自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 二台目ロードバイクの組み立て行程をプロショップのサイトで取り上げられた? | main | 久しぶりにクロスバイクに乗り、ロードバイクとの違いが実感出来た >>
ピナレロFP1とお別れ



 2代目ロードバイク(スペシャライズドルーベSL3)のフレーム及びコンポが到着したので、パーツ流用の為にピナレロFP1をお店に持って行きました、約1週間後には組み立てが終わるようです。

乗り始めた頃は最高だと思ってましたが、しばらく乗ってる内に色々と不満点が出て乗り替えを決意、もうすぐスペシャライズドルーベSL3に乗れると思うとウキウキしてました。

 ホイール、ハンドル、サドル、ステム等のパーツは2台目ロードバイクに流用するし、残ったフレーム及びコンポの買い手も見つかっています。

しかしいざピナレロFP1を手放すとなると、まだまだ乗れたのにもったいなかったかな…と言う気持ちが出てきました。

私はあまり物には愛着を感じない方なのですが、ピナレロFP1をお店へ持って行く時はとても寂しさを感じました。

納車時のピナレロFP1

 去年の2月に購入してお店に持って行くまでの約9ヶ月で、累計走行距離6244.7キロ(内ローラー台2251.5キロ)走り、色々な場所へ行きました。

クロスバイクに乗っていた頃はどこかへ行く事を目的としていましたが、ロードバイクに乗り換えてからは走りがとても軽快になり、自転車を漕ぐ事自体が楽しくなりました。

それにクロスバイクの頃は途中に山があれば遠回りになってでも迂回してましたが、ピナレロFP1に乗り換えてからはヒルクライムがとても楽しくなりました。

一番最後にピナレロFP1をアップで撮った写真

 当時はロードバイクに関する知識がほとんどなく、お店で見た時にビビッと来て一目惚れして購入したピナレロFP1でしたが、今思えばこれにして良かったなっと思います。

ロードバイクとはどう言った物なのか教えてくれた、ヒルクライムの楽しさを教えてくれた、純粋に自転車を漕ぐ楽しみを教えてくれた。

さよなら、そしてありがとうピナレロFP1、おまえの事は一生忘れないよ!



|My自転車|00:15|comments(18)|trackbacks(0)|
コメント
kazuさんにそんな風に言われて、ピナレロFP1君は幸せですね!きっと次のオーナーにも可愛がってもらえるでしょう。
そして、kazuさんの自転車に対する優しさが伝わる、とてもよい記事でした!ジーンときましたよ‥。
| ケント|
ついに私の兄弟車ともお別れですね。
色々な所に連れて行ってもらえたピナレロくんは幸せでしたよきっと。
我がピナレロくんはまだまだ私と暮らしていきます。
KAZUさんの分まで可愛がっておきます。
新しいスペシャくんによろしく。

| ヒロ|
こんにちは〜☆
いよいよルーベに移行ですね。
私もですが、完組の機種だと一台丸々その機種って感じで愛着も沸くように思います。
自分でアッセンブルしたり、色々と選んでだとただ、フレームがそれを選んだ、次のはこのフレームって感じなのかなとも思いました。
FP1とほぼ同時期に買った2.1はまだその時期というか私自身が不足に思えない(不足なのは私自身)なので、もうしばらくは予定にありません。
5000劼阿蕕い妊灰鵐歉紊欧燭い韻鼻⇒菁度のNEWモデルの値段を見てると新しいのを丸々買った方がいいのかもとか思えてきますね。
| ZZ|
こんにちは。

なんだかジ〜ンとする表題と記事でしたね。
多くの時間と楽しさ、苦しさを共有したFP1との別れがつらいのは当たり前ですよね。
私もいずれそんな時が来るのでしょうが、どんな気分になるのでしょう。

