自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車用ヘルメットには寿命がある | main | 自転車でγ-GTP(ガンマGTP)を下げよう >>
レース前ローラー台でのウォーミングアップは効果が大きい



 自転車雑誌にレース前のウォーミングアップはローラー台を使用して行うのが効率が良く、少なくとも30分、出来れば1時間するのが望ましいと言うのを読んだ記憶があります。

この前に行われたMt富士ヒルクライムでも、ローラー台でウォーミングアップをしていた人がいたようです。

 この日は天気が怪しかったので、外へ走りに行かずDVDを見ながら3本ローラー台を漕いでましたが、1時間以上漕いだ所で天気が良くなり、せっかくなので外へ走りに行く事にしました。

ローラー台を漕いでからの実走なのでスタートから脚の回りが絶好調、これだけ効果があるならレース前にローラー台でウォーミングアップする気持ちも分かります。

鷲羽山スカイライン スタート地点(前の写真)

 本当は軽めに走るつもりでしたが足の周りが良く、「これなら新記録が出せるのでは!?」と思い、ロードバイク(スペシャライズドルーベSL3)で鷲羽山スカイラインへ行きました。

ゴール地点 鷲羽山ハイランド(前の写真)

鷲羽山スカイライン 距離16.2キロ、獲得標高382

【自己ベスト】
走行時間 43分14秒
平均速度 22.5キロ 平均ケイデンス 74回転
平均心拍 164Bpm(約76%)
最大心拍 182pm(約90%)

【今回の記録】
走行時間 40分12秒
平均速度 24.2キロ 平均ケイデンス 76回転
平均心拍 158Bpm(約71%)
最大心拍 180pm(約88%)

 結果は3分以上の記録更新となりました、平均心拍数が少ないにも関わらずタイム短縮出来た理由は私の体力向上ではありません(^^;)アップが十分だった+その他交換した色々な機材のおかげです

 個人的には決戦用ホイールを購入して当日アップなしよりも、その金でアップ専用にローラー台を購入して、練習用ホイールで走った方がレースでのタイムは速いと思います。

Mt.富士ヒルクライムではスタートから数キロはパレード走行で、その区間でウォーミングアップをしてからタイム計測になるようなので、事前にローラー台を使用してアップをする効果は小さくなると思います。

しかしパレード走行をロクにせずに一斉にスタートするイベントの場合は、事前にローラー台を使用してアップする効果が大きくなるでしょうね。

 
走行時間 1時間15分
走行距離 32.0キロ
平均速度 25.6キロ
獲得標高 513m
平均心拍 150Bpm(約66%)
最大心拍 180Bpm(約88%)
消費カロリー 1084cal
平均ケイデンス 78回転




|自転車ローラー台|11:48|comments(9)|trackbacks(0)|
コメント
記録更新おめでとうございます(^^)

実走する時、大体10km近く走るまではどうも脚が回らないと感じてます。アップ不足が原因なんですなー

最初から飛ばす必要があるような時には、ストレッチだけでなく、しっかりアップするようにします(笑)
| ぽてと|
レース前のローラー台でのウォーミングアップは確かに効きそうですね。
私も30kmを走った辺りから、脚が蘇った感じがするので、そこまでがウォーミングアップだったのかなぁ?と感じる事があります。
でも、逆にローラーを回して疲れたなんてことにもなりそうで、私のように実力がない者は逆効果かもです。
| ヒロ|
うぉ。すごい記録更新ですね。
なるほど、アップがそんなに大事とは…^^;
ところで、アップの時の心拍数はLSD領域がベストなのかな〜
あんまり追い込むと、本番で力がでないし…
ここは難しいところですね^^
| めばる君|
ぽてとさんへ

ありがとうございます。

私達みたいに日々のローラー台を日課にしている方は良いですが、週末ライダーの方だと脚がなまって10キロどころじゃ済まないようです(^^;)

ブルべみたいに長期戦なら良いですが、ヒルクライムレースのように短期決戦型の場合はアップの効果が大きいでしょうね。


ヒロさんへ

私も週末ライダーの時はそんな感じでした、ジテツウやローラーで毎日漕いでると足がなまらないので、30キロも走らなくても大丈夫なんですが。

雑誌にも同じような事が書いてました、レース前に漕いだら疲れるからアップしないと言う人がいるが、実際はした方が確実に速く走れるそうです。
| kazu|
めばる君さんへ

LSD主体で良いと思いますが、雑誌にはアップの途中で90%位まで上げた方が良いと書いてた記憶があります。

そんな事をレース前にしたら疲れると思うでしょうが、レースでは90%以上もザラなので、一度その領域まで上げておくか否かで、その日の走りにかなり差が出るそうです。
| kazu|
3分以上の記録更新は機材のおかげもあるのでしょうけど、練習の賜物なのではないでしょうか。
富士ヒルクライムの駐車場ではローラー台でアップしている自転車乗りが沢山いました。私はロクにアップもせずパレード走行(1.6kmしかありません!)でお茶を濁した感じです(笑)
記事を読んでアップは大事だなと改めて感じました。
| ケント|
ケントさんへ

練習の成果だったら良いのですが、最近の走行距離を考えるとそれはなさそうな感じがします(・・;)

パレード走行の区間は意外と短いんですね、もう少し長いと思ってました。

日頃頑張って漕いでも最後のツメが甘いと水の泡ですから、レース前のアップは大切だと思います。
| kazu|
おはようございます。

 良く考えてみると、私が普段、ヒルクライムするには自宅からすターと地点まで10km以上走っているので自然とウオーミングアップできているのですが、イベントとなるといきなりスタートですからウオーミングアップできていない状態で走らなければならないことになります。
 やはり、ローラー台は自宅トレーニングだけでなく、ウオーミングアップのアイテムとしても必要なのかもしれませんね〜
 そう思うと急に欲しくなりました

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

ローラー台を導入出来るか否かは家庭環境によって異なりますが、レース前のアップには誰でも導入出来ると思います。

価格もそこまで高くないのでレースのアップ用に購入して、家で使っても家族から文句を言われなければ儲け位の気持ちで買えば損はないかもしれません。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/639
トラックバック