自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< フロントバックに一眼レフを入れて走っても大丈夫 | main | どんよりした天気の中サイクリング >>
決戦用タイヤと練習用タイヤの寿命・耐久性の違い



 スポーツバイクのタイヤには大きく分けて、決戦用タイヤ・練習用タイヤの2種類に分けられます。

「決戦用タイヤと言えばチューブラ」と言う声が聞こえてきそうですが、そこまでするのは…と躊躇する人が多いのも事実(現に仲良しブロガーさんの中でチューブラを使ってる人はいません)なので今回はクリンチャーで話を進めます。

 決戦用タイヤを大きく分けると、高いグリップ性能・転がり抵抗の低さを両立させたバランス型、雨やダウンヒルで活躍するハイグリップ型、軽さを追求したヒルクライム型に分けられます。

練習用タイヤは走行性能の高さよりも、耐久性・耐パンク性の高さ、寿命の長さを売りにしているモデルが多く、決戦用に比べると安価な物が多いです。

 私はブリジストンのタイヤを使用していますが、ブリジストンの場合は決戦用タイヤにはRR1、練習用タイヤにはRR2と言う名前が付いています。

前に使っていたエクステンザRR2は約8000キロ走ってパンクは1回、これだけ走っても交換を知らせるインジケーターは出てきませんでした(中には1万キロ以上走ったブロガーさんもいます)

しかし耐久性を高め、長寿命を実現する為にはゴムを厚くする必要があるので、重量は重くなりますし走行性能に関しても決戦用には及ばないでしょう(私は決戦用を使った事がないので全く不満を感じませんが…)

 人気タイヤメーカーのブリジストン公式サイトで面白い物を見付けたので紹介します。

「タイヤの寿命はどの程度か?」と言う質問に対して、「体重・空気圧・走り方・路面にもよるが摩耗の速い後輪だと以下のようになる」と答えています。

【決戦用】
RR1X(バランス型)3800キロ
RR1HG(ハイグリップ型)3800キロ
RR1SL(ヒルクライム型)2700キロ

【練習用】
RR2X(耐久性と走りを両立)5300キロ
RR2LL(耐久性に特化)7800キロ

 上記の通り書かれていましたが摩耗の速い後輪の話なので、私のようにタイヤローテーションを行えばさらに寿命を延ばせると思います。

私の体重・空気圧・走り方・路面の場合エクステンザRR2で約8000キロ以上使用出来たので、高寿命が売りのエクステンザRR2LLなら1万2000キロ以上使用出来る計算になります。

決戦用のバランス型であるエクステンザRR1Xだと5600キロ、ヒルクライム型のエクステンザRR1SLだと4000キロ位使用出来る計算になります。

 ちなみに決戦用のエクステンザRR1Xは定価7500円、練習用のエクステンザRR2Xは4400円(ネットだと-1000円位で購入出来ます)

決戦用・練習用タイヤで比べた場合、価格・寿命に倍近い差があるわけですから、コストパフォーマンスを考えれば当然後者に軍配が上がります。

仮に走行性能に差がなかったら、高価で寿命の短い決戦用タイヤなんて誰も買いませんよね(むしろクレームが出そうです)

しかし決戦用タイヤをどのメーカーも生産していると言う事は、高価で寿命が短くても走行性能の高さに満足し、購入をする人がいると言う事になります。

 私は練習用タイヤしか使用した事がないので、決戦用タイヤの走行性能に興味があります、使ってみたいけど前後で1万円を軽く超えるとなると躊躇すると言うのが本音ですが(^^;)




|自転車のコラム|19:39|comments(9)|trackbacks(0)|
コメント
そろそろ、タイヤ買い換えようと考えてる私としては、とても参考になる記事です(^^)

私の場合ですと、走行距離だけで考えると、RR1Xでも1年は持ちますが、決戦に縁が無く、ローラー割合も多い事を考えると、PR2Xで十分かなと思ってしまいます。
悩ましい(笑)
| ぽてと|
ぽてとさんへ

私の場合は年8000キロペースで走るので、ランニングコストを考えると躊躇してしまいます(^^;)

年間走行距離が少ないなら寿命は考慮せずに良いタイヤを履いた方が楽しい自転車ライフが送れると思いますよ。
| kazu|
こんばんわー
情けない話し、私はタイヤ代もケチることがあります
。・゚・(ノД`)・゚・。
どうしても片方5000円ってサイフから出すのに勇気がいるんですよね。

でもタイヤ効果はでかいはず・・・悩みます
| HI_MAJIN|
参考に、、、
Usa(うさ)のPro3は、817キロでパァ〜に
なりました。(笑)
ブレーキングでロックさせると擦り切れが激しい
その擦り切れ方によっては、寿命がすげぇ〜短くなる
可能性が大です。わかっていて走っていたが、パンクで
あんなに裂けるとは思わなかった。
何か変なのを踏んだ傷だったかもしれないけど、、、
う〜ん、怖いっすね。そんな体験をお知らせ致します。
| MOW|
おはようございます。

 決戦用タイヤと普通のタイヤですが、一概にレースには決戦用タイヤが絶対に良いとは限らないと思うんです。
 というのも、私が唯一参加した自転車レースは大雨だったんですが、次から次にパンクして停車している参加者がいました。
 つまり、どれだけ軽く転がり抵抗が少ないタイヤでも、パンクしてしまったら、それでレースは終わってしまうのです。
 となると、耐パンク性能が低いレース用タイヤよりも、むしろ走行性能は劣るかもしれませんが、耐パンク性能が高いタイヤのほうが有利な面もあるかもしれませんね。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

レースでパンクと言う話はよく耳にしますが、普段は使わない決戦用タイヤで走ってるからなんですね。

決戦用タイヤでもパンクせず完走する方はたくさんいるでしょうから、一分一秒争うレースではそちらを使いたくなるのが人情なんでしょうね〜
| kazu|
HI_MAJINさんへ

ランニングコストを考えると安くて長持ちするタイヤに走ってしまいますよね。

高価なタイヤは実際どうなんでしょうね、高い金出して差が分からなかったら泣けます(・・;)


MOWさんへ

PRO3っていくつか種類がありますがどれなんでしょうか?PRO3レースですか?

女性のうささんがそんな感じなら、女性より体重の重い男だと急ブレーキ一回でパアですね…

その割にはPRO3は評判が良いですよね、何でなんでしょうね(・・;)
| kazu|
富士山からダウンヒル中にパンクしました。
今度の日曜日が本番なので、ネット購入では間に合わず仕方なく実店舗で今日購入してきました。
POR3レースのブルーです。
悲しい出費でした・・・・ ほぼ定価
| KIKU|
KIKUさんへ

ダウンヒル中にパンクしたんですか、私もありますがアレは一歩間違うと危険ですよね(^^;)

PRO3レースってどうなんでしょうね〜良いと言う人もいれば、良くないと言う人もいるし…走りは良いけど耐久性はイマイチと言う感じなのでしょうか?
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/629
トラックバック