自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 【カーボンは奥が深い】ピナレロFPUNO発売、カーボンの質が下がったのか否か? | main | 【検証】ヒルクライムのタイムは練習量・質に比例する >>
パンクするは運が悪いだけではない、自分と相性の良いタイヤを見つけよう



 高級タイヤなら転がり抵抗、漕ぎ出しの軽さ、グリップ等は誰が使ってもそれなりに実感する事が出来ますが、人によって差が出るのがパンク率です。

人によっては全然パンクしないと言うタイヤでも、実際に自分が使ってみるとパンクする、この逆のパターンもあります。

同じタイヤでも乗る人によって体重、空気圧、走り方等は違いますし、同じルートでも路面状態は異なりますし、道のどの部分を走るかによっても差が出ます。

中には「パンクするかどうかは運次第」と言う人もいます、たしかに運の要素は絡みますが、それだけではないと思うので順を追って書いて行きます。

初代ロードバイク(ピナレロFP1)

 私は初代ロードバイク(ピナレロFP1)の純正タイヤ(MOst EWIVA A.F)で、走行距離1600キロまでに6回もパンク、この状況を見て他のブロガーさんに「タイヤが悪いのでは?」と言われました。

ところが「PINARELLOで風になる」のヒロさんは、私と同時期に同じ店で同じピナレロFP1を購入したにも関わらず、パンクを全然していませんでした。

この事から私は「自分の走り方・走る道が悪いのではないか?」と思ってましたが、最終的には行きつけのショップ店員さんに勧められた、ブリジストンのエクステンザRR2に交換しました。

エクステンザRR2X

 エクステンザRR2にしてからパンクは約8000キロ走って1回のみ、最初は半信半疑でしたがタイヤでここまで変わるモノなのかと驚きました。

私は元々痩せていたのでFP1純正タイヤを使ってた頃と比べて体重に大きな変化はありません、また空気圧はエクステンザRR2に交換してからも変えてません。

純正タイヤでパンクしたルートでもRR2だとパンクしませんでした、また走り方はすぐに変わるものではありません。

運だけでここまで差が出るはずもないので、走り方・走る道が悪かったのではなく、タイヤが悪かったと言う結論に達しました。

【同じタイヤでも人によって差が出る】
 しかし同じタイヤでも人によってパンク率に差があります、例えば耐久性に優れていると言うコンチネンタルGP4000Sの場合、5000キロ以上走ってパンクなしの人もいれば、数千キロで何度もパンクをする人もいます。

ミシュランPRO3の場合は1000キロも走ってないのに剥げて使い物にならなくなったと言う人もいれば、他のタイヤから交換後はパンクが減ったと言う人もいます。

耐久性が良いとされるタイヤの方がパンク率が下がる傾向にありますが、人によっては逆に上がったと言う人もいます、以上の事からタイヤには相性があると言う結論に至りました。

 耐久性が良いと評判にも関わらずパンクが多いのは相性が悪いから、耐久性よりも走りを重視しているにも関わらずパンクしないのは相性が良いからっと言う感じです。

決戦用タイヤでレースに挑んだもののパンクしてDNF、「やはり決戦用は耐久性が低い」と言ってる中、同じタイヤでパンクせずに完走する人もいるわけです。

運が悪かったと言えばそれまでですが、普段は使わない決戦用タイヤなので、相性の良し悪しが分かってなかった可能性もあります(中にはたまたま合う人もいるでしょうが)

 色々な銘柄のタイヤが発売されているので「雑誌・ネット・口コミ等からタイヤをチョイス→実際に使って相性を判断→ダメなら他のタイヤを試す」と言うサイクルを繰り返し、自分に合ったベストタイヤを探してみましょう。




|自転車グッズ|22:08|comments(11)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは〜

タイヤの相性ってのは、確かにありそうですね。
私が以前履いていた、コンチネンタルのウルトラレースも人によっては、かなりパンクしたそうですが、私は3500kmで1回だけでした。
| ぽてと|
私はPRO3RACE約3000kmでパンク無しですが
トレッドがはげて終了でした10cmくらいかさぶたが
むける様な感じにトレッドがはげてました
(よく帰ってこれました)
| あるふぁ|
おはようございます。

