自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 衝撃吸収性が良いフレーム=ロングライドで疲れにくいはホント | main | 試乗会!ロードバイク8台+ホイール3個のインプレ【後編】 >>
試乗会!ロードバイク8台+ホイール3個のインプレ【前編】



 行きつけのプロショップBPSなかやまが開催した試乗会へ行ってきました、試乗会は吉備高原都市で開催され、コースは平地、下り、上りが揃って一周約1.6キロとなります。

 今回の記事を読むにあたって注意点があります、定期的に閲覧してる方はご存じのように私はスペシャライズドの最上級モデルであるルーベSL3に乗ってます。

試乗会の自転車は全体的にハイエンドモデルが多かったです、なのでミドルグレードの性能はどうしても悪く感じられてしまいます、実際に乗られている方は不快に感じるかもしれませんが、率直に感じたインプレを書きますのでご了承ください。

 また自転車の撮影は基本的に行いませんでした、後でネットから持ってくれば良いと思ったので(^^;)ブログネタの為に来たのではなく自分が楽しむ為に来たので、写真撮影より試乗を優先しました。

今回の試乗会は自分のペダルをその都度付け替える方式で、サドル高もその都度調整してからの走行となります。

スペシャライズドブース

 まず最初に行ったのはスペシャライズドブース、ルーベSL3購入後色々ありましたが、何だかんだで好きなメーカーの一つです。

1台目 ルーベSL3 82万円

 現在ルーベSL3に乗ってにも関わらず1台目はルーベSL3(笑)私のルーベSL3はピナレロFP1からパーツを移植したので本来の性能が出てません、ルーベSL3本来の走りを体感する為に試乗。

私のルーベSL3より重量が1キロ以上軽いので走りが軽かったです、またハンドル・シートポスト等の全パーツがカーボンなので乗り心地が良かったです。

自分のルーベSL3は本来の力を発揮出来ていないと実感、完成車のルーベSL3には走りも衝撃吸収性も格段に劣る事が分かりました。

2台目 ターマックSL3 82万円

 次はツール・ド・フランスで1.2位を独占したモンスターマシンに乗る事にしました、衝撃吸収性を高めたルーベSL3、レース用で剛性の高いターマックSL3の違いが気になります。

 違いは漕いですぐに分かりました、乗り心地がルーベSL3とは比べものにならないほど硬い、走りは軽い所の騒ぎじゃない、平地でグングン伸びます、レースに特化したロードバイクに与えられる圧倒的な性能を感じました。

走行性能に関しては今日乗った8台で1番だと感じました、平地・下り・ヒルクライム全てにおいて最高、しかし硬いのは事実なのでロングライドはどうかな…短い距離なので分からなかったです。

キャノンデールブース

 次はキャノンデールのCAAD10を乗ります、他のメーカーはフルカーボンに力を入れており、アルミはその次と言う感じですが、キャノンデールだけはカーボンとアルミは同列に扱ってると説明してくれました。

3台目 CAAD10 27万円

 アルミと言えばキャノンデール、フルアルミのCAAD9から進化したCAAD10はアルミ+カーボンです、評判も良いので一度乗ってみたかった自転車です。

 まず最初に「ごめんなさい」と書いておきます、ターマックSL3の後に乗ったのが失敗でした、正直重いです、乗り心地は硬いですがガチガチカーボンのターマックSL3よりは柔らかいと感じました。

ターマックSL3みたいに勝手に足が回る感じ、心拍が上がってもついつい漕いでしまう感じはありませんでした、価格差を考えれば当然なのかもしれませんね…

トレックブース

 現在の自転車を購入する時に最後まで争ったのがトレックのマドン6シリーズです、純正カラーがイマイチでオーダーカラー(プロジェクトワン)だと、塗装代のみで8万掛かるのであきらめましたが、気になるメーカーではあります。

4台目 マドン6.9SSL 98万円

 ハイエンドモデルなので当然ですが速い、硬さの中にも若干の柔らかさがあると言う感じで、ターマックSL3とは少し毛色が違います、でも走りは軽くて他の最上級モデルに劣ってると言う感じはありませんでした。

