自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 試乗会!ロードバイク8台+ホイール3個のインプレ【前編】 | main | ルーベSL3の良さを再認識!ホイール交換で走りが変わる >>
試乗会!ロードバイク8台+ホイール3個のインプレ【後編】



 この記事は「試乗会!ロードバイク8台+ホイール3個のインプレ【前編】」の続きとなります、まだ読んでない方は先に前編を読んだ方が楽しめると思います。

 行きつけのプロショップBPSなかやまが開催した試乗会へ行ってきました、試乗会は吉備高原都市で開催され、コースは平地、下り、上りが揃って一周約1.6キロとなります。

 今回の記事を読むにあたって注意点があります、定期的に閲覧してる方はご存じのように私はスペシャライズドの最上級モデルであるルーベSL3に乗ってます。

試乗会の自転車は全体的にハイエンドモデルが多かったです、なのでミドルグレードの性能はどうしても悪く感じられてしまいます、実際に乗られている方は不快に感じるかもしれませんが、率直に感じたインプレを書きますのでご了承ください。

 また自転車の撮影は基本的に行いませんでした、後でネットから持ってくれば良いと思ったので(^^;)ブログネタの為に来たのではなく自分が楽しむ為に来たので、写真撮影より試乗を優先しました。

コルナゴブース

 ピナレロと並ぶ2大メーカーの一つで、デザインの華やかさと高い実績から人気があります、元ピナレロ乗りとしては乗ってみたいメーカーでした。

6台目 C59 フレームのみで60万円

 新城幸也選手がレースで使用する自転車で、漕いだ瞬間に軽いと思いました、剛性は高くスペシャライズドのターマックSL3に近い印象を受けました。

EPSに柔らかさを加えたモデルらしいですが「どこに柔らかさがあるんだ?」って位に硬いです、完全にレース用機材ですね〜ターマックSL3同様にロングライドは…と言う感じです。

話が逸れますがEPSはありませんでした、話によるとEPQと言う後継機が発売されるので、今回の試乗者から外れたとの事でした。

7台目 マスターXライト フレームのみで28万

 次はクロモリを購入しようと思っており、3台目ロードバイクの第一候補でもあります、試乗会にはこれに乗る為に来たと言っても過言ではありません。

 他メーカーのフルカーボン最上級モデルに比べると走行性能が劣るのは事実です、しかしクロモリは衝撃吸収性は良いが、重いので走行性能は悪いと思ってましたが、想像以上に走りが良くて、高速域からの伸びも感じる事が出来ました。

カンパニョーロ アテナ

 コルナゴブースの自転車はカンパで組んだ物があり、アテナやコーラスを初めて触りました、シマノとはSTIの構造が違うので変速が分かりにくかったです(^^;)

クロモリはカンパで組む方がかっこいい、シマノだとダサいと言われますが、カンパは高いし国内メーカーのシマノには愛着があるので、もしもマスターXライトを購入したらシマノで組もうと思います。

8台目 CLX2.0 40万

 今回乗ったのはアルテグラ仕様でしたが、105仕様だと約30万で買える、フルカーボンのミドルクラスのロードバイクです。

ピナレロで言うとクアトロ、アンカーで言うとRFX8、ロードバイクの中では一番人気のある価格帯なので、一度どんな物か体験する為に乗りました。

 まず最初に「ごめんなさい」と書いておきます、試乗会でハイエンドモデルに乗りすぎて感覚が狂ったようで、漕いだ瞬間に重いと思いました。

平地でも伸びない、坂も重い、正直な所クロモリのマスターXライトよりも走行性能は…と言う感じがしました。

試乗後に「マスターXの方が走りが良いと感じましたが、そんな事ありえないですよね?」と聞いた所、「お客様はクロモリの乗り味が好きなのかもしれません、クロモリの方がカーボンより安定感があるので人によってはそう感じます」と言われました。

MAVICブース

 ホイールの試乗は自分の自転車で行うようになってます、ホイールはピナレロFP1の完成車で付いていたシマノWH-500、現在使用しているWH-6700(アルテグラ)を使用した事があります。

 ちなみに購入可能な価格帯で私も気になっており、他のブロガーさんからも要望が多かったキシリウムエリート・キシリウムSLはありませんでした(^^;)担当者が持ってくるのを忘れたそうです

コスミックカーボンSR 1595g 22万

 初のディープリムホイールでしたが、漕ぎ出しはWH-6700よりも重く感じました、しかし巡航速度に入ってからは本領発揮で、速度を維持するのがとても楽でした。

ディープリムホイールの弱点として横風の影響を受けやすいと言うのがありますが、試乗会の日は風が比較的に弱かったので分かりませんでした。

信号が少ない道を走ったり、列車を組んで走る時は効果を発揮すると思います、逆に信号が多い場所や登り坂が多いコースの場合は漕ぎ出しが重いので厳しいかもしれません。


R-SYS 1390g 14万7千

 漕ぎ出しがすごく軽くて、平地の伸びが全然違います、35キロ位まであっという間と言う感じで、走っていてとても楽しかったです。

スポークにトラコンプシステムと言うのを採用しており、ロングライドで効果絶大と言ってました、他にも専門的な説明をしていただいたのですが詳しく覚えていません(^^;)気になる方はショップへ行ってみてください

キシリウムSR 1445g 14万円

 キシリウムSLはないけどSRはあると言う事で試乗してみました(SLと基本構造は同じでSRの方が1万5千高いが少し軽いそうです)、これもR-SYS並みに軽くて走っていて感動ものでした。

エアロスポークなのでR-SYSに比べると巡航性能に適しており、剛性が高く反応が良いのでレースに向いてると言ってました(R-SYSはスポークが丸型)

