自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< スペシャライズドルーベSL3納車 | main | ルーベSL3のヒルクライム性能を検証 >>
スペシャライズドルーベSL3のインプレ



 新しく購入した2台目ロードバイク(スぺシャライズドルーベSL3)のファーストインプレッションを行いました。

ちなみにピナレロFP1からコンポ+フレーム以外のパーツを移植したのが効いているようで、重量は実測で8.2キロとなってます。

【走行性能のインプレ】
 本当は外に走りに行きたかったのですがガーミン、ボトル等のアイテムを取り付けたり、写真を撮ったりしている内に暗くなってしまいました、なので3本ローラー台で初走行となりました。

3本ローラーは風向きや交通状況に左右されず、純粋にロードバイクと乗り手の性能が出るのでこの場合は好都合です。

 漕ぎだした瞬間違いが分りました「軽い!」と思わず声が出た位です、今までよりギアが1枚以上軽いです(ケイデンスで言うと同じギアで漕いだ時に11〜13回転UP)

フレーム&コンポ交換(ティアグラからアルテグラ)しただけで、こんなに差が出るとは思いませんでした。

 試しにインターバルを3本やってみました、最高速度は1本目96.9キロ、2本目101.2キロ、3本目100.3キロと言うことで自己ベストの102キロには及びませんでした。

しかしココ数ヶ月出ていなかった100キロ超えを連続で出せました、体調の良い時にやれば新記録が生まれそうな感じがします。

【アルテグラのインプレ】
 ティアグラとの一番の差はSTIレバーです、全体的にごつくなっており手が小さい人・女性にはやや大きいかなっと言う気がしました。

ブレーキレバーの波打った感じがミソで、ブラケット部や下ハンを持った時にピッタリとくるので握りやすく、STIレバーは劇的に良くなったと言う印象です。

 チェーンリング・スプロケ・チェーンの差も感じました、漕いだ感じが軽いのはフレーム剛性のせいもあるでしょうが、これらのパーツの摩擦抵抗が減少した影響もあると思います。

 変速性能はカチカチと入るので良くはなってますが変速ショックが0ではありません、ある程度良くなったと言う印象です、10速化になってもローラー台では生きてこないので何とも言えません。

 クランク長が170mmから172.5mmになってますが、店員さんに言われた通り何も変化は感じませんでした(以前より効率良く漕げてるのは間違いないでしょうが…)

 ブレーキに関しては3本ローラー台では使用する事がないので分りませんでした、ブレーキは以前と同じデュラエースなので制動力は変わらないはずですが、STIが変わったので操作性は良くなると思います。

【今後の取り組み】
 3本ローラーではルーベSL3のウリである衝撃吸収性の高さがまったく分りません、その他にも実走してみないと分らない部分は多いと思います。

ロードバイクは何千キロと乗り、ヒルクライム、ダウンヒル、ロングライド等をする事で見えてくる物がありますので、またインプレをしたいと思います。

【個人的な感想】
 私は違いが分らない男なので差が実感出来るか心配でしたが、ここまで劇的な変化があるとは…大枚をはたいて購入した甲斐がありました。

 フレーム&コンポ以外はピナレロFP1のお下がりですから本来の性能は出てないと思います、それらのパーツ(特にホイール)を交換した時にどうなるか楽しみです。

 漕いでる間は顔がにやけっぱなしで、今まで以上にロードバイクに乗る事が楽しくなりました、休日が待ち遠しいです。




|インプレ・パーツ改造|17:14|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/570
トラックバック