自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 神道山TT | main | 負荷調整機能付き3本ローラーが欲しい! >>
ロングライドの時に疲れが出てくる距離



 私はあまりロングライドに行きませんが、ロングライドに行かない最大の理由は後半疲れが出て最後まで楽しく走れないからです。

遠い場所へ行くなら車積か輪行を使って走行距離を短縮すれば最後まで楽しくはしれるわけですから、わざわざ自走する必要はないと考えます。

都会の方は渋滞するし駐車場探しも大変、また電車も混むから車積や輪行は難しいのでしょうが田舎の方なら空いてるので余裕です。

 ヒルクライムで筋肉の乳酸地獄になったり、平地や登りで心拍数80%以上でゼエゼエ言いながら走るのは苦にならないどころか、ある種の快楽すら感じます(笑)

しかしロングライド時の疲労蓄積による腕のだるさ、膝や尻の痛み、肩や首の疲れ等にはまったく快感を感じません。

 クロスバイク(フルアルミ)の頃は80〜90キロ、ロードバイク(アルミ+カーボン)の場合は120〜130キロを超えた辺りから局部的な痛みが出てきます。

これ以下の距離であれば最後まで楽しく走れますが、それ以上の距離は疲れとの戦いで楽しく走る事が出来ません。

 しかしたーちゃんさんのように300キロ以上走る方もいれば、めばる君さんのように毎週ロングライドに行く方もいます、それに他のブロガーさんで一日で600キロ走った記事も見た事があります。

 ここで質問ですが皆様はロングライドの時はどの位の距離から疲れが出ますか?

体力、ペース配分、慣れの問題で毎週のようにロングライドへ行っていれば、200キロ以上でも全く疲れる事なく最後まで楽に走れるものなのでしょうか?

クロモリ、フルカーボンのように衝撃吸収性の良い素材ならロングライドでも疲れないのでしょうか?

それともロングライドはあの疲れこそが最大の醍醐味なんだよ、と言うドMな方ばかりなんでしょうか(笑)

 ルート、気温、体調によって差はあると思いますが、何回も長距離を走ってる方なら、何キロ超えた辺りから疲れが出てくるか把握してると思います。

ふと疑問に思ったので色々と教えていただければ助かります。



|自転車のコラム|04:09|comments(8)|trackbacks(0)|
コメント
おはようございます。

 今回の300kmライドでも、前回のビワイチでもそうですが、疲れそのものは100kmを過ぎたくらいで出てきますが、走っているうちに“麻痺”するんですね。
 今回も150kmくらいで、太ももの筋肉が筋肉痛になったのですが、200kmくらいになると消えていました。
 また、250kmくらいから、右のふくらはぎが痛くなりましたが、それは300kmの時点(もうちょっとでゴールというところで)消えました。
 達人のロングライドは、これらの痛みを耐えて・・というわけではなく、苦痛の箇所を分散させることで回復させながら走り続けるそうです。
 ロングライドの疲れは、平地ならずっと走り続けることがでてきますが、ロングライド中にヒルクライムが出現するとかなり堪えます。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

たーちゃんさんでも100キロ走れば疲れは出てくるんですね、クロスバイクだと持つ所が変えれないから尚更きついですね。

走ってるうちに麻痺しているのではなく、走りながら回復するテクニックをすでに身に付けているのでは!?

ヒルクライムで漕ぎながら回復する方法は知ってましたが、ロングライドでも回復する走法があるのは知りませんでした、奥が深いですね〜
| kazu|
私は150kmぐらいから疲労感がでてきます。
その疲労感は回復することなく蓄積されていく感じがしますが、休憩を挟むことである程度回復しているように思えます。
本当の意味で楽しく適度の疲労感を伴う達成感は200kmぐらいが妥当であり限界かも?と思っていますが、やはり距離は麻酔のようになっていますね。達成感も200kmを越えると個人的にはかなりありますが、これも何時かは慣れてしまうのかもしれませんね。
先日の富士イチのときはお尻の皮が剥けて未だに治っていません。でもこれも繰り返し剥ければいつかお尻の皮膚も強くなっていくのでしょうかね?
| KIKU|
KIKUさんへ

エスケープR2もピナレロFP1と同じアルミ+カーボンですよね、それなのに150キロまでは疲労が出てこないわけですか(^^;)この20〜30キロの差は何なんですかね…

休憩を挟んでも焼け石に水と言う感じで、10キロも走ればまた痛くなってきますからね…

ロングライドに達成感を感じれないと楽しむのは厳しいかもしれませんね、初めて走った時は嬉しいでしょうが2回目以降は感動も薄れてきそうですね。

お尻の皮は何回もむけば、皮膚はどんどん強くなって行くと思います、でもその前にサドルを交換した方が良い気もしますが。

| kazu|
2代目バイク決定おめでとうございます。
スペシャのルーべですか。
カッコいい色合いのバイクですね。
また、走りも軽くなって、いつもの坂で簡単にベストラップが出そうな気がします^^
あっ。スペシャなら僕とお揃いでSAXO BANKジャージなどいかがww
なんにせよ楽しみですね〜♪

で、ロングライドの話ですが、
以前は、サドルとお尻が擦れて100kmを超えるロングライドの後半が苦痛でしたが、最近はサドルがあっているのかお尻がほとんど痛くなりません。
唯一痛いかなと思うのは手のひらでして…
ただここも、我慢できない痛みではないのでそんなに気にならないので大丈夫です。
結局、ロングライドで辛いのは疲れで足が回らなくなることでしょうか。
後、200kmを越えると腰も張ってくるかな…
でも、この足の疲れこそがロングライドの醍醐味でして^^v
なんか、俺頑張っちゃてるなみたいに感じて、辛いですが楽しく走れます。
あと、ブログのネタ作りってのも大きな理由かもww

さすがに200km超えると辛くて泣きそうになりますが…


ということで、微妙な「どM」ってとこですねww
| めばる君|
めばる君さんへ

2台目ロードを購入する事を見越してヒルクライム、平地で地道にタイムを取ってますからね、劇的にタイムが変われば嬉しいのですが、ホイールが足を引っ張るのでどうかなっと言う気もします。

サクソバンクのジャージはカッコ良いので欲しいですね、ジャージで思いだしましたが、現在持ってるピナレロジャージ…どうするかな(^^;)

現在は足が疲れる位なんですね、上半身が痛くなったりだるくならないのは何でなのかな?ハンドルを持つ位置をこまめに変えてるからでしょうね?

足はペースを抑えれば何とかなりそうですが、上半身の痛みやだるさばかりはどうしようもない気がします。

たしかにブログのネタと言うのはありますね、やっぱりブログを書いてるかどうかは大きいと思います。

毎週ロングライドに行ってるわけですからドMと言っても過言ではないですね(笑)
| kazu|
基本的に140KM以上走ってないので解りません・・が、その範囲内で言うと90KMくらいから尻の痛みが耐えられなくなり120KMを超えると、ある程度麻痺してきます。手の平側の手首に近い部分が痛くなるのは70KM辺りです。姿勢が崩れてきて手に体重が乗っているからなんでしょうね。
| ヒロ|
ヒロさんへ

ハンドルに体重を掛けすぎてるから上半身がだるくなるんでしょうね。

ハンドルは軽く握って、こまめに持つ位置を変えた方が良いのは知ってますがなかなか難しいですね。

手のひらや尻は痛くならないのですが、腕がだるくなってくるのを何とかしたいですね。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/328
トラックバック