自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 1000mTTに挑戦、タイムは53秒 | main | 2011年11月の走行記録 >>
チェーン交換の方法



 スポーツバイクのチェーン交換目安は約5000キロと言われており、現在使用しているチェーンの走行距離が5000キロを超えたので交換を行いました。

今までチェーン交換は自転車店でしてもらっており、自分でチェーン交換をするのは今回が初めてです(メンテナンス本、説明書を見ながら実施)

アルテグラ CN-6701 約2500円

 高価なデュラエースもチェーン・プーリー等は他グレードと価格差が小さく、これらのパーツのみ奮発してデュラエースと言う方もいますが、実感出来るほどの差がないので今回はアルテグラにしました。

インナーローにしてチェーンを外す

 チェーンが張った状態でも切れますが、たるました状態の方が作業がやり易いので、インナーローにしてフロントギアからチェーンを外します。

チェーン切りをピンに合わす

 チェーン切りの先端をチェーンのピン中心に合わせます、この時ピンの中心に合ってないと上手く切れないので確実に合わせましょう。

レバーを締め込む

 チェーンカッターのレバーを右回転させ締め込んで行きます、意外と硬いので力を入れて回しましょう。

 チェーンが切れたらプーリーの方から古いチェーンを抜き取ります、古いチェーンは新しいチェーンの長さを決めるのに使用するので捨ててはいけません。

購入した新品チェーンは余裕を持って長めに作られているので、古いチェーンで長さを合わせる必要があります。

チェーンを並べて長さを比べる方法もありますが、同じリンク数でも旧チェーンは伸びている分長くなります、失敗をしたくないならリンク数を数える方法が手堅いです。

ノーマルクランク(52×39T)、スプロケット(12-25T)でリンク数109でした、フロント・リアの歯数によってリンク数は違うので注意してください。

左が内プレート、右が外プレートはOK


左が外プレート、右が内プレートはNG

 チェーンの長さ決定後はチェーンを切るのですが、その前に上記の違いを頭に叩き込んでください(シマノの場合は説明書に書いてます)

左が内プレート、右が外プレートの状態でピンを繋ぎましょう、チェーンの強度が増し切れにくくなります。

チェーンを切ってから「しまった!間違えた」と言わないように、切る前に確実に確認して作業を行うようにしましょう。

左が旧品、右が新品

 走行距離5000キロでコレだけ伸びがありました、同じ距離でもヒルクライムが多い、重いギアでトルクを掛けて漕ぐ人はさらに伸びる事になります。

チェーンの表側 刻印あり


チェーンの裏側 刻印なし

 長さを合わせたらプーリー側からチェーンを通します、この時チェーンに刻印がある方を表に向けて通すようにしましょう(コレも説明書に書いてあります)

アンプルタイプのコネクティングピンを差す

 コネクティングピンの先端は丸い方になります、間違って逆に入れないようにしましょう(チェーンキリで繋ぐ前に通す場所を間違えていないかチェック)

コネクティングピンをチェーン切りで押す

 チェーン切りのレバーを締め込みコネクティングピンを押して行きます、チェーン切りの先端とピンが一致するように合わせて締めましょう。

今回は7000円で購入したサイクルベースあさひの工具セットに入っているチェーン切りを使用しましたが、この作業が非常にやりにくかったです(^^;)

ピンを押し込んだ状態

 余ったピンはペンチやプライヤーで挟んで折ります、チェーン切りの中にはピンを折れるようにした物もありますが、サイクルベースあさひの工具セット、レザインの携帯工具に付いてるチェーン切りにはこの機能がないようでした。

これでチェーン交換は終了です、ペダルを手で回して動作・変速に問題がないか点検をしましょう。

 今回の件で分かった事が数点あるので書いておきます、まずサイクルベースあさひ工具セットのチェーン切りは使いにくい。

次にレザインの携帯工具にはピンを折る機能がないので、出先でチェーンを繋いだ後ピンを折る事が出来ない(ピンがプーリーに当たるので折らないと走行不可)

最後にアルテグラのプーリーは片方ベアリング・片方ブッシュですが、チェーンを外した状態で回してみたら片側の回転が非常に悪かったので、両方ベアリングのデュラエースへ交換を検討します。

 初めてチェーン交換を行いましたが意外と簡単でした、今までは自分で出来るか自信がなかったので自転車店にお願いしてましたが、今後は自分でやろうと思います。




|自転車メンテナンス|19:26|comments(9)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは^^
チェーン切りは、少し高いですけどシマノのものが使いやすいですよ^^v
私もそろそろロードバイクのチェーンを交換しないとなぁ…
| ramu3003|
チェーン交換楽勝みたいですね^^
交換後の乗り味はどうでしたか?
僕は劇的に変わったのでスゴク驚きました。
まあ、交換しなさすぎた為チェーン伸びすぎってのが原因ですけどww
| めばる君|
ramu3003さんへ

シマノのチェーンカッターは結構高いので、「何でみんなあんな高い物を買うのだろう?」と思ってましたが、今回初めてチェーン交換をして理由が分かりました。

100均とホームセンターの工具と同じように、価格差に見合った性能差があると言う事ですね(・・;)



めばる君さんへ

チェーン交換楽勝でした(^-^)vむしろ作業しながら写真を取る方が大変でしたw
走りは軽くなりましたよ〜めばる君さんは私の二倍以上使ったので差はかなりの物だったんでしょうね。
| kazu|
チェーンの長さを決める方法って、調べると色々なやり方ありますね。


自分のやり方は、アウター・ローにかけて、
2リンク余らせるやり方。

シマノ推奨だったので、これが普通かと思っていました。
確かに、ギヤ変更なければ、外したチェーンのコマと合わせれば、いいんですよね〜。
| Siru|
Siruさんへ

プロショップで合わせたチェーンの長さに合わしておけば失敗する事がないので、今回はこの方法で実施しました。

フロント、リアのギア&クランク中心からスプロケ中心を入力すれば、自動的に何リンクか計算してくれるサイトもありますよ(^^)V
| kazu|
チェーンは交換したことないですがチェーン切りがあれば素人でもできそうですね。
古いチェーンがあればコマ数を確認できますが、一からセッティングするには難しそうですね。
105・アルテグラ・デュラのチェーンでも旧ティアグラに使えるのでしょうか?
9速と10速には大きな壁があるので互換性の部分で不安です。
| ヒロ|
ヒロさんへ

意外と簡単なので本と説明書を見ながらやれば誰でも出来ると思いますが、一からセッティングするのは難しそうですね。

プロショップだとリンク数を数えない方法で交換してるので、次に店でやってもらう時は見てると勉強になりますよ。

チェーンだけ他のグレードに交換すると逆に性能低下すると言うプロショップもあるそうで、交換するならチェーン、チェーンリング、スプロケも一緒が良いそうです。

互換性は知りませんがティアグラにはティアグラが堅いと思います。
| kazu|
チェーン交換、私も最近やりましたが、思ったよりも簡単ですよね。

私はミッシング・リンクで繋いでるんですが、某記事を読んで、コネクトピンで繋げば良かったかなーって思ってる所です(笑)
| ぽてと|
ぽてとさんへ

ミッシングリンクはチェーンの強度、変速性能、走行感に影響が出るそうですが、メンテが楽になるので人気が高いですよね。

私も一度使ってみたいのですが、今回は初めての交換だったので手堅く同封のピンを使いました。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/768
トラックバック