自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< カーボンフレームの割れ補修完了 | main | データ取りに種松山へヒルクライムTT >>
ホイール購入(アルテグラWH-6700)



 以前(NEWホイールを検討中)から購入を検討していたホイールですが、色々と考えた末アルテグラのホイール(WH6700)をポチしました。

 現在使用中のホイールはシマノの最廉価ホイールWH500で、すでに8000キロ以上走行してますがホイールの性能低下を考えるとまだまだ使用可能なので、2万キロ走行後に交換する予定でした。

 しかしカーボンフレームの補修が終わり肩の荷が降りたのと、以下の理由から購入に踏み切りました。

事の発端はクロスバイク(ジャイアントescapeR3)で近所を軽く走っていた時の事で、前輪がパンクしたのですが換えのチューブを持って行ってませんでした。

クロスバイクでの走行距離は約1400キロですが、購入してから1年4ヶ月経っているのでチューブやタイヤが劣化してたのかもしれません。

 家の近くだったのでそのまま乗って帰り、自宅でパンク修理する時になって初めて気付いたのですが、23Cのタイヤ・チューブの予備はありますが、28Cはタイヤ・チューブ共に予備がありませんでした。

28Cの新しいタイヤ・チューブを購入しようかと思いましたが、「お家が欲しい」のたーちゃんさんがジャイアントescapeR3はロードバイクとエンド幅が一緒なので、ロード用の23Cのホイールが使えると書いてたのを思い出しました。

ロードバイクに新ホイールを装着、旧ホイールをクロスバイクに流用すれば、2台共23Cで統一出来るのでタイヤやチューブの管理が楽になると考えました。

 新ホイール購入にあたって重視したのは以下の3点です。

1.五万円以内
2.リム・スポーク等がカーボンはNG
3.チューブレス対応

 まず1ですが、三台目ロードバイク貯金がすでに終了しており金に余裕はあるのですが、私の金銭感覚だと五万円以上は高いと感じます、自転車用品に関わらず他の物でも五万円以上の物は検討の末に買わない事が多いです。

それに自分でシートステーを補修したので何が起こるか分らないし、転倒・落車等すると他の部分にも割れが発生する可能性がある、また高価なホイールを購入した矢先にトラブルが発生すると対応出来ない危険があるので、貯金をあまり切り崩したくないと言う気持ちがあります。

 次に2ですが、ほとんどの方にとってカーボンと言えば憧れの素材だと思います、しかしカーボンフレームの割れを経験した私にとっては怖い以外何ものでもありません。

ホイールに限らずハンドル、ステム、シートポスト等もカーボンにはしたくないです、今後シマノがカンパニョーロに対向してコンポをカーボン化しない事を祈ってます。

 最後に3ですが、ネットで購入する場合はホイールだけ届くのでスプロケットとリムテープの取り付けが必須、前者は工具を持ってるので出来ますが後者はやった事がないので不安です。

ショップで作業内容を見たときは簡単そうに感じましたが、実際は結構難しいそうで上手くリムテープを装着しないとパンクの原因になるそうです。

なのでネットでホイールは購入出来ないな〜っと思ってました、しかしチューブレスタイヤはリムにスポークの穴がないのでリムテープが不要らしいです。

シマノ アルテグラWH-6700(約35000円送料込)

 すべての条件を満たしており、値段的に安い割には性能が良く、コストパフォーマンスに優れていると評判が良いシマノアルテグラWH-6700にしました。
 
レースに出る事はないから高価な決戦用は必要ないし、高価な物はダメになった時の精神的ショックが大きい事をカーボンフレームの割れで経験しましたから…

 アルテグラWH-6700ではスペシャライズドルーベSL3の本来の性能は引き出せないでしょうが、今まで使ってたWH-500に比べると走りは軽快になると思います。

 ホイールはウイグルではなく楽天市場で購入したので数日後には届くと思います、最近山に行ってないのでヒルクライムTTで比較するガッツはありませんが、一応インプレはするので楽しみにしておいてください。



|自転車ホイール|18:53|comments(13)|trackbacks(0)|
コメント
北海道、釧路から初コメさせていただきます。私は、アンチカーボン派です。確かにカーボンは軽いですが、すごく気を使いますので、やはりフレームは、アルミかクロモリに限りますよ。ホイールはこれが一番コストパフォ−マンスがいいのではないでしょうか。インプレ楽しみにしてます。
| よしお|
こんばんは!

約300gの軽量でアルテグラのハブ
軽さとなめらかさで、かなり変化がありそうですね!