 ピナレロクアトロ標準装備のタイヤは、コンチネンタルウルトラスポーツという安物ですが、これはタイヤの接地面に裂け目ができてしまい、そこに異物が入ってパンクしてしまいました。
 次のコンチネンタルグランプリ4000はあっという間にサイドカットしてしまい、使い物になりません。
 今使っているPRO3はどうなるのか実験中です。
 おそらく、次期タイヤはチューブレスになろうかと思いますが、耐パンク性はどうなるのか・・またそのときにはレポしたいと思います。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
ぽてとさんへ

どちらかと言うと完成車にはイマイチなタイヤが付いてる事が多いので、パンク率が高い傾向にありますが、ぽてとさんみたいにパンクしないと言う人もいるんですよ(^^;)やはり相性の良し悪しはありそうですね


あるふぁさんへ

PRO3RACEはパンクと言うより、あるふぁさん同様のトレッドが剥げると言うケースを良く聞きます(寿命まで使う前に剥げると有名)

1000キロも走らない内に剥げたと言う人もいるので、ランニングコストを考えると辛いですね(^^;)
| kazu|
たーちゃんさんへ

コンチネンタルウルトラスポーツの時は私を凌ぐほどのパンクっぷりでしたよね(^^;)GP4000Sにしたら良くなると思いきや、良くならなかったのは相性の問題でしょうね

PRO3は5000キロ走ってノーパンク、トレッドの剥げもなしと言う話を聞いた事がありません、どうなるのか経過を楽しみにしています。

チューブレスの場合はハッチンソンのフュージョン3でしょうか?このタイヤと相性が合えば最高ですね、逆に合わなかったらパンク修理が大変だけに苦労しますね…
| kazu|
POR3で月曜日にパンクしましたが、どうも今回はチューブに問題があったみたいです。
でもPOR3は硬いので迷うことなくタイヤレバー使ってハメますがそのせいでチューブに傷が付くリスクは高まりますよね。
| KIKU|
こんにちは^^
非常に興味深い考察ですね^^
私はノーマルで付いていた物を含めて、クロスバイク、ロードバイク両方で今までに6種類ほどのタイヤを使いましたが…
実はパンク回数は0なんですよ…(距離は8000キロ弱??)
これはこれで、一体どういうことなのかを自分で今度検証してみようと思います^^v

| ramu3003|
KIKUさんへ

PRO3ははめにくくて、他のブロガーさんの中にもチューブをダメにした方が多いようです。

タイヤとホイールにも相性があり、ホイールによってはめにくいタイヤ、そうではないタイヤがあるそうですよ。


ramu3003さんへ

距離8000キロ弱で6種類と言う事は、一つのタイヤあたり1300キロ弱と言う計算ですか〜

タイヤは走行距離で摩耗して行くので、同じタイヤで走るほどパンクリスクは高くなります、それだけ頻繁に変えていればパンクが少ないのも分かります。

現に私はRR2とRR2Xの2種類で8000キロ以上パンク0ですから、6種類なら余裕でしょう。
| kazu|
お呼びになりました?(^^ゞ

私は未だにノーパンクです。
悪路を避けているのもありますが、ギャップや石など目に見える障害物には、乗り越える直前で前輪を浮かせて、回避してます。
前輪が超えた後にハンドル側に少し体重移動して、後輪に重心が乗らないようにしてますので後輪がギャップを通過する時も大きな衝撃は無いです。
なんだかサーカスみたいですね。
| ヒロ|
Pro3は、サイドカットされちゃうとダメになってしまう。
ちょっとした拾い物しないよう注意して走ってます。
チャレンジは、強いっすね。
今回も乗鞍でパンクしたんだ、、、
自分がいけないんですけどね、、、たぶん。
半端じゃないパンクのしかたしたんだけど
タイヤは、まったく平気だった。パンクしたとき、タイヤがリムから外れたからなぁ〜〜( ̄□ ̄;)ガーン
スピード出ていたら危なかったよ。
| MOW|
ヒロさんへ

落下物、段差を飛び越すのはみんなやってますが、それでもパンクする時はしますよ(^^;)

距離が少ないのと、体重が軽いと言うのもあるでしょうがそれを考慮してもすごいですね〜


MOWさんへ

PRO3は実際どうなんでしょうね、寿命まで使えたと言う話を聞いた事がないのですが(^^;)

チャレンジのクリテリウムは性能が良いので、決戦用寄りだと思ってましたがパンクに強いんですか、ますます欲しくなりました。

タイヤがリムから外れるとかwwどんだけハードな使い方なんですか(笑)まさか落車したわけではないですよね!?
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/657
トラックバック