自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ハンドル・ステム・シートポストを一式交換 | main | 自転車店で実施した事・購入したグッズ >>
シマノPROハンドル・ステム・シートポストのインプレ



 交換したハンドル・ステム・シートポストのインプレをする為に約45キロほど走って来ました、結果として私は違いが分かる男だと言う事が分かりました(笑)

昨日交換したパーツの重量・スペック等に関してはこの記事を読んでください→「ハンドル・ステム・シートポストを一式交換

 同時に交換したのでハンドル・ステムは単体での効果が分かりません、なのでシートポスト、ハンドル・ステムの2つに分けてインプレを書かさせていただきます。

シマノPRO VIBE7S

 軽量化した事による走りの違い、剛性の違い、ぺダリングのしやすさに関しては全く分かりませんでした、ただ乗り心地は良くなりました、以前に比べると衝撃がマイルドになっています。

以前使用していたシートポストが2000円の安物だったせいか、交換による差を実感する事が出来ました、同価格帯で同素材だったら違いが分かるかどうか自信がありません(^^;)

 カーボン製のシートポストは軽くて衝撃吸収性が良いそうです、同じアルミでも乗り心地が変わるわけですから、アルミからカーボンにするどの位変化があるのか興味があります。

シマノPRO VIBE7Sコンパクト2

 まずハンドルの説明ですが横の赤矢印がリーチ、縦の赤矢印がドロップ、黒い矢印がハンドルの形状を示します。

リーチが長くなればその分ステムを短く、リーチが短くなればその分ステムを長くします、ドロップが大きくなると下ハンでの姿勢は苦しくなりますが、空気抵抗を考えると有利になります。

ハンドル形状ですが、前は黒矢印が長いアナトミックを使用してましたが、今回交換したハンドルはコンパクトなのでこの部分が短くなっています。

 ハンドル&ステムのインプレですがシートポスト同様、軽量化した事による走りの違いは分かりませんでした。

前のハンドル(ピナレロFP1純正のMost)で1万キロ以上走っており、手に馴染んでいただけに新しいハンドルだと違和感があります、しかし手や肩が痛くなるわけではないので慣れが解決してくれると思います。
 
 下ハンは前に使ってたアナトミックの場合は長いので、上・中・下と言う感じで下ハンでも持つ部分が変えれたのですが、コンパクトだと短いので持つ部分を色々変えるのが難しいです(コンパクトは初心者に人気らしいですが、個人的にはアナトミックの方が好きです)

 平地で走る時は剛性の差はそこまで感じられませんが、坂でハンドルを引きながら走る時・ダンシングをする時は全然違います。

今までとは比べものにならないほどガッチリしてて、パワーロスが少ないのかグングン前に進みます、この違いは感動モノでした。

 ヒルクライムと言うと兎にも角にもホイールが取り上げられますが、ハンドルの剛性もタイムに直結してくると強く感じました。

ハンドルを良い物に交換すれば軽くなるし、剛性も上がりパワーロスが減り進みが良くなるので一石二鳥だと思います。

 長々と書きましたが簡単にまとめますと、シートポストは軽量化+乗り心地が良くなった、デメリットは特になし。

ハンドル&ステムのデメリットは慣れてないので違和感がある+ハンドルの形状がイマイチ、メリットは軽量化+坂での進みがシッティング・ダンシング共に良くなった事です。

同じブランドで揃えたので全体的に統一感も出たし、実感出来る効果もありました、パーツ代の合計が約2万5千円と言う事を考えると満足の行く改造ですね。




|インプレ・パーツ改造|20:31|comments(9)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは〜

 これらの部品は、回転するわけでもなく、動きにはあまり関係がないので、走行感にはたいして影響を与えないと思っていたのですが、意外にも走りに対する効果は高かったんですね。
 ハンドルは常に手に触れるパーツなのでまだしも、シートポストは実感することができないだろうと思っていたら、効果は実感することができたんですね〜
 逆に言えば、これらのパーツがルーべのもともと持っていたポテンシャルを引き出してくれたのかもしれませんね。
 今回の記事で、これらのパーツに対するイメージがガラリと変わりました。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

私もたーちゃんさんと同意見で、昨日の記事に書いた通り違いは分からないと思ってましたが、実際に使ってみると実感できるほどの差があったので驚きました。

ハンドルの感覚が変わるのはある程度予想してましたが、剛性の差でここまで登りで差が出るとは思ってませんでした。

これらのパーツが走りに与える影響は少ないと思い、今まで交換せずに来ましたが、費用効果を考えるともっと早めに改造しておけば良かったです(^^;)
| kazu|
こんばんわです。

インプレ参考になります(^^)
やっぱり剛性ってのは重要なんですね。

この記事を見て、ソールの剛性が高いシューズに買い換えた時、かなりペダルに力が伝わりやすいな〜、と思った事を思い出しました(笑)

しかし、おかげさまでまた、購入検討項目が増えました(汗) 
お金がいくらあっても足りないです。。。
| ぽてと|
ぽてとさんへ

今のフレームを買う時も剛性の話を色々教えてもらった記憶があります、重量のように数値化出来ないので比較が難しいですが剛性も大切ですね。

ソールの剛性が高いシューズ(ry、なるほど言われてみれば納得出来ます。

ハンドルだけでも5万円以上する物がありますからね(^^;)ある程度の所で折り合いを付けていかないといけませんね。
| kazu|
TREKのデフォハンドルはどうも幅が広いので有名みたいです。
乗っていて少し広いかなぁ〜とロード初心者の私でも思います。しかしダンシングの時はハンドルは幅があった方が楽です。スプロケもデフォで28Tなのですが、どうも坂を楽に上がってもらいたいのかな??と考えちゃいますね。
| KIKU|
こんばんわー
ハンドルは重要だと私も思います。

衝撃の吸収があるとないで、全然違う・・・はず。

実はよくわかっていませんw
| HI_MAJIN|
KIKUさんへ

米メーカーはアメリカ人の体型に合わしてるので、日本人だと幅が広くてダンシングがもさっとするそうです。

ハンドルを適正幅に変えればキビキビ走れて、ヤビツのタイムも更新間違いなしですよw


HI_MAJINさんへ

シートポストは違いが分かりましたが、ハンドルの衝撃吸収性の差は分からなかったです(・・;)

カーボンにすれば手に伝わる振動が全然違うそうですよ。
| kazu|
うーん。分かりやすいインプレ。
kazuさんのインプレは、僕の中では分かりやすいと評判です^^
ということで、僕がこれらのインプレをするときは、文章をパクってしまうかもしれない事をご了承下さい^^;

でも、いつ来るのかな〜
| めばる君|
めばる君さんへ

私もめばる君さんのインプレは好きです、自分が買った物を悪く言うのは、そのパーツを選択した自分のプライドが傷つきますから悪い所は隠して書かない人が多いですよね。

その点めばる君さんのホイールインプレは良い所・悪い所が書いてるので参考になりました、10万円以上の高級ホイールですから書いていてさぞ悔しかったと思います(笑)

ウイグルで買ったのですか?パーツの剛性が上手い事自転車と合うと良いですね〜
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/610
トラックバック