自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< データ取りに種松山へヒルクライムTT | main | ブログ村の不具合について >>
ホイールのインプレ(アルテグラWH-6700)



 新しいホイール(シマノアルテグラWH-6700)が到着したので、自分でスプロケット、タイヤ、チューブの装着を行いました。

アルテグラWH-6700はチューブレス対応ホイールですが、パンクした時の処置を考えると慣れているクリンチャータイヤの方が良いと思うので、しばらくはチューブレスタイヤではなくクリンチャーを使用する予定です。

WH-500が約1900g、アルテグラWH-6700が約1650gなので約250gの軽量化が図れました。

 ヒルクライム性能を検証する為に事前にデータを取ってます→「データ取りに種松山へヒルクライムTT

種松山 標高258.4m 距離4.3キロ

 冬は汗をかきにくいせいか心拍計の表示がおかしい事が多いので、ハートレートモニターを装着せずに走りました。

服装や荷物はほぼ同じですが、アルテグラで走った日は岡山では珍しく雪が降ったので、路面に少し雪が残っておりウェットな部分もありました。

2月10日 (WH-500)
走行時間 17分51秒
平均速度 14.2キロ 平均ケイデンス 65回転
心拍数 未計測

2月11日 (WH-6700)
走行時間 17分02秒
平均速度 14.8キロ 平均ケイデンス 67回転
心拍数 未計測

 結果としては約50秒短縮、正直な所を言いますがホイール交換で良く聞く感想「劇的に軽くなった、ギアが1段違う」と言う事はありませんでした。

次に漕ぎ出しの軽さですが、これも劇的に変わった感じはしません、多少良くなった気もしますが大きな差を実感する事は出来ませんでした。

ハブがシルバーでカッコ良い

 劇的に良くなったと感じるのはハブです、いつもの巡航速度まで持って行く時、巡航速度をキープして漕ぐ時にホイールの回転が良くなったのか今までより楽に感じました、また足を止めた時の速度低下が少ないように感じました。

乗り心地も以前に比べて良くなりました、衝撃吸収性が良いと評判のスペシャライズドルーベSL3ですが、WH-500の時は「そこまで良くなったか?」って感じでしたが、アルテグラにすると本来の乗り味が多少は引き出せるのか、振動が軽減されマイルドな乗り心地になりました。

 意外な事にブレーキの効きも良くなりました、WH-500は9000キロ近く走ってたのでリムが汚れたり、少し歪んでたのか、デュラエースのブレーキに耐えれる剛性がなかったのか、詳しい理由は分りませんが交換後は効きが良く感じました。

今日は路面がウェットで雪が所々残っており、下り坂はブレーキを掛けながら慎重に降りたので高速コーナーを試せませんでした、なので剛性・コーナリング性能は良く分りませんでした。

 また帰宅後に3本ローラー台で漕ぎましたが、ローラーの抵抗が大き過ぎてハブの回転の良さが生きないのか、全然差を実感出来ませんでした(ピナレロFP1からルーベSL3に乗り換えた時は3本ローラーでも大きな差を実感出来ました)

 WH-500からWH-6700に交換時の変化点

・ヒルクライム性能が多少良くなる
・漕ぎ出しはさほど変わらない
・回り出してから巡航速度に到達するまでが速い
・巡航速度のキープが楽
・乗り心地がマイルドになる
・ブレーキの効きが多少良くなる
・3本ローラー台では差を実感出来ない
・見た目がカッコ良い(笑)

 何だかんだ言ってもメーカー希望価格約4万1000円のホイールですから、10万円オーバーの高級ホイールみたいに劇的に変化する事はないです(アルテグラで劇的に良くなるなら誰も高級ホイールなんて買わないでしょう)

