自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< MTBのブレーキレバー角度を見れば山道を走ってるか分かる | main | アンダーアーマーのメタルギア購入検討中 >>
チタンロードバイクの素材説明



 ロードバイクのフレーム素材にはカーボン、アルミ、クロモリが使用される事が多いですが、一部メーカーでチタンも生産されています。

しかしチタンがどう言う素材かピンと来ない方は多いと思いますし、私自身も理解していないので調べてみました。

 ロードバイクのフレーム素材にはカーボン、アルミ、クロモリが使用される事が多いので、まずその3種類の素材の説明を簡単に書きます。

フルカーボンは軽い・剛性が高い・衝撃吸収性が良いと言う最強の素材ですが、高価で衝撃に弱いので取扱いに注意する必要があります。

アルミは安価で錆びにくく、カッチリしてて振動が良く伝わるので快適性はイマイチ、でもレスポンスが良くその人のぺダリングスキルが活きるので技術がある人におすすめ。

クロモリは重い・雨に弱いのが欠点ですが、衝撃吸収性・乗り心地が良く、丈夫で長く乗る事が可能、またフレームに独特の美しさがあります。

デローザ TITANIO 3.2,5 約50万円

 チタンは溶接に時間が掛かるので高価(デローザは1台のフレーム製作に最低2日掛かる)、しかし丈夫で長持ち、軽量、アルミとクロモリの中間の乗り心地なので衝撃吸収性も良い、フルカーボンとクロモリを合わせたような素材です。

中にはチタンフレームは一生使えると思ってる方もいますが「チタンフレームが一生物と言うのはウソ」で書いたように、通常走行で割れる事もしばしばあるようです。

チタンは他の素材と比べて取扱いメーカーが少なく、デローザ、グレッグレモン、ライトスピード、パナソニック位しか作っていません。

またチタンは他の素材と組み合わせると摩擦熱で焼け付きを起こすので、他の素材を使ったパーツと接触する部分には特殊なグリスを塗る必要があります。

 フルカーボンのように性能低下が早く、取扱いに気を使う素材を長年愛用する気にはなれないので、長年乗れるクロモリを検討していました。

しかし丈夫で、軽くて、乗り心地も良いチタンにも魅力を感じます、高価なのがネックですがメリットも多いのでチタンも検討しようと思います。




|新車の購入検討中の方|22:04|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/796
トラックバック