自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 【実証編】チューブレス対応2wayホイールはタイヤの脱着が困難 | main | 走ったルート交通情報 >>
スピードプレイのクリートカバー購入



 この前ロードバイクのペダルをシマノのSPD-SLから、スピードプレイのZEROに交換しました。その時の記事→「スピードプレイのペダル購入&インプレ

スピードプレイのクリート
 
 スピードプレイのクリートは、シマノのように摩耗限度による取り換えよりも、他の部分がダメになって取り換えるケースが多いです。

矢印の黒い部分でペダルをガチッと固定するのですが、ココの部分がダメになって取り換えると言うケースが一番多いようです(なのでこのパーツだけ別に売ってくれたら良いのに〜と言う声をよく聞きます)

左側の赤丸でかかとの左右の動き、Qファクターを調整しますが、このネジが取れてなくなる事もあるそうです。

また下側オレンジ丸の部分で靴全体の左右を調整しますが、このネジ穴が摩耗して溝が無くなったり、摩耗してネジが脱落する事があるそうです。

クリートカバー KeepOnKovers 約2千円
 
 ビンディングペダルは歩きにくいし、クリートの摩耗も寿命も短くなるのでクリートカバーをして歩く人が多いですが、SPD-SL用のクリートカバーはスピードプレイに使用出来ないので別途購入する必要があります。

スピードプレイ用のクリートカバーには、全面カバーのコーヒーショップが有名ですが、歩くたびにクリートカバーを着脱する必要があります。

SPD-SLの時クリートカバーを持参しても、着脱がめんどくさくてそのまま歩いたりする事が多く、次第にクリートカバー自体を持って行かなくなりました(;^ω^)こう言う人は他にもいるはず

ズボラな性格なので全面カバータイプは微妙、そこでクリートカバーをしたままでも、ペダルを漕げるKeepOnKoversを購入しました。

KeepOnKoversを取り付け

 写真のようにペダルと接触する部分には穴が空いてるので、クリートカバーをしたまま漕げるし、そのまま歩く事も出来ます。

実際に使用しましたがクリートカバーなしに比べると格段に歩きやすいし、ペダル着脱時や漕ぐ時の邪魔にはなりません(重量は片足15g)

 スピードプレイのクリートは高価でシマノの約2倍以上します、なのでこのクリートカバーをして、クリートの寿命を伸ばすのは常識みたいです。

しかしKeepOnKoversは外国の商品で、日本の自転車店では売ってませんし、楽天市場やアマゾンでも購入する事は出来ません、なので現在は外国から個人輸入した人から売ってもらうしか方法がありません。

今回は「スピードプレイ クリートカバー」で検索したら、売ってるサイトが見つかったのでそこで購入しました(他には知人に譲ってもらう、ヤフオクで購入等がある)

 スピードプレイのペダルを使用してる人はモチロン、購入を検討している人も要チェックのクリートカバーですね( ´∀`)bグッ!




|自転車グッズ|18:41|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
はい、私もSPD-SLのクリートカバー買いましたが着脱面倒なので全く使わなくなりました(笑)

あと、クリートカバー使わなくても、殆ど減らないのも使わない要因の一つですね(・・;
| ぽてと|
ぽてとさんへ

やはり毎回着脱するとなるとめんどくさいですよね(^^;)

SPD-SLは通常走行、コンビニくらいでは減りませんが、写真撮影や観光メインでガンガン歩いて2ヶ月くらいでダメにした事があります(^^;)
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/851
トラックバック