 前輪にエアロスポークのキシリウムSR、後輪にトラコンプシステムのR-SYSを履いた状態なら、空力性能も良く、乗り心地も良い状態で乗れるそうで、この組み合わせで一周走らせてもらいました。

言われた通り良い感じで走る事が出来ました、ホイールは前輪・後輪と分けて購入する事も可能なので検討する価値はあると思います。

 私は2台目ロードバイク(スペシャライズドルーベSL3)のシートステーに割れが入った経験から、アンチカーボン派を貫いてました。

ホイールも全部アルミが良いと思ってましたし、今までの記事でも散々カーボンだけは嫌だと書いてましたが、今回試乗して考え方が変わりました、それほどまでにR-SYSやキシリウムSRの性能は高かったです。

 次にホイールを購入するとしたらR-SYSかキシリウムSR、もしくは前輪にキシリウムSR・後輪にR-SYSのMAVICさんお勧めの組み合わせで購入すると思います。

BPSなかやまではMAVICのホイールの試乗が出来るので乗ってみてください、アルテグラからでもかなりの差を感じる事が出来ました、これが完成車によく付いてるWH-500からだと尚更だと思います(元自転車にデュラエースのホイールを履いてる方もいましたが、その方もマヴィックを絶賛してました)

 今回の試乗会はとても良かったです、BPSなかやまのスタッフ、参加メーカーの方のおかげで楽しい時間が過ごせました、皆様ありがとうございました。



|インプレ・パーツ改造|09:39|comments(12)|trackbacks(0)|
コメント
ちょい乗りで違いなんか分けるわけない
なんて思うので、サイクルモードでは
試乗したことない。

でも、このようなアップダウンがあって
一周一キロちょい走れたら、結構楽しめそうですね!

なかなかそういうチャンスに巡り会わないので、羨ましいです。

注意しなくてはいけないのは、ハイグレードに乗った後でしょうかネ (^^ゞ
体をリセットしないと、その車体の良さが
隠れてしまいますね。
| Siru|
おはようございます^^
あぁ… ホイール欲しいww
それもディープリムの見た目にやられそうです(爆)
カッケー…
| ramu3003|
Siruさんへ

サイクルモードは距離が短い上に、人が多いからガンガン漕げないそうですね(^^;)やっぱり自転車は下って、登って、曲がらないと分からないですよ

乗る順番を考えて価格順で乗っていけば良かったかもしれません。

最上級モデルの後に他メーカーの最上級モデルに乗っても優劣がハッキリ分かりますから、ミドルグレードだと差が顕著でした…
| kazu|
ramu3003さんへ

ディープリムホイールを履いた状態で写真を撮れば良かったです、自分で言うのもなんですがカッコ良かったですよ(笑)

改造パーツの中でもホイールの効果は大きいと言うのを強く感じた試乗会でした、欲しいけどさすがに10万以上は厳しいです…パソコン買ったばかりだし(^^;)
| kazu|
やっぱりキシリウムよかったですか・・・・
欲しいなぁ〜 でもヒルクラ好きの私には本来適していないホイールなのでしょうね。
デュラエースのほうがいいのかなぁ〜
| KIKU|
剛性の高い自転車は、加速いいだろうなぁ〜
体重の重い自分に合っているかも(笑)

ディープは、そんなに走り始めが重いとですか
う〜ん、いまだに見た目に惹かれるのだが、、、
自転車との相性がありそうですね。
剛性の高い自転車がいいのかな?
クロモリの中では、
マスターは、いい走りしますぜ〜旦那〜!
クロモリも
タイヤとホイールの組み合わせで、走りが変わります
| MOW|
KIKUさんへ

キシリウムSRは剛性が高く、反応性が良いレース向けですからヒルクライムに適してますよ。

デュラエースに乗ってる人はマヴィックの方が良いと言ってました、私はデュラは買わないで記事内に書いた通り買うつもりです。
| kazu|
MOWさんへ

剛性が高いと進みが違いますよ〜複数所有出来るなら欲しいですが、一台しか持てない場合はロングが厳しいですね…

ディープの漕ぎ出しの重さは仕方ないとマヴィックの方自身が言ってました、しかし巡航性能はすごいです。

マスターは想像以上に良かったです、クロモリも向いてるようなので買うつもりですが、今年は見送って来年以降にします。

今回の件でルーベは良い自転車と再認識しました、乗り潰さないともったいないですね(・・;)
| kazu|
こんばんわー
やっぱりホイールも良い物は良い!ですね。
私はまずフレームからですw

のんびり行きますよ〜
| HI_MAJIN|
HI_MAJINさんへ

初めて高価なホイールを履きましたが全然違いますね〜

フレームもホイールも良い物は高いので、どの辺を買うか難しいですね(・・;)
| kazu|
おはようございます。

 実は、今回のアワイチロングライドで、キシリウムエリートを試乗させていただいたので、詳しくは私のブログをご覧ください。
 マビックのホイールは性能もさることながら、デザイン性がとても高いので、デュラエースホイールと迷ってしまいます。
 気になっていたラチェット音もそれほど気にならなかったです。
 
 コルナゴマスターXライト、kazuさんは好印象をもたれたんですね!
 クロモリ・・・・私も最近は良いかもしれないと思うようになりました。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

キシリウムエリートに乗ったんですか、それは羨ましいですね〜価格を考えるとアレが現実的ですからね。

たしかにマヴィックの方がデザインは良いですね、赤好きの私としては赤色のハブに心惹かれる物があります。

マスターXは良かったですクアトロと比べた場合の走行性能は上かもしれません(価格も上ですが)
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/580
トラックバック