しかし値段を考えると満足のいく性能、コストパフォーマンスに優れていると評判になるのも納得出来ます。

ハブの回転の良いとロングライドでかなり楽に走れるようになると思います、レース志向以外の方もホイール交換を検討する価値は十分にあると思います。

【追記分】
 当時はハブの回転が良いと思ってましたが、今思うとエアロスポーク&スポーク数が減った事による、空気抵抗の低減も寄与してたと考えます。

これに関して詳しく書いた記事→「シマノWH-6700分解、ハブ・スポーク・リム重量測定



|自転車ホイール|16:14|comments(11)|trackbacks(0)|
コメント
こんにちは〜。
そういえば、私はブレーキの事を書いていなかったカモ。シマノ同士ならブレーキの効きが良くなるとどこかで読んだような。
私が代えた時にもそう思いました。この価格なら納得出来るし、タイヤをチューブレスに代える時の楽しみも残っていますしね♪
| ZZ|
ZZさんへ

ブレーキが良くなった気はしましたが、ZZさんもそう感じたなら制動力は確実にUPしてますね。

実売価格約3万5千円ですから十分過ぎる性能だと思います、チューブレスタイヤも年々進化してるようなので将来が楽しみですね。
| kazu|
お久しぶりです。
最近忙しくてブログを見れてませんでしたが、いつの間にかホイールを交換されたんですね。
やっぱりハブが良くなると色々と楽になるんですね。僕ももう少ししたら今のカムシンからユーラスに交換予定なので楽しみになりました。
| ケン@ビアンキ|
ケンビアンキさんへ

前々から検討してたのですが、やっとこさ購入しました。

カムシンからユーラスに行くとかなり差が出ると思いますよ〜
| kazu|
おはようございます。

 このホイールは、たしか「ロードバイク選びは、自転車バカに聞け」という本の中でもオススメホイールとして紹介されていましたね〜
 今のところ、ロードチューブレスのポテンシャルは未知数ですが、今後、ロードチューブレスタイヤがたくさん登場し、価格帯も下がれば、一度試してみることができるのも、このホイールのメリットなのかもしれませんね。

 シマノのホイールは、使い込んでもリムを交換してくれるサービスがあるので、末永く使うことができるのもメリットなのかもしれませんね。


それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
アルテグラのハブは良く回りますね〜
ちょいメタボ君が持っているので試したことがありますが、いつ止まるんだろうって感じの回りでした。
で止まったと思ったら反対に回りだして驚きました。
さすがシマノですね。
でも、ヒルクライムが50秒短縮ってすごくないですか(驚)
僕も欲しい〜(笑)
| めばる君|
10マソ以上するホイールはなかなか買えない。

私にはそこまで必要なのか?

となると楽しみからすると手組が良いかなと思っていますがデザインが難点だったりするかもですね。
| まっくろくろすけ|
たーちゃんさんへ

あの本ではデュラエースよりもアルテグラの方がおすすめになってましたね。

チューブレスの走行感も気になりますが、パンクした時の事を考えると手を出す気にはならないです。

シマノがリムを交換してくれると言うのは初めて知りました、費用にもよりますが長く使えるのは良いですね。


めばる君さんへ

たしかに手で回すと止まったかと思いきや、逆に回り始めますね〜

久々のヒルクライムの次の日だったので、多少はエンジンのパワーアップもあると思います、そう考えると実質は30秒位じゃないでしょうか。

高級ホイールからだとさすがに不満を感じそうですが(・・;)
| kazu|
まっくろくろすけさんへ
レース志向の方は決戦用の高級ホイールが欲しくなるんでしょうが、普段用で使うならミドルグレードのホイールで十分ですね。


手組は全然知らないので価格や性能が分からないです(・・;)なので何とも言えません
| kazu|
やはり、なんと言っても安心感のある
アルテグラですね!

さらにホイールが二本になると、
使い分けたり、メンテに出したりと
便利です。

ブレーキの感触は、若干のウエッティだったからかも
知れませんね。
| Siru|
Siruさんへ

アルテグラは良いですね、コストパフォーマンスが良いと評判になるのも分かります。

ブレーキに関しては他の方も効きが良くなったと言ってるので、間違いないと思います。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/511
トラックバック