自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< カーボンフレームが割れた写真を公開&検討結果を発表 | main | 行きつけのプロショップで試乗会がある >>
【購入・インプレ】ドイターのバックパック、レース



 いつまでもカーボンフレームが割れた話をしてても暗くなるだけなので、今日から他の記事を書いて行きたいと思います(すでにふっきれた感があるので心配無用です)

実は去年の終わり頃にドイターのバックパック(レース)を購入し、実際に使用もしていたのですが、年末、年明け、家族旅行、カーボンフレーム破損とネタが豊富だったので書くのが遅くなりました。
 
 デジタル一眼レフ購入後はフォトポタ主体となり、バックパックにカメラ・レンズ・三脚等を入れて走るようになりました、ちなみにバックパックは学生時代に購入した古い物を使ってました(重量800g)

私の場合は元々腰が弱いので重量が3キロ以上あると50キロも走らないうちに腰が痛くなる、重量が1〜2キロなら100キロ以上走っても腰は痛くなりませんが、肩が痛くなるし背中も蒸れると言うのが難点です(詳しくは以前書いた記事を読んでください→ドイターのバックを検討中)

 「お先にどうぞ」の管理人でありフォトポタ先輩のKIKUさんが、背中の蒸れに関してはモンベルのサイクール10が良いと言ってましたが、重量が840gあるのと価格が1万円近くする事から購入を見送りました(^^;)

ドイター レース 6300円

 最終的に重量・背中の蒸れ・価格のバランスが良いドイターのレースにしました、レースは自転車用のバックパックで重量が500g、容量が10L、サイクール10ほどではありませんが一応背中の蒸れ対策もしています。

ドイター レースの裏面

 裏側のパッドの部分にある程度の固さがあるので、担いだ時に真ん中の黒い部分に風が通り抜けて涼しいです。また担ぐ所がメッシュになっているので涼しく、軽量化にも貢献しているようです。

 インプレですが腰の部分・胸の部分でベルトで固定するようになっているので、ベルトをちゃんと締めると担いでいると言うより体の上に乗ってると言う感じで、肩は全然痛くならなかったです。

自転車は状況によって服装が変わる為ベルトの長さがたびたび変わってしまいます、しかしレースはグッと引っ張るだけで簡単にベルトの長さを変える事が出来るので便利でした。

 背中の蒸れに関してですが全然蒸れないっと言う事はありません、モンベルのサイクールやドイターの背中の蒸れに特化した物には劣ると思います、しかし以前使ってた古いリュックに比べたら格段に良いので私は満足です。

 デジタル一眼レフに望遠レンズ(50-250mm)を取り付けた状態でも問題なく収納出来ました、その状態でも容量的にはまだまだ余力があります。

 以前使ってた古いリュックは二つしかポケットがなかったので不便でしたが、ドイターのレースは何個もポケットがあるので小分け出来て便利です。

 重量に関してですがかなり軽く感じます、同じ物を入れても前より300g軽くなってるので体への負担は小さいと思います、軽くなってるのでヒルクライムも有利でしょうが、フォトポタの時は速さは気にしないと思うのでその点に関してはどうでも良いですよね。

 このバックパックがオススメ!っと言いたい所ですが、重量はレースより軽い物があります(その場合背中の蒸れ防止機能が劣ります)、背中の蒸れ防止機能がレースより優れた物もあります(その場合重量が重くなります)

