去年までは半袖・半ズボン状態でしたが今年からは7分袖・7分丈と少し露出を押さえようと思っております♪(*´∀`*)

わたくしの友人では夏場は夜しか走らないという徹底した者も居ますが、涼しい&焼けないというのを除けば危ないですからね~
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

前にUVアームカバーの記事を書いた時は、シミとかどうでも良いから、日焼け対策は一切しないって人がチラホラいました(笑)

夏場のロングは熱中症の危険があるので、夜走ると言うのはアリだと思います(´∀`)大阪の夜間は危険でしょうね〜こっちだと過疎ってるので退勤ラッシュ終わるとガラ空きですw
| kazu|
温度を4〜5度下げるってすごいですね。

本当なら是非使いたいところです。

日焼け対策とってはいますが限界がありますね(悲)
| tac-phen|
日焼けは気になるんですが、やはり暑苦しくて、夏はカバーなしです。

その代わり、炎天下の昼間を避けて、
早朝出て、暑くなる前に帰ってくるパターンが多いかな。
| Siru|
tac-phenさんへ

実際の所どうなのかは後日書こうと思います(´∀`)

女性ローディばりに日焼け対策すれば最強なんでしょうが、あそこまでやると走りにくそうですね(;´∀`)


Siruさんへ

普通のカバーは保温目的ですが、日焼け防止として作られてるカバーは目的が違うので全然違いますよ(´∀`)

夏は涼しい内に走って昼前に帰って来るって人は多いですよね。
| kazu|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/864
トラックバック