自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 玉野の宇野港へ写真サイクリング | main | ホイールの試乗が出来る >>
なぜ?2台目ロードバイクに乗り換え後疲れやすい…



 11月の中旬に2台目ロードバイク(スペシャライズドルーベSL3)に乗り換えてから、500キロ以上走りました。

どうも2台目ロードバイクに乗り換え後、以前に比べて走り終わった後の疲労感があると言うか…疲労が分散されたと言うか…

前に笠岡の海岸線沿いを走った時は風がきつかったせいかなと思ってましたが、玉野の行った後も疲れが残ったのでおそらく勘違いではないと思います。

 デジタル一眼レフカメラ購入と2台目ロードバイク納車が重なったので、ルーベSL3ではフォトポタ以外の実走はまともにしてません。

フォトポタメインにしてからの走行距離は60〜80キロ位です、今までならこの位の距離を走ってもここまで疲れが出る事はなかったのですが…

 以前は特に引き脚を意識してなかったのですが、アホみたいに3本ローラー台に乗ってるせいでしょう、走行後はハムストリング・尻に疲労感がありました、しかしあまり踏んでないのか太ももはほとんど疲れませんでした。

2台目ロードバイクに乗り換え後は若干太ももの疲労感がUP、ハムストリングは若干軽減、尻はケツカッチン状態(笑)次の日に筋肉痛になるほどです

何月号か忘れましたがファンライドでエキップアサダの監督が尻が痛くなるのは良いぺダリングが出来ている証拠と書いてました。

ちなみに尻が痛いとは、サドルが硬くて痛いと言う意味ではなく、尻の筋肉が痛いと言う意味なのであしからず。

 尻・ハムストリングに関しては良いとしても、太ももの疲労感が以前よりUPしてるのが気になります、踏み過ぎてアンクリングしてなければ良いのですが…

なぜ太ももの前側が以前より疲れるのか原因を考えてみる事にしました。

1.サドル前後位置が以前より前気味になり踏みが強くなっている
2.クランク長を2.5mm長くした事で以前よりトルク走法寄りになっている
3.イチデジを背負っているので速度減を無意識の内にカバーしようと踏んでいる

 2台目ロードバイクに乗り換えてフレームサイズが500mmから540mmになったので、本来ならステムで調整するべきなのですが、金の関係でステムを流用したのでポジションが合ってない感じがします(サドル前後も含めて全体的に合ってない気がします)

クランク長が2.5mm伸びても漕いでて変化は感じないのですが、hyhさんの記事を見た感じクランク長の数mmが与える影響は大きいようです、私が分ってないだけで体は正直に反応してるのかも!?

イチデジを背負って重量が増えた分、無意識の内にカバーしようと踏んでいると言うのも十分あり得る話で、仮に前と同じように漕いでるとしても重量が増えたので疲労が増す事はありえます。

 太ももの前側だけ痛くなって、逆に尻やハムストリングが痛くなくなったなら、完璧に踏むぺダリングになってる証拠ですから1.3が怪しいです。

しかし尻も痛くなってるって事は…クランク長が怪しいような気がしますね(^^;)クランク長は色々な説があるので何とも言えないようですが「たかが数mm、されど数mm」って感じでしょうか。

 とりあえずBGFITを受けてポジションを修正しないとまずいのですが、この先クリスマス・正月と金が掛かるイベントが多いので受けるのはいつになるのやら…




|乗り方.ルール&マナー|07:03|comments(16)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは。
疲労感が増加したのはフレーム(カーボン)のためではないですか?
アルミと比べて撓むためにパワーがダイレクトに伝わらず(本当は伝わっているけど)ワンテンポ遅れて伝わっている感があるために、それを解消するために、知らずの内に思いのほか力が入っているってのはないですか?
私はカーボンを知りませんけど、カーボンのイメージとしてそんな感じかなぁって勝手に思ってます。
知らん奴がいい加減なことを言うな!ってネ。
| ヒロ|
kazuさん、こんばんは。
>「たかが数mm、されど数mm」
この数mmで苦労しております(^^;
疲れはクランクが2.5mm長くなったことが影響していると思いますよ。私も今までなら一日中走っていられましたが今だと90分走ると非常に疲れます。5mmだけなんですけどね…

BGFITとかEVOFITとか受けてみたいですね。パーツ交換以上の効果があると思います。

| hyh|
おはようございます。
 
 クロスバイクからロードバイクに乗り換えたとき、かえって遅くなったり、あちこちが痛くなるのは、それまで使っていなかった筋肉を使うようになるからだと聞いたことがありますが、それと同じで、違うロードバイクに乗ると、そのサイズの違いから使っていない筋肉を使わなくてはならず、その結果、疲れるのかもしれません。
 いずれにせよ、“馴れ”がそれを解消してくれることかと思います。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
個人的には、アルミよりカーボンの方が楽に走れるというイメージがあるので、kazuさんの症状は???です。
でも、記事の中の分析を見てみると、クランク長とデジイチの2つかな〜という気がします。
荷物を背負うことにより体が立ち、でもクランクが長いので踏み込むペダリングになっているとか…
いずれにせよ、すぐ慣れると思います^^
| めばる君|
おはようございます

デジイチを背負っているからなのでは?
たかが輪行袋なんですが、バックパックに入れるだけで、
疲れますよね。
て言うか、自分は疲れました(^^ゞ

背負っていなくてもなるなら、フレームの
ジオメトリーの違いか、固さの違いか?

