自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 変速・ブレーキワイヤー交換、ワイヤー内蔵フレームは時間が掛かる | main | 【実証編】チューブレス対応2wayホイールはタイヤの脱着が困難 >>
100%速く走れるようになる方法



 ロードバイクに練習用の重いホイールを履かせたり、重量の重いクロスバイクで走ってトレーニングをしてると言う方がいます。

普段より重い自転車で漕げば負荷が大きくなるので、軽い自転車で走るのに比べるとトレーニング効果はアップします(昔のスポ根で言うタイヤを引いて走るようなイメージ)

自転車用サイドバック

 普段より走りが重くなるように工夫して練習してる人はいますが上には上がいます、それは自転車旅行をする人です。

彼達は野宿する事もあるので、フロントバック、サイドバックをリア・フロントに取り付け荷物満載で走り、バックに着替え、寝袋、テント、銀マット等を入れ、中にはガスコンロや鍋等の調理道具も入れて走る人がいるようです。

荷物の重量は軽い人で10〜15キロ、重い人になると50キロ以上になるそうです(荷物だけで80キロと言う人もいた)その状態で何日も走るわけですから、当然トレーニング効果は高くなります。

 前に「キャノンボール達成者のブログを紹介」で書いた、大阪〜九州キャノンボール(539キロ)を信号待ち・休憩含めて22時間57分で走破した、つむりさんも自転車旅行をしてる方です。

自転車旅行の場合ロードバイクの重量+荷物の重量を合わせると、ママチャリ2〜4台ぶんの重量になるので、その練習効果はハンパないでしょうね(;^ω^)

荷物満載の自転車旅で足を鍛えた人が荷物を降ろして走れば、つむりさんのように平地は35キロ以上で巡航、登り坂はインナーに入れず53Tで20キロ以上を維持とかが出来るのかもしれません(これを539キロとか凄すぎる)

 ただこの荷物満載トレーニングには欠点があります、それはフレームが重量に耐えれない可能性があると言う事です。

説明書に耐荷重が書かれているはずですが、決戦用フレームになると乗り手・自転車・荷物の合計80キロが限界と言うモデルもあります(スペシャライズドは100キロが限界でした)

荷物満載トレーニングの場合は「人間の重さ+荷物の重さ」がフレームに掛かるので、モデルによってはフレームが破損する可能性があります。

自転車旅行をするランドナーのようなツーリング車は、荷物満載で走る事を前提に設計されているので強度が高いですが、自転車旅を想定していないフルカーボン車だと耐えれない可能性があります。

 ただ練習用の重いホイールを履かせたり、重量の重いクロスバイクで走ってトレーニングするのに比べると遥かに練習効果はあります。

試す場合は自己責任になりますが、耐久性の高いクロスバイク、金属フレームのロードバイクなら荷重に耐えれる可能性があります。

説明書やネットで検索すれば何キロが限界か調べれるので、レースで上を目指す人、速く走りたいと思ってる人は検討してみてください。




|トレーニング理論.練習法|10:28|comments(6)|trackbacks(0)|
コメント
確かにそれは言えますね~
わたくしの場合、普段の通勤は極めて
ママチャリ寄りのクロスバイク+荷物が日によりますが8~10kgを背負っていますから、ロードに乗った際には羽がはえたような感じです(オーバー?)

何を目指してるわけでもないですがこんな通勤で平地走行だけでも、通勤だけで月1000km↑で3年も続けると結構
なトレーニングになっているはず(笑)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

クロスバイクからロードバイクに乗り換えただけでも、だいぶ軽く感じますからね〜ジテツウの荷物が多い人ほど軽装になった時の差は大きいでしょうね。

月1000走ってると速くなるでしょうね、私はそんなに漕げないので賓脚から抜け出せません(;´∀`)
| kazu|
こんばんは^^
私の乗ってるDAHONが確か、体重80キロの制限が有ったと思います^^
もう体重自体がそこまで重くなることは無いとは思いますが、荷物を満載すれば可能性はあるかな?^^

私の場合は、あまり自転車に乗ってのトレーニングとかは考えて無いのでなるべく軽い方がいいですww
| ramu3003|
ramu3003さんへ

私も調べてみましたがスペシャライズドは乗る人、荷物、車体の合計重量が100キロを上限として設計しているっと説明書に書いてました。

ミニベロでも荷物満載の人はいるので、下手すると重量オーバーの可能性はありますね(;´∀`)私もトレーニングは考えてないので軽い自転車に乗ってますww
| kazu|
私の近所は競輪選手?が良く練習しており、リアルにタイヤ引いています(笑)

実際、荷物が多いと特にヒルクライムは大変ですよね。この前の300kmブルベで色々荷物を持って行ったら明らかに普段よりきつかったです(・・;
| ぽてと|
ぽてとさんへ

学生の部活でタイヤを引いて走ってるのは見た事がありますが、自転車でもやるんですか(;・∀・)でもプロがやると言う事は効果があるんでしょうね

ブルべの時はもしもに備えて色々持って行くので、荷物だけで結構な重量になりますよね…アレを考えると50キロ以上載せて走るとか無理ですね(;^ω^)
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/849
トラックバック