自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ブログを開設・更新する理由 | main | パールイズミの夏用グローブはとても丈夫 >>
坂はゆっくり下ろう!ジロ・デ・イタリア第3ステージで死亡事故



 ジロ・デ・イタリア第3ステージで、レパード・トレックのウォウテル・ウェイラント選手(26歳)が、時速70〜80キロで下るボッコ峠のダウンヒルでバランスを崩し落車して死亡したそうです…心からご冥福をお祈りします。

 私がロードバイクに乗り始めた頃は下り坂で何キロ出せるか挑戦していました、ダウンヒルの都度一番重いギアで一生懸命回す、今思えばとても無謀な事をしてました。

落車して割れたヘルメット

 その後「後楽園〜金甲山・貝殻山ヒルクライム」の時に落車、記事にはしてませんがこれとは別の日に下り坂で落車しているので、大きな落車経験は計2回です(両方とも下り坂)

その後ティアグラのブレーキは効きが甘いと言う話を聞き、安全性を高める為にブレーキ本体を改造しました→「ブレーキ本体を改造!デュラエースの効き具合を検証

それ以降はブレーキ改造効果+安全重視でゆっくり坂を下るようになったので落車の経験はありません、もしも以前の私のように下り坂で飛ばしていると言う方は事故をしない為にゆっくり下るようにしましょう。

 レースの場合は車と同じようにコーナー進入の限界まで速度を維持し、フルブレーキングで一気に減速、アウト・イン・アウトでコーナーを抜けるのが速いとされてます。

プロはレースで結果を出す事が仕事なので、限界ギリギリの速度で坂を下る必要があるかもしれませんが、高い技術力を持つプロですら落車する事があるわけです。

我々アマチュアライダーはプロに比べれば、経験・技術力共に劣るわけですから、普段のサイクリングは安全重視で下るのが正解だと思います。

 趣味の自転車で死んでしまっては元も子もないと思います、下り坂で飛ばすのは気持ちの良い事ですし、限界までアタックしたい気持ちも分かりますが、最悪の状態が起こった時に悲しむ家族の姿を思い浮かべてください。



|乗り方.ルール&マナー|16:15|comments(12)|trackbacks(0)|
コメント
私の場合は下り坂で曲がったら、工事中で車線規制という状況で焦ってしまい、路肩突入&スリップ&落車しました。幸い自転車は無事でしたが、傷がふさがるのに半月近くかかりました。
完全に油断が原因でした(ーー;)

中には防げない事故はあるでしょうが、大概は安全運転で防げるので、今後も注意したいですね(^^)
| ぽてと|
こんばんは^^
このジロの事故の様子は動画で見ちゃいました…
ダウンヒルの真っ最中だったんで、かなりスピードも出てたようで、一度も意識は戻らなかったみたいですね
まだ若いし、今年子供も生まれる予定だったとか…
ホント痛ましい><

気を付けて走るのに、やり過ぎは絶対ありませんから、改めて注意をしたいですね!
| ramu3003|
先程終わった第5ステージでも、病院に搬送された選手がいたようですね・・・

今年のジロ、どうなってしまうんでしょうか??
| マサムネ|
ぽてとさんへ

状況が状況とは言え完治までに半年も掛かったと言うことは、かなり派手に落車したんですね。

中には平地と同じ位の速度で安全に下ると言う方もいます。

速度が遅ければ最悪落車しても大事には至らないと思うので、余裕を持ってゆっくり下るのが良さそうですね。


ramu3003さんへ

動画があるんですか、今後の為にもなるので見てみようと思います。

死ぬには若すぎる年ですよね、幸せの絶頂期だけに家族もショックだと思います。

気を付けて走るのにやり過ぎはないっと言うのは良い言葉ですね、まさにその通りだと思います。
| kazu|
マサムネさんへ

この先どうなるか私には分かりませんが、グランツールは落車が付き物ですからね…過酷な大会ですね。
| kazu|
おはようございます。

 私はスピードに対しては恐怖心が強いので下りはスピードをかなり落としますが、公道の危険は下り坂だけではないので、普段から慎重に運転したいと思います。
 また、自転車に乗っていると、怪我をして痛い目に遭うだけでなく、誰かを怪我させてしまうと言うことも十二分に考えられることを忘れてはいけないと自分にも言い聞かせています。
 自転車生活は、無事故であってこそはじめて楽しいものであるので、これからも末永く自転車生活を続けるためにも安全運転をしたいと思います。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

おっしゃるとおり、下り坂はゆっくり下る割に平地でガンガン飛ばす人もいますからね。

下り坂なら自爆で済みますが、平地は交通量が多いので他人を巻き込む恐れがあります。

巡航速度、アベの速さを自慢してる方、速さを目的としてる方は危険だと思います(レースはまだしも公道はゆっくり走るべきでしょうね)
| kazu|
こんばんわー
自転車は趣味の中でも危険なスポーツだと私は思っています。
ということで私はいつも坂ではスピードをビックリするくらい落とすのですよ!!!

実はただ、小心者なだけなのですけどね・・・
| HI_MAJIN|
HI_MAJINさんへ

めばる君さんの記事のおかげで、バリバリのローディと言うイメージになってしまいましたが、坂はゆっくり下るんですね。

自転車は軽装で走る上に守る物がないので危険ですよね、坂は安全第一で下りたいです。
| kazu|
昔ほどではないですが、下り坂は得意ではありません。
なので、安全マージンを残しつつ下るようにしています。
落車するより、ゆっくり下ったほうが結果として早いですからね^^
| めばる君|
かなりショック受けました。。。
何かあれば体を守るものが何一つない乗り物だけに
気をつけないといけませんね。
| カレーパンマン|
めばる君さんへ

私も今は安全マージンを残して走るようにしてます、限界ギリギリまで攻めると危ないですよね(・・;)

再度走り出せる位の軽少なら良いですが、救急車呼んだりとかなるとシャレにならないので、ゆっくり下るのが一番ですね。


カレーパンマンさんへ

下り坂ではオートバイと同じ位速度が出るので危ないですよね。

車と違って守る物がないので気を付けないと行けませんね。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/603
トラックバック