自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自分でリアディレイラー調整+3本ローラー台でLSD | main | 秋・冬の自転車ウェアは何を着て走る!? >>
鷲羽山スカイライン、種松山ダブルヒルクライム



 この週末はシマノ鈴鹿ロードレース、全日本マウンテンサイクリングin乗鞍があるそうで、それにちなんで今日はヒルクライムに行く事にしました。

起きた時間が遅く暑さを考えると遠くへ行くのは厳しいと思いロードバイク(ピナレロFP1)で近場の鷲羽山スカイライン、種松山へ行ってきました。

鷲羽山スカイライン スタート地点

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍のチャンピオンクラスの選手は、20.5キロ延々と続く登り坂をケイデンス70〜80回転、回転型の人になると90〜100回転以上を保ち登って行くそうです。

なので今日はケイデンスを落とさないように意識しながら走りました(私は一漕ぎ一漕ぎ踏みしめながら登るので50〜60回転以下はザラです)

ゴール地点 鷲羽山ハイランド

鷲羽山スカイライン 距離16.2キロ、獲得標高382

走行時間 43分44秒
平均速度 22.3キロ 平均ケイデンス 74回転
平均心拍 159Bpm(約73%)
最大心拍 173pm(約83%)

前回の50分7秒から一気に6分以上短縮、平均ケイデンスは9回転上がりました、やはりある程度高めのケイデンスを維持して走った方が速いですね。

種松山 スタート地点

こちらの方もケイデンスを落とさないように意識しながら走りましたが、疲れからか心拍数が上がってきつく感じました。

ゴール地点 山頂公園

種松山 標高258.4m 距離4.3キロ

走行時間 17分42秒
平均速度 14.3キロ 平均ケイデンス 64回転
平均心拍 173Bpm(約83%)
最大心拍 186Bpm(約92%)

タイムとしてはやや遅いと言う感じで、自己ベストと比べると1分30秒以上差があります。

ケイデンスを落とさないように意識するも頑張り切れず、ゴール前のスプリントも追い込めずと言う感じでした(^^;)

 ダブルヒルクライム後に以前からやってみたかったSFRを実施してみました(登り坂を重いギアで40回転以下を保ってシッティングで漕ぐ、ダンシングや上半身の力は使わないようにする)

1分×3本実施、使用ギア52×19T、勾配はガーミンエッジ705実測で7〜9%でした。

平均ケイデンス32回転
平均速度8.7キロ
平均心拍159Bpm(約73%)

 SFRは3本ローラー台で52×12Tを使用し数回実施したのですが、本物の坂はローラー台と比べると負荷が高いです「重てえ〜なんじゃこら〜(゚ロ゚;)」って感じでした。

実戦的な筋トレの意味が分りました、疲れ具合からしてプロテインでもカバー出来そうにありません、明日は筋肉痛になりそうな予感…

 この練習をする場合、坂の距離はあまり必要ないので山まで行かなくても近所の坂で出来ると思います。

速度が出ないので公道でも安全に行えます、むしろママチャリに抜かれて恥ずかしい思いをするかも(^^;)

52×19Tの場合ギア比が2.74なので、クロスバイクの方は48×18Tで漕げば、ギア比が2.67なので良い感じで漕げると思います(勾配や足の筋力によって適性ギアは違ってきますが)

 暑さのせいか最近は山や峠を避けがちでしたが、これからは積極的にヒルクライムをコース上に取り入れるようにしたいと思います。

走行時間 2時間20分
走行距離 53.4キロ
平均速度 22.8キロ
最高速度 62.8キロ
獲得標高 821m
消費カロリー 1860cal
平均心拍 152Bpm(約69%)
最大心拍 187pm(約92%)
平均ケイデンス 74回転




|ヒルクライム・TT|05:06|comments(4)|trackbacks(0)|
コメント
この暑い日中にトレーニングですか!? いや〜まねできませんね!!
勾配7〜9%でトレーニングはきつそうですねぇ〜
48-18Tじゃシッティングじゃ無理です。迷わずダンシングですよ!!
| KIKU|
KIKUさんへ

トレーニングと言っても一通り走り切った後、ちょこっとやっただけですよ、思いの他足にはきましたけど(^^;)

勾配がゆるかったり、脚力がある人はもっと重いギアにしないと効果が出ませんからね〜

1分だけなのでシッティングでも意外と漕げると思いますよ。
| kazu|
こんにちは、まえきちです。

鷲羽・種松山ダブルで制覇とはスゴイ!
しかも早いし!!

前からダブル行こう行こうと走る前は思っていながら
ひとつこなすとヘタレてもういっちょとはいきません。
| まえきち|
まえきちさんへ

一つの山を登って、すぐに別の山を登るのはきついですが、ゴールの鷲羽山ハイラインドから種松山までは15キロ以上離れてるのでその間に体力を回復出来ます。

ヒルクライム大会で上位を目指す人は、一つの山を登って下ってを何本もやるそうですが(^^;)

 私はトリプルまで行った事がありますが、行ってみれば意外と何とかなるもんですよ。

まえきちさんは1日で200キロ走ったレベルの方ですから、走り切れないと言う事はないと思います。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/309
トラックバック