自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< パールイズミ冬用グローブ購入 | main | 円通寺へサイクリング >>
クロスバイクのブレーキ調整方法



 クロスバイクを購入した時に比べるとブレーキが甘くなってきた気がするのでブレーキを調整する事にしました。そこで今回はアーレンキがあれば出来る簡単なブレーキ調整の方法を紹介します。

基本的にワイヤーは伸びる物だし、ブレーキのシューが減るとその分ブレーキは甘くなるので定期的に調整しましょう。

後輪ブレーキの写真

 まず調整前に今のブレーキの場所が分らなくならないように、ブレーキワイヤーにペンで印をします。

次に写真の右丸のボルトを緩めます(この時ボルトは抜くまで緩めない、ワイヤーが動く程度緩める)そうするとワイヤーが左右に動かせます。

最初の位置より外側(写真右)にするとブレーキの効きが良くなります、内側(写真左)にするとブレーキが甘くなります(2〜3ミリ動かすだけで効き具合が違います)

大体の位置へ動かし、その位置がズレないようにボルトを締めて終了です。

 調整した後は近所を少し走って効き具合を確かめておきましょう、またブレーキは安全上とても重要な部品なので自信のない方は自転車屋でやってもらいましょう。



|自転車メンテナンス|16:39|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/57
トラックバック