自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ウォームアップとクールダウンの重要性 | main | 自転車競技の目標設定方法 >>
巻き脚を意識してるつもりが、引き脚も使ってる?



 エキップアサダ監督の浅田顕さんによると引き足には 「モモを上げるようにする引き脚」、「靴の裏のガムを地面でこすり落とすイメージで行う巻き脚」の2種類があるそうです。

一般的に踏み過ぎるとスクワットをした後のような感じで太腿の前側が痛くなります。

引き脚の場合は足の付け根の筋肉を使って引き上げられるのでココが痛くなります。

巻き脚の場合は太腿の裏側(ハムストリング)、お尻の筋肉(大殿筋)が痛くなります。

 浅田顕さんによると良いぺダリングが出来た時はお尻の筋肉が痛くなるそうです。

大殿筋は足周りの筋肉の中では一番大きくパワーがあり、持久力もあるのでロードレースの速い人はココが発達しているそうです。

これはツール・ド・フランスに出るようなプロ選手を見れば分ります、彼らは足がほっそりしているのに一旦走りだすとすごいスピードで走ります。

 平地では巻き脚を使うらしいので、3本ローラー台では巻き脚を意識して漕ぐようにしています。

52×12Tで10分漕ぐ高負荷トレーニングの際、何も意識せずに漕いだ時はアベレージ47.8キロ、巻き脚を意識して漕いだ時は51.1キロ、平均速度にして3.3キロ差が出ました。

しかも巻き脚を意識して漕いだ次の日はお尻の筋肉が痛くなりました、つまり良いぺダリングが出来た事になります。

しかし尻の筋肉が痛かったのは利き脚の右足の方だけです、この事から左足は上手く巻き脚が出来てない可能性があります。

 今週は帰る時間が遅い勤務なので近所迷惑を考えて騒音が出ないように、30~40キロ位の速度で巻き脚を意識して漕いでます。

終わってローラー台から降りると「あれ?なぜか足の付け根の筋肉も少し痛い…」と言う事に気付きました、巻き脚を意識して漕いでるだけですが、自然と引き脚も使えてるのかな?

本来のぺダリングは踏む→巻き脚→引き脚→前方に蹴り出すの4サイクルと聞いたので、巻き脚だけじゃなく、引き脚も使えてるに越した事はないのかな?

 正しいのかどうか良く分りませんが(^^;)とりあえずは練習するしかないですね〜



|トレーニング理論.練習法|00:38|comments(12)|trackbacks(0)|
コメント
私は・・・・我流ですが土をけり上げる牛をイメージして足を引き上げています。本もろくに読まずジテ通のなかの会社に着くまでの暇つぶし的に遊びでやっているペダリングですが、何となく良いような気がして・・・
でもやっぱちゃんと勉強してやらないと駄目なのでしょうねぇ。ただ偶然でしょうがお尻が痛くなる時があって・・・・・・
駄目ですよね。 ぽち
| KIKU|
KIKUさんへ

土をけり上げる牛をイメージ=巻き脚になると思います。

巻き脚でお尻が痛くなっていると言う事は良いぺダリングが出来ている証拠だと思いますよ、なので今のイメージで継続して練習すれば良いとおもいます。

スポーツバイクは速く走る事が目的ではないので、自分の好きなようにやれば良いと思います、趣味なんですから楽しんでやらないと。
| kazu|
たしかに引き脚を意識して漕いだときは腿の付け根が痛くなりました。
その時はkazuさんと同じく右だけでした。
無意識のうちに右足優先としているのでしょうね。
両足が均等に使えるようにしたいです。
また、私の場合4サイクルの「前方に蹴りだす」時が一番楽にパワーを出せる(疲れず)気がします。
踏み込みは体がかってにやるのでまったく意識してませんが後の3つをしっかり意識してペダリングをしてます。逆に意識しすぎてギクシャクしてしまいますので、まずはここをスムーズにしたいところです。
| ヒロ|
巻き足か〜
引き足とは違うんですよね。
そういえば、お尻の筋肉痛ってのは経験意識したことないや(汗)
今度から、平地ライドの時は意識して走ります^^
| めばる君|
私がkazuさんに偉そうに書けるほどの力量はありませんが、1つ1つクリアして最後に点と点をつなぎ合わせ線にする=ペダリング1回転になると思います。

引き足でもハム、だいでんきんは痛くなると思います。

巻き足でもひふく筋を動員していると思います。

確かにふくらはぎ周辺の筋肉は必要以上に使わないのだと思います。
私が以前はふくらはぎのこと書いていた時はその周辺が痛かったが今はならないので少しはましなペダリングが出来ているのかもしれません。

巻き足のみ練習したいのであれば、シューズを柔らかい素材のサンダルに履き替えて漕ぐとかなり意識した巻き足の習得が可能だと思います。フラペはフラペで違った観点からアプローチ出来ると思いますが

参考になれば良いのですがw
| まっくろくろすけ|
「funride」の8月号、私も買いました。
ずーっと引き脚だと思っていた動作が、実は巻き脚と初めて知ったバリバリの初心者です(汗)
私もおしりの筋肉が使えるようになってみたいなぁ。
| ケント|
ヒロさんへ

どちらかの足に偏ってしまいがちですよね、私も左右均等で漕げるようにしたいです。

今の所は踏み足、蹴り出しは意識してないですね、とりあえずは巻き脚と引き脚を重視しようと思います。

色々と意識すると逆によくないので一つずつマスターしていくのが良いでしょうね。
| kazu|
めばる君さんへ

あれだけロングライドをこなしてるわけですから、特に意識しなくても良いペダリングが自然に出来てるんじゃないでしょうか。

どのスポーツでも同じですが色々と試行錯誤してる時は楽しいですね、今度近場を走るときは色々と試してみてください。
| kazu|
まっくろくろすけさんへ
そうですよね、引き脚や巻き脚のみで漕ぐわけではないので踏み足等、一つずつ覚えていって綺麗なペダリングを身につけたいですね。

巻き脚でも脚の付け根の筋肉は使うんですね、それなら特に問題なさそうですね。

ふくらはぎが痛くなる事は一度もないですね、プロ選手を見る限りロードであの筋肉を使う事は少ないんだと思います。

フラペの練習は足をこねる引き足を身に付けてしまう可能性があるので注意した方がよいそうです、巻き脚を意識すると足をこねる人が多いらしいですよ。
| kazu|
ケントさんへ

あの人は便宜上、引き足を二種類に分けているだけで、他の本ではまとめて引き足と紹介されてます。

巻き脚のあの人が作った言葉なので知らなくて当然だと思いますよ。

記事にあるように尻の筋肉は大きいので疲れにくいです、なので筋肉痛にするのは大変ですよ(^^;)
| kazu|
こんばんは〜

 ペダリングを言葉で表現するのは難しいのですが、私の場合、踏み足は足をやや前に突き出してから一気に踏み込む感じであり、引き足は、そのままももを上に上げるようにして引き上げる感じでしています。
 残念ながら、お尻の筋肉が筋肉痛になっていないので、ただしいペダリングができていないということですね。
 私は太ももの外側の筋肉が痛くなります。
 はやくお尻の筋肉が痛くなるようなペダリングをしたいと思います。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

前に突き出して踏むと言うのは私が記事内で書いてる、蹴り出すと同じニュアンスだと思います。

腿の外側は痛くなった経験がないので何とも言えません(^^;)

腿を上げる引き脚で尻を筋肉痛にさせるのは難しいですよ、巻き脚を使ってガンガン漕げば痛くなるでしょうが。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/276
トラックバック