自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 3本ローラーのローラー直径の大きさで何が変わる? | main | レーパンにもハイエンドモデルがある >>
年間走行距離は速さに直結する



8月号のサイクルスポーツにジロ・デ・イタリア第5ステージ3位、ツール・ド・フランス第11ステージ6位の新城幸也選手の走行距離が載ってました。

1月1日〜6月29日までで1万8756キロです、半年でこのペースですから年間3万キロ以上は余裕でしょう。

 プロ選手や実業団クラスまで来ると、練習量・質だけでなく生まれ持った才能も関係してくると思います。

アマチュアレベルの場合は年齢・運動歴・練習の質もある程度は関係あると思いますが「年間走行距離が多い=速く走れる」と言う図式がほぼ成り立つと思います。

 ローラー台を持ってない・ジテツウをしていないと言う人は、土日しか乗らないと言う人がほとんど、これだと休みにいくら乗っても次の休みが来る頃には体がなまってしまいます。
 
学生時代に運動部だった人は分ると思うでしょうが週5〜6日は練習してたと思います、どんなに才能あふれる人でも週1〜2日しか練習しないで強くると言うのは無理ですよね。

 最近はロードバイクに乗り始めた時に比べてかなり速く走れるようになりました、慣れやぺダリング技術向上もあるでしょうが、一番大きいのは走行距離が増えた事だと思います。

 私の場合はクロスバイクを10月に購入〜2月にロードバイクに乗り換え、約4ヶ月間で走行距離は約1200キロ、つまり年間3600キロペースで走ってた事になります。

ロードバイクは2月に購入して7月末までの半年間で約3300キロ、つまり年間6600キロペースになるので、クロスバイク時代より1.8倍以上多く走ってる計算になります。

私はジテツウはしてませんがローラー台を持ってます、3月末に購入して約4ヶ月で750キロ走ってるので年間約2200キロペース。

3本ローラーがあるかどうかでかなり年間走行距離に差が出てきますね、ローラーなしだと年間4400キロペースになるのでクロスバイクの頃より少し多い位です。

 年間1万キロペースで走ればかなり速く走れるようになると思いますがなかなか難しいですね…

ジテツウだったら漕がないわけには行きませんが、ローラー台の場合は家に帰ってるわけですから、漕ぐかどうかはその日の気分次第になります。

ローラー台で漕ぐのは月平均9日位で、平日は30分以内で切り上げる事が多いです、なので練習量は増やせるのですが毎日漕ぐほどやる気が出ません(^^;)

 夏はロングライドが減るので外を走る距離も減るし、ローラー台も室内とは言え暑いのであまりやる気が出ません。

春はローラー台で漕いでる時でも扇風機回してれば汗が出なかったんですけどね…早く秋にならないかなっと思う今日この頃です。



|トレーニング理論.練習法|00:13|comments(12)|trackbacks(0)|
コメント
私の場合は・・・・・
決して速くはならないと思います。
ジテ通も行きは汗を掻かないようにゆっくり走ることが多いのでねぇ
ローラー台はゆっくりながして乗ることはないでしょうから、乗っただけ身体は鍛えられますが、ジテ通は本当に乗ってるだけで流している時間が結構多いような気がします(私の場合) ダテに距離は稼いでいますが・・・
kazuさんみたいに高速回転なんか絶対に出来ませんし、今後も無理なような気がします。 
まぁ〜 所詮クロスバイクと言う事で、本人も気楽に乗っていますがネ!! ぽち
| KIKU|
KIKUさんへ

そうですか?でもKIKUさんがブログを始めた頃から比べるとかなり速くなってます。

私の場合は回復走、ぺダリング練習に使う事の方が多いので26キロ位で流して乗る事も多いですよ。

ただ流してのるだけでも休日ライダーの人と比べると、足がなまらない分速く走れると思いますよ。

なんだかんだ言っても私がクロスバイクに乗ってたときよりも、KIKUさんの方が速いですから(当時はアベレージ18.5〜22キロだったので)
| kazu|
ますますローラー台が欲しくなりました。
我が家ではどんな買い物でも即金は厳しいのでコツコツ貯めます。
| ヒロ|
ジテツウ込みの月間1000kmで何もかんがえず普通の知識で漕ぐと、心拍などの強化にはなるかもしれない。

1000km走って思うことは、体重が落ちないようにすることが難しいことだとわかったw

速くなるには、それなりのものが必要でしょうね。

そのための1000kmであるような気がします。

世間ではもっともっと速い人はいますし、私とは考え方も違うので比べることをせず自分にあった走り方があればそれでよいとおもいますよ。
以前の自分と比べてどう変化したかでよいとおもいますよ。
| まっくろくろすけ|
こんばんは〜

 継続はチカラなりといいますが、まさに自転車はそうだと思います。
 毎日乗り続けるのと、サンデーライダーだとその差は歴然とすると思います。
 そういった意味でも、毎日自転車に乗ることができる自転車通勤は、サイクリストにとってすごく合理的なトレーニングですよね。
 しかも、私の通勤路はアップダウンがとても激しく、自身で追い込んでトレーニングしています。
 
 これらのトレーニングの効果を検証するために、一度ヒルクライムレースに出てみたいと思っているのですが・・・

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
ヒロさんへ

ジテツウが出来ない人、帰って外に走りに行く気力がない人はローラー台があれば便利だと思います。

固定式ローラーの方が安いし、音が静かなのでこっちも検討してみてください。
| kazu|
まっくろくろすけさんへ

習うより慣れろですからね、ぺダリング技術にしても週1しか漕がない人はなかなか身に付かないと思いまが、月1000キロ走れば心拍・筋力・技術のどれも向上すると思います。

体重を減らさないように気を付けてるようですが、何か理由でもあるのですか?ヒルクライムを考えれば軽い方が良いと思うのですが。

私には月1000キロでも多いですが、月1500キロ以上走る人もいますもんね、上には上がいるもんです(^^;)
| kazu|
たーちゃんさんへ

自転車に限らずどんなスポーツでも休日しか練習しない人と、毎日練習する人では差が出てきますよね。

たしかに出退勤時間に自転車に乗る事が出来るジテツウは効率が良いですよね。

トレーニングをする事は素晴らしいと思いますが、無理しすぎて体を壊さないようにしてくださいね。

レースに出ると言うのも良い方法ですが、一番良い方法は近場の山でヒルクライムしタイムを取る事だと思います、これなら自分がどれだけ成長したかが一目瞭然で分ります。
| kazu|
年取って痩せすぎていると、見た目上大丈夫?的な容姿に見られることと、ヒルクライムがメインとした考えて方でないのである程度体重も欲しいし筋肉も

そう言う理由です
| まっくろくろすけ|
まっくろくろすけさんへ

たしかに年を取ってから太るのは良いが、痩せるのは体のどこかが悪い可能性があると言いますもんね。

その辺りを考慮したら痩せすぎはよくないですよね。

そう言えばまっくろくろすけさんはオールラウンダーを目指してるんでしたよね、やはり平地や下りを速く走ろうと思ったらある程度体重が必要なんでしょうね。
| kazu|
先月は2000km弱乗りました(年間14,000km 冬季の三ヶ月半は休みですw)
早くはないですね
体重が減ったせいか最近ペダルを強く踏めないですね

| ハイパーじい|
私は昨日エアロバイク購入しましたw雨のひも室内で
ノーストップで回してられるのでなかなか良い器材をてにいれたと思ってます。まぁ先ずは理屈ぬきに1日100キロを毎日続けるつもりどす
| たかし|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/270
トラックバック