インプレが楽しみです。
タイヤそのままで、まずはホイールの変化から
楽しむと、2倍おいしいとか!? 笑
| Siru|
kazuさん、こんばんは。ちょっと久しぶりですかね。
私もホイールを購入するならWH-6700が第一候補だったのでインプレ楽しみにしています。
学校つながりの自転車乗り仲間にタイムトライアル出場時にディープリムホイールを貸してくれるって言われて「是非お願いします」と言ったもののおそらく超高級ホイールなので怖くて乗れないなぁと今になって思っています。でも、いろんなホイールを試乗してみたいですね。
| hyh|
アルテグラのハブはめっちゃ回りますよ(驚)
なので、楽しく走れるかと思います。
それと、チューブレスは走り心地がすごくいいみたいですね〜
インプレが楽しみです^^
| めばる君|
こんにちは〜。
おや、私が2.1に付けたのと同じですね。私は
「軽いな〜♪」
ぐらいしか感想無かったのですが(鈍いので)、もっと詳細にレポートされると思いますので、よろしくお願いします(^^;)。
ところで、私はあまり深く考えなかったんですが、リムテープって面倒なんでしょうか?皆さん簡単に張り替えてはるので、すぐに出来るものだと思っていたんですが…。まだ交換した事ないので、関心あります。
| ZZ|
おはようございます。

 シマノのホイールは、マビックやフルクラムなどと比較して、デザインは地味であるものの、コストパフォーマンスは優れていると思います。
 また、ラチェット音も小さめなのも良い点です。
 もちろん、デュラエースのホイールが一番良いのは分かっていますが、アルテグラグレードのほうがお得感は強いですよね。
 同じアルテグラグレードのRS80というホイールは、デュラエースホイールのC24のハブのみがアルテグラグレードになっているそうですが、ほとんど重量はかわらないのに、3万円も安いんです・・・

 ウイークエンドライダーならデュラエースでも良いのですが、ガンガン走る人にとって見ればアルテグラのほうが良い選択だと思います。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
私はその辺のことが良く解からないのですが、このホイールはリムテープがいらないってことなんでしょうか?
だったらパンクの原因のリムテープの劣化も心配要らないので安心ですね。
| KIKU|
よしおさんへ

初めまして。

カーボンは軽さ、剛性、衝撃吸収性を兼ね備えた夢の素材なので、前は最高に良いと思ってましたが、カーボンの脆さを一回経験してしまうとダメですね(・・;)

アルテグラはコストパフォーマンスが高いと評判なので楽しみです。



Siruさんへ

同じ重量でも足まわりの軽量化を図った方が効果が大きいと言いますよね、どうなるか楽しみです。

タイヤを代えると同じ条件で比較出来ないので、今使ってるタイヤを使う予定です。
| kazu|
hyhさんへ

コメントは久しぶりですが記事はちゃんと読ませてもらってますよ〜

アルテグラは手頃な価格で人気が高いですよね、インプレ楽しみにしといてください。

知り合いのホイールや自転車を借りるのは怖いですね、何かあった時に弁償する、しないに関わらずお互いの関係にしこりが残りそうです(・・;)



めばる君さんへ

その書き方からすると使用した事があるのかな?どうなるか楽しみです。

現時点ではチューブレスタイヤは使用せず、クリンチャーで走る予定です(興味はありますがメンテを考えると)
| kazu|
ZZさんへ

以前のアルテグラの記事を読んでる時点で買う気満々でした、とても参考になる良い記事でしたよ〜

見た感じかなり簡単そうでしたが、コツが必要で意外と難しいそうです。

前に原因不明のパンクに陥り、最終的にはリムテープが悪かったと言う経験があるので下手に手を出すのは怖いです(・・;)



たーちゃんさんへ

デュラエースも検討しましたがカーボンを使った物が多い、価格が高い、レースに出ないから決戦用は必要ないと思い止めました。

私もたーちゃんさんみたいにレースに出る機会があれば決戦用ホイールが欲しくなるんでしょうね〜


それとデュラエースは重量は重いがハブが最高と言うのがウリですから、ハブをアルテグラにしたら台無しだと思います(・・;)
| kazu|
KIKUさんへ

チューブレス対応ホイールの場合はリムテープが不要です。

なので作業が出来ない私でも安心、それにリムテープが原因によるパンクもなくなります。
| kazu|
シマノは派手さはないけど品質本位ってイメージです。「能ある鷹は爪を隠す」ってとこでしょうか。
チューブレスにするのですか?
チューブレスはクリンチャーに比べて転がり性能がよく、乗り心地がよく、パンクしにくいらしいですネ。
でもタイヤ自体が高いと聞いたことはあります。また、取り外しに力が相当必要らしいです。
きついタイヤは手の肉を挟みそうで苦手です・・。
| ヒロ|
ヒロさんへ

チューブレスにはしません、その事に関しては「自転車の話」の中に詳しく書いた記事があったはずなのでそちらを参照してください。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/508
トラックバック