自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 愛用者が多いコンチネンタルGP4000Sはそんなに良いの? | main | カーボンフレームの割れ補修完了 >>
カーボンフレームの割れ補修は想像を絶するほど難しい



 ロードバイク(スペシャライズドルーベSL3)を立て掛けていた時に強風で転倒し、その衝撃で運悪くカーボンの一部が割れてしまったシートステー。

とりあえずエポキシ樹脂のみで補修しましたが、さらなる強度向上の為にカーボンクロスで補修する事にしました。

詳しくは前の記事を読んでください→「自分で補修したカーボンフレームをさらに強度アップ

 手順ですがカーボンクロスを切ってフレームが割れた箇所に貼る→エポキシ樹脂を塗る→乾かす→サンディング(サンドペーパー等で表面を綺麗に削る)→以下の手順を繰り返してカーボンの層を積層させる事で強度向上をする事が出来ます。

 まずカーボンクロスをどの位の大きさに切るか、大体の大きさを紙で測ります。


 カーボンクロスはそのまま切ると繊維がバラバラになりますが、テープの上から切るようにすればバラバラになる事がありません。


 こんな感じで必要となる大きさのカーボンクロスを段取りします。


 カットしたカーボンクロスをチェーンステーに貼り付け→エポキシ樹脂を塗る、と言葉で書くと簡単ですが実際にやってみるとかなり難しいです。

のりで紙を貼り付けるみたいに思ってましたが実際にやってみると簡単にはくっつかない、平らな部分はまだしもシートステーに巻き付けようとすると両端がビョーンって感じで離れてしまいます、しかも悪戦苦闘してる内にカーボンクロスの繊維がバラけてきました。

カーボンクロスを2枚積層させた状態

 割れの箇所だけを必要最小限カバーする予定でしたが、正直言ってそれどころじゃない、結局割れの箇所を大きくカバーするように貼るので精一杯でした。

カーボンクロスを3枚積層させた状態

 普通に巻きつけようとすると両端が離れてきます、かと言って乾くまでに10〜12時間以上(冬季は1日以上)掛かるので棒か何かで固定しておくわけにも行きません。

そこでカーボンクロスの繊維1本を紐のようにして縛る事にしました、コレなら最悪固まって外せなくなってもあまり目立ちません。
 
 カーボンクロスを使ったカーボンの補修を始めてやりましたが想像を絶する難しさでした、エポキシ樹脂で全然くっつかない、想像以上に繊維がバラバラになる、この2点が最大の誤算でした。

カーボンクロス自体は紙みたいにふにゃふにゃで、「こんなので強度が上がるの?」と心配でしたが、固まるとガチガチになったので安心しました。


フロントフォークの塗装剥がれ箇所に塗装

 見た目はともかく何とか自分で補修する事が出来ました、後は塗装をすれば完成です、完成写真ですが購入した塗料とフレームの赤色が同じような色だったので違和感はあまりないです(近くならまだしも遠目にはほとんど分らないと思います)

あまりにも違和感があるようだったら写真をアップしない予定でしたが、この感じなら数日後に完成の記事をアップ出来ると思います。

続きの記事「カーボンフレームの割れ補修完了



|カーボン割れ補修|12:42|comments(16)|trackbacks(0)|
コメント
おはようございます。

 不器用&イラチ(関西弁で「短気」と言う意味)で根気がない私には到底ムリな作業だとおもいます。
 カーボン繊維の裏に接着剤みたいなものがあって、仮止めできるようなものがあれば良いのですが、そういうわけにはいきませんよね。
 エキポジ樹脂は固まる力はあっても、接着力はあまり無いのかもしれませんね。
 
 この作業はなかなか難しい作業かもしれませんが、私をふくめて、カーボンバイクに乗っているローディーにとってはとても関心を持ってみていると思います。
 是非とも良い結果になってほしいと願っています。


それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

私もかなりのイラ症ですから、今回の作業はきつかったですね(^^;)多少カーボンクロスがバラけても気にしない適当な性格だったので何とかなりましたが

私は今回が初挑戦なので分りませんが、アロンアルファのような瞬間接着剤で仮止めしてからエポキシ樹脂を塗ると言う方法もありかもしれません(カーボンに悪影響がある可能性はありますが)

今回の補修の記事が必要にならないように、皆様にはカーボンバイクの取り扱いに注意をして欲しいと思ってます。
| kazu|
お疲れ様でした。
何とか補修が完了しましたね。
塗装も上手に出来たようですし…
車の傷のタッチアップさえ上手にできない僕からすれば、スゴイ補修だっと思います。
また気が向きましたら、完成写真をアップして下さい。
| めばる君|
めばる君さんへ

お疲れさまでした、何とか補修が完了しました。

塗装は筆でそのまま塗っただけです、もっとアンバランスな見た目になると思ってましたが、ルーベSL3のフレームに近い赤色だったのでラッキーでした。

塗装は完璧に乾いてからする予定なので、結構先の話になるかもしれません。
| kazu|
なんだかメチャクチャ難しそうなのがよ〜く解かりました。
私だったら発狂してると思いますが、根気が要りそうですねぇ
繊維の端がほどけたカーボンの写真を見ているだけで何だかイライラしてきました(笑)