単に、以前よりもペースが上がっているからなんでは?って言うことだったりしてね(^^ゞ

早くBGFitでチェックしたくなりますね。
| Siru|
ヒロさんへ

カーボンで疲労軽減ならまだしも、増加って話はあまり聞きませんから素材が原因と言う可能性は低いように思います。

でもアルミに比べるとレスポンスは悪くなってるでしょうから、絶対無いとは言えないですね〜


hyhさんへ

クランク長の5mm差は大きいでしょうね、一気に伸ばすのは不安だったので2.5mmに留めといて正解でした。

違いが分からない男と思ってましたが、体はちゃんと違いが分かっているようです(笑)

パーツ交換に行きがちですが、正しいポジションで漕ぐ方が効果は大きいでしょうね。



たーちゃんさんへ

慣れもありそうな気はしますね、ポジションが合ってない状態で慣れてしまうと変な癖が付きそうなので少し心配です。

後1〜2ヶ月経っても改善されないようなら別の原因がありそうですね。


めばる君さんへ

カーボンは衝撃吸収性が良く疲労が軽減すると言いますから、素材のせいではないと思います。

めばる君さんが書かれている通りのような気がしますね、デジイチを背負う事による影響は少なからずあるでしょうし、クランク長の差で使う筋肉が微妙に変わったのかもしれません。


Siruさんへ

デジイチ背負ってるとたしかに重いですね、特に登りがきつく感じます。

背負わずに実走すれば良いのでしょうが、写真はどうしても撮りたいんですよね(・・;)

以前ならこの距離ならアベ28キロ前後で走れてたので、ペースはかなり落ちてると思います。
| kazu|
コメントが遅れちゃったような形になりますが1、3の原因もあるでしょうね。
hyhさんがかかれているようにクランク長が変わったからだと思います。
たった2.5mmですが違いがありますよ。
ちなみに165mmのアンカーが乗りやすいのはクランク長が短いと言うことも影響していると思います。
170mmのママヤマに乗るとクランク長が違うからいろんなことが感じ取れます。
クランク長が短いと回しやすい、力が幾分いらない、身体に優しいでしょうかね?私はそう思います。
| まっくろくろすけ|
まっくろくろすけさんへ
一つだけではなく色々な要素が絡んでるので原因追究が難しいですね(・・;)

クランク長が短い方が回しやすいらしく、長くなった分今まであまり使わなかった筋肉も総動員されてるのかもしれませんね。

まっくろくろすけさんもクランク長が172.5になるみたいなので、今後どういう変化が出るか気になります。
| kazu|
確かに、Kazuさんが仰るように
いろいろな要素の集まりが要因だと自分も思う。
以前と比較して、アンバランスになっているのでしょう。クランクの長さは、まっくろくろすけさんが書かれているように短い=回す傾向、長い=力傾向が特徴のようですね。フレームが→大きくなった。
クランクが→長くなった。背中に負荷(笑)
単純に想像しただけでも、今までの乗り方では、重心がずれてしまうのかもしれませんね。
その為、無意識のうちに重心のズレをカバーするように漕いでいるのかもしれません。それが、→疲れやすいになっているのかも〜〜。
| MOW|
MOWさんへ

そうなんですよね〜思い当たる節が多すぎます(・・;)

ポジションはBGFITで修正するとして、クランク長に関しては伸ばしたと言っても身長から考えるとまだまだ短いので現状維持、背中の負荷は今後増える可能性大です(笑)
| kazu|
おいらはTIMEでも170mmですよ。
| まっくろくろすけ|
まっくろくろすけさんへ
あれ?クランク長を伸ばすって言ってたような気がしたのですが(・・;)勘違いしてました
| kazu|
疲れやすいですか・・
一代目と二代目のロードではポジションが違っているのでしょうが、BGFITを受けてもそれが一代目と同じポジションとは考えづらく、結果BGFITを受けても最初は疲れやすく感じるかもしれませんよね。
なれ?のような物で、ポジション変化に伴う筋肉バランスの乱れ?でしょうかねぇ
素人考えだと時間が解決するのかな?なんて思っちゃったりもしています。
| KIKU|
KIKUさんへ

なるほど〜たしかにそう言われるとそうですね、BGFIT受けたらすぐに解決ってわけでもなさそうですね。
BGFITを受ければポジションに関しては安心して走れますからね、自分でやっても良いのですが安心感をお金で買うみたいな感じでしょうか。
| kazu|
はじめまして。
私も二台目(アルミ→カーボン)にてデジイチを背負い走ってます。
kazuさんと同じように悩んでいましたが
サドルの位置を数mm調整することにより解消しました。

 前腿が痛い →サドルを後に引く
 後腿が痛い →サドルを前に出す
 膝の後が痛い→サドルを下げる
 膝前が痛い →サドルを上げる
 外側が痛い →つま先が外を向く気味にセットする
 基本的にサドルを引くと、4頭筋の負担が減り、ハムの負担が増えます。前に出すと逆です。

数mm単位でかなり変わりますので試行錯誤して調整してみてください。
| kahana|
kahanaさんへ

はじめまして、あれ?以前一度コメントをいただいた気がしますが…


サドル前後で太股とハムの使う量が変化するのは知ってましたが、高さで膝のどこが痛くなるか変わるんですね〜

ローラーで漕いだ感じ、これが怪しい…と言う箇所が見つかったので、こんど記事で書きますね。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/446
トラックバック