自転車カテゴリー
↓ポチッお願いします にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
人気ブログランキングへ
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 【購入・インプレ】パールイズミのイヤーウォーマー | main | 玉島ハーバーアイランドへ写真サイクリング >>
自転車用チューブレスタイヤの構造とメリット、デメリット

スポンサーリンク



【記事本文はコチラから↓】

 前に何度かたーちゃんさんにコメントで「チューブレスタイヤが〜(以下略)」とコメントをいただいた事があるのですが、恥ずかしい事に私はチューブレスタイヤがどんな物か全然分りません。

一般的にロードバイク・クロスバイクで普及しているクリンチャータイヤは、みなさん知っての通りホイールにリムテープ+チューブ+タイヤを組み合わせたタイヤです。

チューブレスタイヤと言う位だからチューブがなくって、タイヤに直接空気を入れるみたいな感じだと思うのですが、詳しく知らないので簡単に調べてみました。

 まず構造ですがチューブレスタイヤ対応ホイールの場合は、空気が漏れないようにリムの裏側にあるスポークの穴を全部なくし、エアバルブはリムに直接取り付けられているそうです。

【チューブレスタイヤのメリット】

1.タイヤとチューブの内部摩擦抵抗が無くなるのでパワーロスが若干減る、なのでクリンチャータイヤに比べると走行感・漕ぎ出しが軽く感じるそうです。

2.チューブがなくなった分同じタイヤサイズでも空気の量がやや増える事になるので、乗り心地が若干良くなるそうです。

3.中にチューブがないのでリム打ちパンクがなくなる、またタイヤが補強されているので刺さる系のパンクでも、チューブのように一気に穴が広がらないのでしばらくは走行可能。

【チューブレスタイヤのデメリット】
1.チューブレス対応ホイールでしか使用出来ない、現状では対応ホイールは限られているので自分の気に行ったホイールがチューブレス対応ではない場合はあきらめる必要があります。

2.空気が漏れないようにピッチリさせる必要があるので、タイヤの脱着がクリンチャータイヤよりも困難、またタイヤを傷付けないようにする装着する必要があるので、普通のタイヤレバーは使用出来ないようです(専用タイヤレバーか手で脱着をするそうです)

3.タイヤとホイールの相性によってはエア漏れが発生する危険があるようで、クリンチャータイヤの場合はリムに傷があろうが、少し曲がって隙間が出来ようがチューブから空気が漏れる事はありませんが、チューブレスの場合は少しでも隙間があると使い物にならないようです。

 チューブレスタイヤでパンクした際はタイヤに直接パッチを貼る、またチューブレスタイヤはチューブを入れて使用する事も出来るので、クリンチャータイヤのようにチューブを入れて使用する等があるようです。

 簡単にまとめると走行性能を考えるとチューブレスタイヤの方が良い、しかしパンクした時の処置が大変と言う感じでしょうか。

【今後自分はどうするか】

 結論から先に言いますと現時点でチューブレスタイヤにする事はありません、クリンチャータイヤでも最後にタイヤをはめる所が硬くて苦労するのに、これ以上硬くなったら手に負えない気がします(この寒空の下で硬いタイヤを入れるのは肉体的にも、精神的にもきついと思います)

走行性能・漕ぎ出しの軽さに関しても今はそこまで興味がありません、フォトポタブームが続く限り速さや走行性能は2の次です。

私の性格は手堅いと言うか保守的な所があるので、走行性能の向上よりも確実にパンク修理が出来るクリンチャータイヤの安心感の方が大きいです、ロングライドで不安感を抱えながら走るなんてまっぴら御免です。

 それに現時点ではチューブレスタイヤ、チューブレス対応ホイール共に新しい分野でまだまだ発展途上と言う感じでしょう。

将来的には脱着がクリンチャー並みに簡単で、空気漏れが起こらないようなチューブレスタイヤ・ホイールが発売されるでしょう、そうなってからチューブレスにしても遅くはない気がしますね〜



|自転車のコラム|16:54|comments(6)|trackbacks(0)|
コメント
僕も乗り心地の良さには憧れますが、タイヤをはめる苦労を考えたらチューブレスの選択肢はいまのところありません。
聞けば、指紋が無くなったとかはめるのに1時間以上かかるとか…(汗)
やっぱり、クリンチャーですよ^^
でも、フルクラムRACING3(もしくはいきなりゼロ)の2wayも欲しいホイールのひとつですww
| めばる君|
おはようございます。

 チューブレス&クリンチャー兼用ホイールのメリットは、「リムテープが要らない」というのもあるようですよ。
 
 ホイール・・・・私の職場でキャノンデールのロードバイクで自転車通勤している人に聞いたのですが、「初めはアルテグラでも良いなぁ〜と思っていたんですが、いざ買うとなると、デュラエースという響きに負けてしまって・・・買っちゃいました」と言っていたのを聞いて、当初、アルテグラでも良いな〜と思っていた私もいざ買うとなると、デュラエースのC24のチューブレス&クリンチャー兼用のホイールがほしいなぁ〜と思い始めてきました。


それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
私も一時期チューブレスに心動きましたが、パンクしたときの対応が簡単なのはクリンチャーなのでいまは全く興味ありません。

それよかマビックのSRオールマイティーに使えていいみたいですよ。
お値段もよい値段ですがw
| まっくろくろすけ|
めばる君さんへ

うわ〜そんなに大変なんですか(・・;)チューブレスはあまりパンクしないそうですが、パンクしたらきついですね。

レーシング3はコストパフォーマンスが良いらしいので気になりますね。


たーちゃんさんへ

リムテープは数百円ですからメリットと言えるかどうか…むしろ穴をふさいでない方が重量面では有利な気もします。

たーちゃんさんはいつの間にかウイグルにハマってしまったようなので(笑)ウイグルならデュラエースでも安いので買ってみてはどうでしょうか。



まっくろくろすけさんへ

ロングライドでパンクしたら最悪ですよね、元々あまり興味がなかったですが、調べたらさらに興味がなくなりました(笑)

一回良いホイールに手をだすと、グレードダウンが難しいので次は5万前後の物にしようと思ってます(・・;)
| kazu|
こんにちは。

チューブレスに少し興味がありましたので、今回非常に良い参考になりました。
自分でこれだけの情報を集めるのは大変ですもんね(^^)

結論はやっぱり私もクリンチャー派になりました。
しんどいパンク修理を出先でするのは嫌ですから。

それでわ
| オカメーズ|
オカメーズさんへ

出先であまりパンクをした経験がない方は、走行感が良いチューブレスがいいと思うのかもしれませんね。

私は寒空や雨の中パンク修理した事があるので、慣れてるクリンチャーの方が良いですね。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/458
トラックバック