乗り心地の良さを維持しつつ剛性も高めた感じ、スペシャライズドのターマックSL3とルーベSL3の間の様な印象でした。

他のメーカーはレース用のガチガチモデル、衝撃吸収性を高めたモデルに大きく分かれますが、トレックはそう言う事をやる必要がないと聞いた事があります、その理由は乗ってみて分かりました。

トレックは2つの要素を両立させれるから、他のメーカーみたいにラインナップを2つに分ける必要がない、その自信の表れがマドン6シリーズだと思いました。

5台目 マドン6.2 48万円

 6.9SSLの一つ下のグレードで、剛性をやや下げて乗り心地を良くしたモデルと聞きました(5.2は乗り心地を高めたロングライドモデル)

恥ずかしい話ですが6.9SSLと6.2の劇的な差は分かりませんでした、6.2として乗ってるので6.9SSLより剛性が低いのかなっと頭では思いますが、体の方は差がよく分からないと言ってました(^^;)

 記事が長くなってしまうので、残りのロードバイク3台とホイール3個に関しては後日書きたいと思います。

今日はBPSなかやまのスタッフ、参加メーカーの方のおかげで楽しい時間が過ごせました、皆様ありがとうございました。




|インプレ・パーツ改造|17:47|comments(7)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんわー
うっわ・・・高いですね。
でもやっぱり、カッコイイ・・
SL3って

乗り心地は最高なのだろうなぁと思いながら
数ヶ月後に購入するカーボン車を探しているHI_MAJINでした。
| HI_MAJIN|
やっぱりCAAD10はそんなふうに感じてしまうのでしょうね(笑)
当然の結果でしょうが、フルカーボンに乗っているとアルミはどんなに良いのに乗っても感動はしないのでしょうね。私はその感覚になってしまう自分が怖くてカーボンバイクには乗らない様にしています(爆)
ホイールの話が気になりますねぇ〜
| KIKU|
HI_MAJINさんへ

完成車は高いですが、フレームセットは38万円なので、私みたいにパーツ全換装で行けば多少は安く買えますよ。

明日の記事は数ヶ月後にフルカーボンを購入する予定のHI_MAJINさんには厳しい記事になると思います(^^;)ミドルクラスのカーボンは…


KIKUさんへ

雑誌やネットでの評判と実際の走行感にギャップを感じました、同価格帯で乗り比べたら見劣りしないと思いますが、価格帯が全然違うので…(^^;)

最上級モデルにばかり乗りすぎて感覚が少しおかしくなったかもしれません、KIKUさんが乗らない様にしていると言うのも分かる気がします。

ホイールの話はしばしお待ちください。
| kazu|
僕も昨日近所のショップに行ったらシマノホイールの試乗会をやってました^^
なので、DURAを少し乗ってみました。
乗り心地は…
明日ぐらいの記事でアップしますww
| めばる君|
おはようございます。

 かなり有意義な試乗会だったようで、もし、私が岡山県に住んでいるのなら、万障お繰り合わせの上、参加したいと思います。
 やっぱり、カーボンバイクのコンフォートモデル最高峰のルーべはかなり好印象だったようですね〜
 私のように、ロングライド好きなサイクリストにはもってこいのモデルだと思うのですが、いかんせん、お値段が・・・

 後編のホイール特集、非常に楽しみにしています。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
めばる君さんへ

私もデュラエースやカンパのコンポに乗ったのですが、現在使用しているアルテと劇的な差は感じませんでした(^^;)ネタになると思ったのですが

105からだとどう感じたのか、めばる君さんは105病にかかってるだけに興味があります。
| kazu|
たーちゃんさんへ

コースも長いし、走ってる人もまばらなので、サイクルモードに比べるとかなり楽しめる試乗会となっています。

たーちゃんさんの意見はごもっともだと思います、今回私が乗ったロードを買うのは難しい方がほとんどだと思います。

ルーベSL3は自分の乗ってるやつでも十分良いレベルの物だと言う事が分かりました、ホイールを変えたら全然違いました。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/579
トラックバック