自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ロードバイク・クロスバイクで走る時の携行品 | main | ロードバイク・クロスバイクのシフトチェンジのコツ >>
クロスバイクの基本的な乗り方



 クロスバイクはママチャリと比べてサドルの位置が高いので、サドルに乗ってまたいだ状態だと足が付かないと思います、なので基本停止中はサドルから降りてフレームをまたぐようにします。

発進する時はフレームをまたいだ状態でペダルに片足を乗せ、立ち漕ぎし数回漕いでクロスバイクが安定したらサドルに座るようにします。

この時ギアが軽すぎるとペダルがグルッと回って危ないし、重すぎるとかなり力を入れて漕がないといけないので適切なギアを選択しましょう。

 ただし停車中のギアチェンジは故障の原因になるので厳禁です、信号で止まる時にあらかじめギアを落としてから停止しましょう。

あとママチャリみたいに片足乗せてケンケンしながら乗る)のはやめましょう、サドルが高いのでバランスを崩す危険がありますし、トップチューブに足が当たり転倒する危険があります。

 クロスバイクの止まり方ですが、使用されているVブレーキは制動力が強いので、減速の時は両方のブレーキを使いましょう。

前輪のみブレーキをかけると前転する危険があります、またグッとブレーキをかけるとタイヤがロックするので徐々に減速しましょう。

十分減速したらサドルから降りて片足から着地、停止中はサドルに乗ったままではなくフレームをまたいで両足で立つようにしましょう。

 またママチャリ乗りはマナーが悪かったり、交通ルールを理解していない人が多いですが、クロスバイクに乗り以上はその辺をキッチリしましょう。



|乗り方.ルール&マナー|13:57|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/27
トラックバック