自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 2012年4月の走行記録 | main | クリート調節方法、あなたは前寄り?後ろ寄り? >>
オルトリーブサドルバック購入検討



 ブルべ400、600を走った時ネックとなったのは尻の痛みでした、前はサドルに関して書いたので今回は違った方向からアプローチしてみます、サドルに関する記事→「セラSMP購入検討、サドルの種類が多すぎて迷う

現在シートポストはシマノVIBE7S(アルミ鍛造)を使ってますが、仲良しブロガーさんからカーボンシートポストにすると乗り心地が良くなったと言う声がチラホラ、なので試しに使ってみたくなりました。

リクセンカウル コントアーマグナム

 超ロングの時は何かと荷物が増えて来るので、リクセンカウルのコントアーマグナムを使ってます、重量が500g、容量は6L入ります。

コントアーマグナムはシートポストにアタッチメントを取り付ける方式なので、カーボンシートポストには使用出来ません(なのでアルミのシートポストを使っている)

オルトリーブサドルバック Lサイズ

 オルトリーブサドルバックLサイズはネットだと6000千円前後で重量300g、容量は2.7Lで完全防水、雨天でも関係なしで走る必要があるブルべストに人気のバックです。

オルトリーブサドルバックはサドルのレールにアタッチメントで固定する方式なので、カーボンシートポストにも取り付け可能です。

ブルべ400、600の装備

 ブルべ400、600共にバック類はトピークのトライバック&サドルバック、リクセンカウルのコントアーマグナムを装備して走りました。

携帯ポンプをトップチューブ下に取り付け、空いたボトルケージにツール缶を設置し、トピークサドルバックの中身を移し替え、コントアーマグナムをオルトリーブに変更、カーボンシートポスト導入と言う流れで計画中です。

 トピークサドルバックは約200gですが、ツール缶は50g以下らしいので差引で約150g減、コントアーマグナムは約500gでオルトリーブは約300gなので差引200g減、トータルで約350g軽量化出来ます。

物にもよりますがカーボンシートポストはアルミに比べると、軽くて衝撃吸収性が優れた物が多いので、さらなる軽量化が図れそうです。

 リクセンカウルのコントアーマグナムは真ん中、両サイドの3箇所に物を分けて入れれるので、中身がゴチャゴチャになりません。

しかしオルトリーブのサドルバックは、出し入れする所が一か所しかないので、中身がゴチャゴチャになってしまう懸念があります。

また容量がコントアーマグナム(6L)→オルトリーブ(2.7L)に減る事に不安感があります、しかしブルべに慣れた人ほど荷物を減らして走る傾向にあるので、2.7Lでも大丈夫なのかもしれませんね(´∀`)



|自転車ウェア・バッグ|21:23|comments(9)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは。

お〜(^^)オルトリーブ。容量は確かにリクセンカウルの方が大きいですね。しかし完全防水というのはなかなかヨサゲです。持っていますけど、ブルベとか出ませんから直接恩恵を受けたことは無いですが…。

KEBELのシートポストもカーボンですけど、エアロシートポストなのでオルトリーブがかなり使いにくくなってしまいました^^;ポスト側に固定するベルクロが短くてほとんど役に立っていないのです。
普通のポストなら問題無いですけどね。
中はボルトがむき出しなので何らかの対策をオススメします(僕はボルトを引っこ抜いて上下逆さまに付け直しました)
| takaGT|
私もロングライド時はトライバッグ&オルトリーブ使っていますが、この組み合わせは非常に良く見かけますねw

これにツール缶を加えれば、アウターの着替えや雨用の装備を持参しないのであれば十分だと思います。
| ぽてと|
takaGTさんへ

400キロの時に数時間雨の中走りましたが、その時はリクセンカウルでも問題ない感じでした、常に雨の中走るとなると完全防水が効いてくるでしょうね。

ボルトの改造は他のブロガーさんもやってましたが、完全防水にする為の処置なので、改造するとそこから水が入ってくる事があるそうです。


ぽてとさんへ

オルトリーブは去年くらいから人気が出たような感じです、やはりブルべで使うとなると完全防水が大きいようですね。

400、600は昼夜走るのでずっと同じ服装で走るのも難しいんですよね(;´∀`)実際リクセンカウルでも脱いだ服を入れたら一杯でしたし、そう考えると迷う所です
| kazu|
サドルバッグで6リッターはすごいですね。

サドルバッグだと風の抵抗も受けにくいのでこれだけ入ると重宝しますね。
| tac-phjen|
わたくしもL持ってますが泊まり荷物は流石に入りきらないので、フロントに
入らない場合のサブとして使っていま
すね~

普段着に近いわたくしは夏場の着替えがかさばらないので(シャツ・パンツ・
靴下各1枚)今夏はこれにmont-bellの
吊り下げ小型フロントバッグを付けて
ロングに行ってみます。

必ず宿泊しないといけないデリケート
なサイクリストは荷物が多いんで困り
ます(笑)
| イヨッキュ|
tac-phjenさんへ

当時リクセンカウルで一番大きいサドルバックだったはずです、小さいのを買って後で後悔するのも嫌なので大きいのを買いました(*^^)v


イヨッキュさんへ

宿泊だと2.7Lは辛いですね、6Lで着替えを脱いでパンパンと言う感じでしたから(;^ω^)

自転車旅を本格的にやるなら、キャリアにサイドバックをやってみたいです(*^^)vしまなみ海道でチラホラ見ますよね
| kazu|
こんばんは。マウンテンバイクのページもおじゃまさせて頂いてコメントしました。いろいろ参考になっています。

写真と自転車はとても合いますね。

昨日からおすすめのバック買おうかどうか迷ってます。

身体につけるバックは沢山もっているので。

しかしすごい距離を走られていますね。

同じ岡山にもすごい方がいるんですね。自転車や写真は

お金がすごくかかるので嫁から悪く言われます
おまけに自転車は場所をとりますから。室内保管だと。
| ほの|
中部300の豪雨の中でもコントアーマグナム大丈夫でしたよ.勿論カバーつけてですが.
泥よけも無しでしたので下からの浸水が心配でしたが,何ともありませんでした.まあ濡れて困る物はビニールにパッキングしてましたけど

自分の様に心配で荷物が減らせない物にはコントアーは必須です^^;もっと乗れる様になって帰りの心配が無くなってきたらオルトリーブ考えますww
| zola|
ほのさんへ

カメラを持って自転車の場合は、カメラへのダメージを考えるとリュックがお勧めですが、長距離だと肩や腰が痛くなります。

サドルバックよりフロントバックの方が出し入れが早く、シャッターチャンスを逃しにくいのでお勧めです。


zolaさんへ

私も雨天走行はありますがカバーしたら余裕でした、下だけ違う素材なので泥除け無しでも大丈夫ですよね。

私も荷物は多いので何とか減らしたいですね、普通のサドルバックだけで行ける位のレベルになりたいです。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/863
トラックバック