完成写真お待ちしております!!
| KIKU|
KIKUさんへ

カーボンクロスでの補修を甘く見てました、綺麗に仕上げようと思ったら根気がいるでしょうね(^^;)いいかげんな性格で良かったですw

繊維の端がどんどんほどけてくるので、作業しててイライラしてきますよ。
| kazu|
ウインドサーフィンのボードだとガラスクロスで補修していたけど、布のようだからアールがあっても
接着しやすいです。
カーボン素材の補修は経験ないので
わからないのですが、ケブラーカーボンでも良かったのかな〜と思いました。これなら、、、たぶんですが
いい感じに接着するかもしれません。(もう、遅いってか?(汗)
ケブラーならボードでも使ってました。
強度と引張強度に優れている
剛性に強いカーボンとのハイブリッド。

サンディングで調整できると思いますから
大丈夫だと思います。
仕事にしていた方が、いらっしゃいましたよね
聞いてみてください。
| MOW|
なんか、スッゴク大変だったのが伝わってきます。
大事なフレームの補修、始めたからには後戻りができない状況のなか、最後まで見事やり遂げられ本当にお疲れ様でした。うまく強度がでてるといいですね。

私もフレームの扱いには今まで以上に気をつけたいと思います。
でももし何かあったら。。。自分でできる自信ないです。
| まえきち|
kazuさんが適当な性格?とんでもない事です!
記事を拝見してると「根気強い性格」とか「粘り強い性格」としか思えませんよ〜。
とにかく、お疲れさまでした。一連の記事はカーボンバイクの補修に困った人達の教科書になっているはずです!
| ケント|
MOWさんへ

心落ち付けて作業しましょうって言ってたのは、この事だったのか!?と思いましたが違いましたか(笑)

後は塗装を行えば補修完了ですから、今後チャレンジする人はケブラーカーボンを試してみてもらうと言う事にしましょうw

サンディングって言うのが正直良く分らなかったです、固まったカーボンクロスの上からやすりがけすれば良いのでしょうが、どの程度やればいいか分らないし、やり過ぎたら下の層が出てきちゃうと思い怖くてほとんどやってません(^^;)


まえきちさんへ

みなさんのご支援のおかげでなんとか最後までやり遂げる事が出来ました。

強度に関しては測定しようがないですが、手でシートステーをたわませた時の感触からすると強度は確実に上がってると思います。

今回は割れが浅かったのと場所が場所だったので自分で補修しましたが、フロントフォークやトップチューブだったらさすがにやらなかったと思います。
| kazu|
ケントさんへ

カーボン補修は仕上がりを気にする人だったらかなりハードルが高くなりますよ、綺麗に補修しようと思ったらかなりの手間が掛かると思います。

色々と探しましたがカーボンフレーム補修の記事はあまりありませんでした、自己責任になるのであまりお勧めしませんがチャレンジしようと言う方には参考になると思います。
| kazu|
う〜ん、固まった状態がどうなっているのだろう?
染みこんで上に積層できていないのかな?
フレームとの段差ってないのかな?
車のパテ埋めしてサンディングで一体化しますでしょ
あんな感じです。カーボンシートだとダメですか??
| MOW|
MOWさんへ

カーボンにエポキシが染み込んでガチガチになってる状態で、積層枚数が三枚なので厚みはさほど気にならない状態です。

カーボンクロス一枚の厚みが薄いので、ヤスリをゴシゴシかけると下の層まで削ってしまいそう、カーボンの繊維がほどけそうなのが心配です。


下手に掛けてボロボロになっても困るので、そのまま塗装しようかな〜と思ってます(・・;)
| kazu|
こんにちは〜。
何だかエラく大変そうですねぇ。布の取り扱いは苦手なので私には無理っぽい感じも…。
ともあれ、お疲れ様でした。
| ZZ|
カーボンがそんなに扱いにくいとは知りませんでした。繊維がパラパラ剥がれていくのは手の施しようがないですね。特にエポキシがすぐ乾かないので固定できない、かと言って手で押さえることもできない・・
カーボンの紐は名案だと思います。
カーボンは積めば積むほど強固になるのでしょうか?
でも厚みが気になるので何回積むかも思案しますね。
サイディング&塗装頑張ってください。
| ヒロ|
ZZさんへ

正直大変です、いくら綺麗に切っても作業中にバラバラになるので腹が立ってきます(・・;)

カーボンは大事に乗って傷を作らない事が一番だと思いました。



ヒロさんへ

やる前は簡単だと思ってましたが、実際にやると難しかったです。

紐は名案っと言いたい所ですが、一緒に固まってしまうので仕上がりが少し残念になります(・・;)

説明書にはカーボン10枚でアルミの4倍近い強度が出てました、重ねればいくらでも強く出来ると思われます。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/505
トラックバック