自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< フォトサイクリストは要チェックや!季節の花特集 | main | ケイデンス90回転は正しいのか?我が道を行くべきか? >>
ロードバイクからトライアスロンへ転身する人が多い



 トライアスロンとは水泳→自転車ロードレース→長距離走の順番で、一人の競技者が連続で行う耐久レースで別名鉄人レース(アイアンマンレース)と呼ばれるほど過酷な競技です。

ロングディスタンスの場合はスイム3.8キロ、バイク180キロ、ラン42.195キロで構成されており、競技時間が10時間以上超えるのがザラらしいです。

ショートディスタンスの場合はスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロで構成されており、ある程度練習をしたアマチュア選手なら3時間を切る事もザラらしいです。

ロングディスタンスはまだしも、ショートディスタンスなら練習次第で何とかなりそうな気もします(たしかショートより距離が短い初心者向けのレースもあったような…)

 私は以前は水泳を趣味にしていた時期があり、クロールで(平泳ぎは横に幅を取るので禁止されていた)平日は1キロ位、休みの日は連続で3キロ以上泳ぐ事もよくありました。

最初は100m位泳いだら足を付いて休憩って感じでしたが、本で泳法、呼吸法、フォームとかを勉強して練習すると、200、400、800mって感じでドンドン距離が伸びて行った記憶があります。

私の場合は勤務時間が不規則なのでジムが開いてない事がある、学生時代に水泳部だった人が幅を利かせていて鬱陶しい等の理由から現在は行ってませんが(^^;)

 自転車ロードレースに関しては現在の趣味ですから問題なく漕げると思います、もしもトライアスロンをする場合に問題となるのはランです。

子供の頃から長距離走だけは苦手だったんですよね、部活で10キロ以上走る練習もした事があるので走り切るだけなら何とかなりますが、後半は徒歩に近いような速度で走っていた記憶があります(^^;)

他のブロガーさんの記事を見てると、トライアスロンに出場するわけではないがランの練習は取り入れてると言う人はいますよね、心肺機能を鍛えるなら長距離走の方が早いと言う事かもしれません。

水泳と自転車をやったおかげで学生時代よりも体力が付いてる可能性もあります、試しにランをしてみようかなっと言う気持ちもありますが膝が心配と言うのもあります。

 最大の問題は土日休みが取れないって事ですが、自転車乗りからトライアスリートへ転身する人が多いので魅力はあるんでしょうね、興味はあるけど一歩を踏みだす勇気が出ないと言う感じでしょうか。




|自転車のコラム|00:45|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
トライアスロンに興味は無いですが、たまにRUNしています。(最近はダイエット目的で軽く…)
バイクは当然楽勝なので、あとはスイムだけです。
昔、なんちゃって水泳部員だったので、まったく泳げなくないですが、そこはなんちゃって部員だったので今はどうなのか不安です(汗)
たまには、プールでも行ってみようかな〜^^
| めばる君|
めばる君さんへ

元水泳部だったら何とかなりそうですね、私は部活にも入ってなかったし、スイミングスクールにも行ってなかったので。

ダイエットだったら水泳が速いと思いますよ、ジョギングはたいして痩せれないです(・・;)
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/534
トラックバック