でも、ルーベとはもっと楽しい時間が過ごせると思うので、これからも楽しみですね。

それでわ
| オカメーズ|
愛着のあるバイクを手離す時って寂しいですね。

私は運よくママヤマを手元に置くこととなるはずです。

最近特に愛着がわいてきていろんな事を思います。
ニューバイクはもうそこですねー
悲しみ少し、楽しみ多くでありたいですね。
| まっくろくろすけ|
ケントさんへ

距離的にはまだまだ走れるので、次のオーナーさんには可愛がってもらいたいですね。

苦楽を共に過ごした愛車だからこそ生まれてくる心境かもしれません、ケントさんもR3.1からロードに乗り換える時は同じ心境になるかもしれませんね…



ヒロさんへ

自転車ブロガーが少ない岡山で同じ時期に、同じ店で、同じモデルを購入したと言うのはすごい事ですよね。

エントリークラスとは思えないスペックの高さですから、不満が出てこない限りずっと乗れますよ。

スぺシャ君に乗り換えた後に、ヒロさんの記事を見ると懐かしい気持ちになれるかもしれませんね。
| kazu|
ZZさんへ

たしかにフレームセットからの組み立てに比べると、完成車の方が一台丸々その機種って感じがしますね。

不満が出てないなら買い換える必要はないと思いますし、私のようにフレームの剛性不足の場合は仕方ないですが、それ以外の部分なら改造して済ませた方が良いと思います。


オカメーズさんへ

フレームの性能を考えると寿命はありますから、いつかは乗り換える必要がありますよね。

オカメーズさんも将来乗り換える時は私と同じような心境になるかもしれません。

ルーベは定期的にオーバーホールを行い長年乗る予定にしてます、納車されるのが楽しみです。
| kazu|
まっくろくろすけさんへ

ママヤマを手元に置いておけるのが羨ましいです。

ロードバイクに乗り換える時、クロスバイクは手元に置いておく事が出来たので今回のような心境にはなりませんでした。

まっくろくろすけんさんの場合はママヤマよりもF9の方が走行距離・乗った日が多いでしょうから、そちらを手放す時は寂しい気持ちになるかもしれませんね。
| kazu|
こんばんは〜
 
 何でも始めてのものは思い入れが深くなりますよね。
 たとえば、仕事で初めて赴任した職場も、転勤するときには思い入れが深くてじ〜んとくるものがありました。
 
 なにわともあれ、FP1君もちゃんと買い手が見つかって、第二の人生(自生)を送ることができるのが良いですね〜
 フィッツ君は、乗り潰すまでこき使うのですが、やはり手放すときは涙が出てしまうかもしれません。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

たしかに初のロードバイクと言うのがミソかもしれませんね。

ジテツウオンリーでしか使わないとなるとフィッツ君の距離も伸び悩むでしょうから、乗り潰す頃には付き合いが長くなる分感慨深いものがあるかもしれませんね。
| kazu|
いよいよお別れしましたか・・・
愛着のある道具を手放すのはとてもさびしい事ですが、
やはり、「進化」を求めるのは男の本能ですよ。。
身体的にも進化しているのですから、いつまでも
入門バイクでは満足出来ませんからね・・・・
スペシャルーべでのご活躍を楽しみにしてますよ(^^)/
| ユッキン|
ユッキンさんへ

愛着がありましたが、泣く泣くお別れです。

レースに出るわけではありませんが、やはりある程度の速さは求めてしまいますね、男の性ってやつでしょう。

乗り始めに比べるとかなり速く走れるようになりましたが、二代目ロードなら不満なく乗れると思います。
| kazu|
いつか私も経験する事なのかもしれませんが、なんだか人の結婚式に出て我が娘の事を考えてセンチになってるおじさんのようです(涙)
しかし私には娘がいないので・・・・(爆)
女房と畳と自転車は新しい法がいいですかね??
| KIKU|
アンカーは乗りやすく、ジテツウと言う移動手段に使っているので差ほど愛着はないです。

逆にママヤマはいろいろ手を加えたり試行錯誤しているわけです。

さらに300kmライドもともにしていて、じゃじゃ馬みたいなバイクでなかなか言うことを聞いてくれなかったが最近何となく乗りこなせるようになったりと…

こいつがじゃじゃ馬でなくなったとき、次はクロモリでしょうね!

その時本当のサヨナラだと思います。
| まっくろくろすけ|
ものには愛着を感じないと公言されていた kazuさんでも、そういう心境になるんですね。

僕がロードを買うのは、まだ先ですし、みゅあうっず号は通勤用として残す予定ですが、いつか、お別れの日がきたら、目頭が熱くなりそうです?
| muirwoods|
KIKUさんへ

娘さんがいないのなら自転車でセンチな気持ちになりましょう(笑)

女房と畳と自転車は少し古いくらいの方が味があって良いのではないでしょうか(笑)

自転車に関しては今回の事で少し考えた方変わりましたね、今後は同じ物を長く乗るようにしたいです。
| kazu|
まっくろくろすけさんへ

あ〜言われてみるとそうですね、私も学生の頃に何年も乗っていたママチャリを捨てる時には特に何も感じませんでしたから。

新しいロードが来たらママヤマに乗る頻度がどうしても減ると思います、そう考えるといつかは処分する事になるでしょうね。

クロモリは興味津々です、早くMOWさんが買わないかな〜っと思ってます(笑)
| kazu|
muirwoodsさんへ

他のモノと違って長い時間乗って、苦楽を共にしたからこそ生まれてくる心境かもしれませんね。

クロスバイクを残しておけるなら大丈夫でしょうが、いつかは処分する日が来ると思います、その時は悲しい気持ちになるでしょうね。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/421
トラックバック