自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ロードバイクからトライアスロンへ転身する人が多い | main | ブルベの頭文字に付くBRM○○って何だろう? >>
ケイデンス90回転は正しいのか?我が道を行くべきか?



 ケイデンスとは1分間のクランク回転数を言い、一般的に平地巡航時のケイデンスは90回転、登り坂の時は70〜80回転が良いと本や雑誌に書かれています。

しかしツール七連覇をしたランス・アームストロング選手のように、平地で100〜110回転以上、登り坂でも90回転以上回す人もいます。

 私は平地を走る時は90回転前後になるようにギアを選択して漕いでますが、三本ローラー台で音楽を聴きながらぼーっと漕いだり、実走で景色の良さに気を取られたりした後に、チラッとサイコンを見るとケイデンスが83回転になっている事が多いです。

しかも83回転前後でばらつくわけではなく、ピッタリ測ったように毎回83回転を表示してるんですよね。

無意識で走ってる場合83回転でピッタリ合うと言う事は、この回転数が自分に合っていると考えるべきか、90回転で漕ぐように矯正するべきかどちらにするか悩む所です。

 当然意識して漕げば90回転で維持して漕げますが、実際の所は90回転は正しいのでしょうか?

本によってはケイデンス90回転はあくまで平均であり、個人差があるのでキッチリ合わせる必要はないと書かれている場合もありますが、物によってはキッチリ90回転が良いと書かれている事もあります。

 ポジションの場合はある程度は計算式で出せますが、最終的にはその値を元にmm単位で調整しますよね。

筋力、体の柔軟性、脚の長さ等人によって違うのに、どんな人でもケイデンス90回転が良いと言うのもおかしい気がします。

 それにスポーツ界には流行と言うモノがあり、昔は部活中に水分を取らない方が良いとされてましたが、現在は十分水分を取った方が良いと言います。

昔は腹筋は足を伸ばしてやってましたが、現在は足を伸ばしてやると腰痛になるので膝を曲げてやらないとダメと言います。

自転車の場合アンクリング(ぺダリングの時に足首がカクカクする)は良くないと言われてますが、昔はアンクリングさせて漕ぐ方法が主流だったそうです。

 それに昔はケイデンス90回転以下で漕ぐのが主流だったそうですが、アームストロング選手がツール7連覇した事から「高ケイデンス走法が良いのでは?」と言う事になり現在に至ってるそうです。

ケイデンス80回転位でツールドフランスを連覇する選手が出て、インタビューで「勝利の秘訣?それは低ケイデンス走法だよ」とか言ったら一気に低ケイデンスの時代がきそうですね(笑)

 現在はケイデンス90回転が神格化されているのでそれを信じるか、自分の体を信じて我が道を行くか、答えは自分の胸の中にそっとしまっておきます。



|トレーニング理論.練習法|01:14|comments(9)|trackbacks(0)|
コメント
私はローラー練をしたこともないのでケイデンスの事はコメントできませんが、アンクリンクは最近意識して使っています。
坂をあがるときにアンクリンクすると楽なんですよねぇ〜
これは気分の問題ですが・・・
| KIKU|
はじめまして。
マラソンランナーにもピッチ走法やストライド走法があるように、人それぞれに合ったものがあると思います。ケイデンス90はその基準点だと考えています。
| OKA|
僕はロード購入と同時にケイデンスが測定できるサイコンを着けましたが、一生懸命漕ぐときは、トルクを上げて重いギアを踏むよりも 100rpm前後でクルクル回す方が快適に(効率的にスピードを上げられると)感じます。

でも、通常走行時は僕も 90rpm未満(85rpmくらい?)に下がってることが多いです。
| Muirwoods|
何かの本で「90でないといけないということは無い」と書いてありました。
つまり90は悪まで目安であって、何かを基準とするなら「90」ということじゃあないかと思ってます。
何故90なのかは解りませんけど・・
それより無意識にピッタリ83で回せるのは凄いですね。もっとも自分にあった回転数なんですよきっと。
| ヒロ|
KIKUさんへ

記事内にはローラーの時だけでなく、実走時の事も書いてますが…(・・;)

ヒルクライムで意識してるのはアンクリングではなく、引き脚ではないでしょうか?


OKAさんへ

初めまして。

人間個人差があるので、ケイデンス90が基準と言うのは分かります。

でもケイデンスは90回転が良い!って言い切ってる人も多いですよね(・・;)
| kazu|
Muirwoodsさんへ

私も100回転位でクルクル回してる方が気持ちよく回せます、しかしアマの場合は重いギアでトルクを掛けた方が速いと雑誌に書いてあったのも読んだ事があります。

人によって言うことが全然違うので、どれが正しいのか判断が難しいですね(・・;)


ヒロさんへ

本によって90は平均なのでそこを基準にバラツいて良いと書かれてたり、キッチリ90回転が良いと書かれてたりするので訳が分からないです(・・;)

私みたいにキッチリとはいかないでしょうが、他の人も無意識で漕いでる時のケイデンスはある程度一定なんじゃないかなっと思います。
| kazu|
個人的には、高ケイデンスで走るほうが疲れがたまりにくい気がします。
逆に言うとトルクをかけた低ケイデンスは疲れやすい。
それと、高ケイデンスはなんか見た目が早そうに見える(笑)
そう言った理由で、少し意識してケイデンスを高めに走っています。
が、サイコンのケイデンスセンサーが最近機能していないので、何回転か分かりません(泣)
でも、まあ自分が走りやすい回転に落ち着いているだろうから、まあいっかという感じです(笑)
| めばる君|
ヒルクライムでもアンクリンクをするように踏んでいくと低回転高トルクの漕ぎ方が出来ますww
踏み込む方向はややサドルの後方に座り下ではなく前輪の路面との接地面辺りに踏み込むイメージですかね?
時計で言うと10時から4時まで踏み込む感じかな〜
その時はアンクリンクするような感じで踏んでいます。
踏み込む時に腕でハンドルも強く引けるので比較的力が逃げないでペダルを踏めますのでね。
あわせて引き足も使ってますが。
| KIKU|
めばる君さんへ

そうなんですよね、たしかに軽いギアを90回転以上で漕いでる方が疲労は溜まりにくい気がします。

だから余計迷います、やっぱり90回転に矯正した方が良いのかな〜

個人的には心拍数はなくても良いですが、ケイデンスはないと厳しいです(・・;)


KIKUさんへ

ありゃ…本当にアンクリングをしてるんですか(・・;)それはまずいですよ

かかとが下がるって事はギアが重すぎるんだと思います、KIKUさんはロードの人に近いギア縛りを付けて登ってますが、ロードとクロスでは重量が違うのでロードと同じギア縛りでは重くなり過ぎると思います。

ファンライド3月号にマウント富士に向けて、ヒルクライムの事が詳しく書かれてます、一度読んでみてはどうでしょうか?
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/537
トラックバック