自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 2011年1月の練習記録 | main | ステム交換を検討中 >>
自分で補修したカーボンフレームをさらに強度アップ



 ロードバイク(スペシャライズドルーベSL3)を立て掛けていた時に強風で転倒し、その衝撃で運悪くカーボンの一部が割れてしまったシートステーですが、何とか自分で仮補修する事が出来ました。

エポキシ樹脂のみで補修しましたが、色々な方からの意見を聞いた所さらなる強度向上を図った方が良いと言う結論に達しました、詳しくは前の記事を読んでください→「自分で補修したカーボンフレームを点検&再検討

カーボンクロス 45cm×45cm 約3500円

 楽天市場で探した所で手頃な価格のカーボンクロスが販売されてました、このカーボンクロスを切ってフレームが割れた箇所に貼る→エポキシ樹脂を塗る→乾かす→サンディング(サンドペーパー等で表面を綺麗に削る)→以下の手順を繰り返してカーボンの層を積層させて行きます。

クロスを貼る→エポキシ樹脂を塗る→乾かせずに以下の手順を繰り返す、この方法なら1日で積層させる事が出来ますが、「Victory Cross&Road」のMOWさんに質問した所、手間は掛かるが前者の方法が良いと言われたので前者の方法を採用しました。

 カーボンクロスを積層させる枚数が多い方が強度は上がります、しかし枚数が多くなるとその分太くなり左右との太さに差が出てアンバランスになります、また枚数が多いと言う事はそれだけ手間と時間が掛かります。

説明書を見た所カーボンクロス10枚積層でアルミ板(1050材)の3倍以上の強度になります、そこまでの強度は必要ないと思うので、強度・太さ・手間・数字のキリの良さを考えて3枚or5枚にする予定です(4と言う数字は嫌いなので)

 カーボンを切る時はそのままハサミで切ると繊維がバラバラになって使い物にならなくなるので、写真のようにテープを貼ってその上から切った方が良いそうです。

適当な大きさにカットしたカーボンクロスをチェーンステーに貼り付け→エポキシ樹脂を塗る→その日の作業は終了、後は数日置いて乾くのを待ち→固まったら耐水ペーパー等で表面を削る、以下繰り返しとなります。

 亀裂箇所をカバーする為に写真の黄色線の範囲をカーボンクロスで巻き付けるように補強する予定、黄色線の上は塗装が剥げてるだけで割れてはないので、巻き付けずに塗装するだけで良いかな〜と思ってます(どうせやるなら全域をカバーするように緑線の部分に巻き付けた方が良いでしょうか?)

それと作業前に塗装の残っている部分を綺麗に削ってから積層させた方が良いのでしょうか?塗装の上から積層させても問題ないなら削る手間が省けるのでその方が楽なのですが。

 冬場は乾くのに数日掛かるので定時で帰れた時や休日を利用して地道に1枚1枚カーボンクロスを積層させて行こうと思います、長い船旅となりそうですが「海賊王におれはなる!」精神で頑張ろうと思います(笑)

続きの記事「カーボンフレームの割れ補修は想像を絶するほど難しい




|カーボン割れ補修|00:13|comments(11)|trackbacks(0)|
コメント
いったい何のことだか解からなかったのでググって見ましたが・・・マンガの話でしたか。
子供達が日曜日の朝に見ている奴ですね?
単純に考えると最初の一枚目も下地を平らにしてから繊維をまいたほうがいいと思いますよ。下地に凹凸が有るのとないのでは違うような気がしますが・・・・ どうでしょうか?

| KIKU|
KIKUさんへ

子供の前でそのセリフを言えば喜んで貰えると思います(笑)KIKUさんのお子様は年齢が上なので呆れられるかもしれませんがw


おっしゃる通りで仕上がりに万全を期すなら塗装を剥がして、綺麗にならしてから補修が一番だと思います。

しかし仕上がりを気にしなければ強度、構造上問題ないと言うのであれば手間を省きたいです。
| kazu|
おはようございます。

 適度な量のカーボンシートがあってよかったですね。
 以前、サイクルスポーツで、カーボンバイクの補修をしているショップの記事が掲載されていましたが、基本的にはkazuさんと同じようにカーボンシートを巻いての補修でした。
 たしかに、見た目の仕上がりまで完璧にするのは難しいかもしれませんが、普通に走る分には支障がないくらいの強度は確保できるような気がします。

 時間と手間がかかる作業ですが、頑張ってください。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

あきらめずに探してみるもんですね〜本当にラッキーでした。

雑誌に補修方法が書いてたんですか、ちょうどその記事を見逃してました(・・;)カーボンの修理は今回のやり方が主流みたいですね

何もしない場合に比べれば格段に良くなると思います、乾かすのに時間がいるだけで一回の作業時間は短いので、空き時間で地道に頑張ろうと思います。
| kazu|
おはようございます。
手に入れましたね!私も探したところが、それぐらいの価格で売っていたサイトでした。
仕上がりをできるだけ綺麗にと考えたら
塗装は剥がしたほうがいいと思います。
剥がさないと凸凹になりますよ〜〜。
広範囲で剥がしたい(緑)ところですが
勇気いりますよね。びびったら、傷の最大外周限界で剥がすといいでしょう。あまり緑と変わらないか、、、(汗)サンディングは、3種類ぐらいの目地で徐々に掛けて、最終工程での最後の仕上げは1000番で綺麗にかけて塗装ですね。

あとは〜同じB型なので心落ち着いたときに作業しましょう。気が向かないときは、絶対にやらないように、、、(笑)
| MOW|
塗装は削った方が良いです。接着強度が落ちてしまいます。せっかくエポキシ樹脂で接着しているのに塗装面がはがれては強度が保てません。
| ほげほげ|
MOWさんへ

高いイメージでしたが探せば安く売ってるもんですね。

やっぱり塗装を剥がした方良さそうですね、傷の外周だけなら黄色線位で十分なので上の方は塗装で保護して、割れ箇所をカバーするのが楽ちんですね。

ペーパー三枚使って徐々にサンディングは怪しいです(・・;)強度上がって乗れたら何でも良いって感じなので、適当にやって終わりになるかもしれません。
| kazu|
ほげほげさんへ

たしかに一理ありますね、簡単に剥がせれば良いのですが、無理だったら地道に削るしかないですね(・・;)
| kazu|
塗装は一度剥がした方が良さそうですね。
下地を慣らした方が均一にカーボンが巻けそうです。
わたしは仕事でFRPの補修の経験があります^^
カーボンも似たようなモンですよね。
| ユッキン|
ユッキンさんへ

やっぱり剥がした方が良さそうですね、ぶっちゃけ剥がすのがめんどくさいだけです(・・;)

FRPの補修を仕事でしたことがあると言う事はプロの方なんですね、そうと知ってれば色々聞いたのですが。
| kazu|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/504
トラックバック