最軽量・最安値・大容量・蒸れ防止機能が最高と4拍子揃った商品はないようです、自分の用途や優先する事を選んで買うのが良いように感じます。

 しかしながら自転車用か否かっと言うのは大きいと思います、ウェアにしろ、バックパックにしろ自転車用の物は良く考えられて作られてます。

私のように自転車用以外のバックパックを使用している方は、自転車用バックパックの購入を検討する価値はあると思います。



|自転車ウェア・バッグ|08:30|comments(11)|trackbacks(0)|
コメント
自転車用の物は凄いと思います。

普段でもその威力を感じます。

走って帰ってきてもそのままの格好(真夏とかは着替えます)で生活しています。

バックパックと蒸れの関係は軽減出来ても、なくなることはないので分かった上で使うしかないですよね。

その代わり容量は選べますからね。
| まっくろくろすけ|
まっくろくろすけさんへ

ドイターは有名ですが想像以上に良かったです。
値段も普通のバックパックとそこまで差がないですし、もう少し早めに買えば良かったです。

背中の蒸れに関しては仕方がないですね、完全になくすならバックパックを担がないしかないでしょうね(・・;)
| kazu|
僕はモンベルのサイクールを使ってます。
サイクールは背中の蒸れには強いんですが、荷物がほとんど入りません。
地図とか小さめのデジカメくらいならいいですが、大きなカメラを使われる方は入らないかもしれませんね。
| ケン@ビアンキ|
ケン@ビアンキさんへ

容量が少ないと言う事はたぶんサイクール10の方ですよね?

記事中のKIKUさんと言う方がサイクール10でイチデジを入れて走ってるので、入る事は入ると思います(容量が少ないのでサイクール20にすれば良かったと言ってましたが)

私が購入したレースも10L、サイクール10Lなのでカタログ上の容量は一緒なんですけど、実際は何ともいえないですね(^^;)
| kazu|
自転車用のバックパックは兎に角身体にカチッと固定できる点や、ポケットの多さに便利さを感じてしまいますね^^
リクセンバックがあるからこの二つを組み合わせて使っていると、気が付くと自転車の重量云々を言える様な事が出来ないほどの荷物を持ち歩いて走っているようになっていますよ。
たまにこの荷物全部降ろして走れば峠のタイムも上がるだろうなぁと思う事もありますが、なかなか降ろして走る勇気がわきません(笑)
| KIKU|
KIKUさんへ

体へのフィット感が普通のバックパックとは全然違いますね、背中のファスナーがリュックを降ろさずに開け閉め出来るのでかなり便利です。

私もリクセンとバックパックの両方を使った事がありますが、普通のサドルバックだけで走ってる状態と比べると重かったです。

平地はまだしもヒルクライムは特に重く感じます、KIKUさんの場合は荷物が多いようなので、全部降ろせばヤビツで4〜5分は違うんじゃないでしょうか?
| kazu|
こんにちは!
私もRACE、使っています。小さい荷物を運ぶ時は本当に良い感じですよね。
SUPER BIKE(SL)も持っていますが、これは荷物を運ぶ用。フィット感はRACEの方が良いです。
ドイターのバックパックって、MILLET(ミレー)のバックパックなんかと同じく、背負ってるだけで気持ち良くありません?私だけかなぁσ(^^)
| ZZ|
おはようございます
私はジテツウもないし、カメラはコンデジなので今のところバックは必要ないです。基本的になるべく体一つで走りたいのでいつもはウエストポーチを使ってます。
一度、普通のリュックを背負ったことがありますが、背中の圧迫感と左右の揺れやズレなんかが気になって楽しくありませんでした。
ドイターは自転車用なので色々工夫されて、その辺も快適なんでしょうね。
価格的にも普通のリュックと同等か安いくらいなので必要になったら、これを買います。
| ヒロ|
ZZさんへ

レースは良いですね、容量は少なめですがフォトポタ位ならこれで問題ないです。

ミレーって言うのは使った事がないので何とも言えませんが(・・;)フィット感が良いから背負っていても気持ちよく走れるのかもしれませんね〜


ヒロさんへ

普通に走るならサドルバックで間に合いますからね。

自分の限界に挑戦するロングライドをしたり、輪行やフェリーを使う時はバックパックかリクセンカウルの巨大バックがあった方が安心ですけど。
| kazu|
やっぱり、ドイターはいいんだ〜
僕は以前、普通のリュックを背負った時、リュックの形に汗だくになりました(笑)
なので、基本的に自転車で荷物がある時は、ウエストバッグ又はショルダーバッグです。
でも、これらは使い勝手が悪いので、ドイター欲しいな〜
| めばる君|
めばる君さんへ

まだ夏に使ってないので何とも言えませんが、普通のリュックに比べると機能的で良いですね〜


背中の蒸れを考えるとウエストバックが良いのですが腰に負担がある、容量が小さいのが欠点ですね。

メッセンジャーバックみたいなのは使った事がないので比較は出来ないです(・・;)
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/484
トラックバック