自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 3本ローラー台でインターバルトレーニング | main | ぺダリング理論は人によって違う >>
ロードバイク2011年モデルが続々発表!



 「Victory Cross&Road」のMOWさんがコメントで「今月の雑誌見たら大変そう」と言ってました。

今月の雑誌は本当に大変な事になってました、なぜならロードバイク2011年モデルの速報が載ってるからです。

サイクルスポーツ8月号の場合には以下のロードバイク2011年モデルが載ってました、詳しくは雑誌を見てください。

トレックからはマドン6シリーズSSL。

スペシャライズドからはSワークスルーベSL3、SワークスターマックSL3、アレーコンプコンパクト。

ビアンキからはオルトレ、センプレ、インフィニート。

ピナレロからはコブ60.1、パリ50-1.5、クアトロ、グラールで、オペラからスーパーレオナルド、カノーヴァ。

コルナゴからC59、M10、CX-1、CLX2.0、ACE105、マスターXライト。

フェルトからAR5、Z5、F5で、オルベアからオルカ。

フジからアルタミラ1.0、SST1.0で、サーベロからR5CAとなってます。

 現在欲しいロードベスト3であるピナレロ、コルナゴ、オルベアについていくつか書きたいと思います。

 ピナレロのFP3はフレームのみ販売、FP5、FP6、FP7、プリンスカーボンはカタログから消えるそうです、つまり私が購入を検討してた上位モデルはパリ50-1.5に集約された形になります。

なので下から順にFP1→FP2→FP3・クアトロ→パリ50-1.5→コブ60.1・ドグマ60.1となります、こうみるとすっきりしたラインナップになりましたね。

私が気になるモデルはパリ50-1.5で価格はフレームセットで36万8千円、ドグマの左右対称設計+プリンスカーボンと同じ素材のカーボンで作られた上位モデルとなります。

 コルナゴのC59は新城幸也がジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスで乗っているロードバイクで、CX-1のような低速からのシャープな加速+EPSのような高速域での走りを合わせ持つモデルだそうです。

M10はC59と共に投入されるモデルで、フレーム重量880gとC59よりも軽く、低速からのシャープな加速+優れた反応性を持つのでヒルクライムに最適だそうです。

私が狙ってるCX-1はカラーリングは一新されるようですが、基本的な構造に変わりはないようです、2012年モデルではフルモデルチェンジするかもしれませんね。

 オルベアオルカはフルモデルチェンジらしいのですが、写真を見た感じイマイチ差が分りませんでした(^^;)個人的にはネックであるBB30も継続みたいです。

2010年モデルは軽量化+高剛性のフレームでしたが、2011年モデルは剛性と振動吸収性の好バランスを目指したフレームも追加され、ライダーの好みで特性を2種類から選べるようになる予定だそうです。

 ロードバイク2011年モデルの詳しいインプレは発売後に行われるでしょう、今後が楽しみですね。

最高級クロスバイク コルナゴCAMBIAGO

クロスバイク乗りの方にはサッパリ…だそうなので今回は最高級クロスバイクを一つ紹介します。

フレームはスカンジウム合金+カーボン、コンポはアルテグラ+デュラエースのMIX、ホイールはマビックキシリウムエリート(今私が欲しいホイールです)

完成車重量は8.1キロで私のピナレロFP1の8.7キロより軽量、これで何と30万円!1台どうですか!?KIKUさん(笑)



|自転車の本・動画|05:11|comments(15)|trackbacks(0)|
コメント
もう2011モデルの時期ですか。
早いですね〜。
そりゃ、年もとるわけだww

コルナゴのクロスバイクってキシエリ履いているんですか。
僕もキシエリが欲しいw
クランクを見たところシマノぽく見えないので、カンパのコンポかな〜?
ヨーロッパ色いっぱいのカッコいいクロスバイクですね。
| めばる君|
いや〜 やられた!! クロスバイクに話をふられたら悩んじゃいますねぇ。
クロスバイクは何かと言い訳が出来るのでとても居心地のいいポジショニングなのですが、逃げ道をふさがれた様でですね。
こんなの乗って峠を走って、羊の皮を被った狼!なんて格好いいだろうなぁ〜
| KIKU|
おはようございます。

 サイクルスポーツは、私が住んでいる市の図書館に置いてある唯一の自転車雑誌なのですが、さっそく予約をしました。
 ただ、雑誌は最新刊は借りることができず、1ヶ月遅れになるので、読むのは1ヶ月後になりそうですが、ロードバイクを買うのはもっと先のことになるので問題はありません。
 
 それにしても高級クロスバイク、お値段はロードバイクとさほど変わらないですね〜

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
めばる君さんへ

自転車は1年毎にモデルチェンジするので早く感じますよね。

キシリウムエリートは値段の割に性能が良いらしいので欲しいですね。

クロスのコンポはシマノなので、クランクもシマノだと思うのですが詳しくは分かりません(^^;)
| kazu|
KIKUさんへ

クロスバイクでも探せばロードバイクのように10万以上するモデルがたくさんあるみたいです。

クロスだとロードみたいにたくさん種類がないので頭を悩ませる事も少ないかもしれませんね。

これはまさに羊の皮をかぶった狼ですよね、ちなみにこのクロスのライバルはロードだ!っとメーカーサイトに書いてました。
| kazu|
たーちゃんさんへ

図書館で借りて見てるんですね、早めに見たい時は本屋で立ち読した方が良いかもしれませんね。
しかし今月号は速報でまだ値段や発売時期が載ってないモデルも多いので問題はないと思います。
クロスでもロード用のコンポ、ホイールを使用してるので下手したら私のロードより速いでしょうね〜
| kazu|
こんにちは、まえきちです。

最新モデル発表、早いですねぇ。
ついこないだ2010が出たと思ってたのに。

フラットバーロードはwilierが気になります。
もち買えませんが。
| まえきち|
まえきちさんへ

こんにちは、自転車はモデルチェンジのサイクルが早いですよね、私なんか2月に買ったもんだからまだ半年しか乗ってないのにもかかわらず型落ちですよ(^^;)

フラットバーロードの世界はあまり知りませんが、wilierの物が良いのですか?

値段がどのくらいか分りませんが下手のロードより逆に高価な可能性がありますね〜
| kazu|
まえきちです。

私のロードバイクも2月末に納車だったので
同じ時期ですね。
ラピエールがモデルチェンジされませんように(←自分勝手)

wilierはラピエールを知る前に最有力候補だったんです。
ロゴやデザインがカッコよく、評判もいいみたいでしたので。
| まえきち|
こんにちは
私としてはやっぱPINARELLOが最も気になります。
中でもKOBH60.1は一番ほしい一台です。
もちろん買うことはできないですがパヴェを快適に走るために開発された点は嬉しいところです。
FP1は振動が大きいですから・・
ドグマよりヘッドとシートアングルを寝かせることで直進安定性を強化し、そのデザインもトップチューブがヘッド側よりもシートポスト側が、やや湾曲してところなんざ「くーっかっちょいい!!」ってなってしまいます。
2010年モデルでFP1にまでONDAバックを採用してきたPINARELLOがトップモデルにして、これをあえて切り捨てたのも気になります。
乗ってみてー!!

| ヒロ|
まえきちさんへ

同じ2月ですか、それだとなおさらモデルチェンジが早く感じてしまいますよね。

型落ちならまだしもカタログ落ちとかになったら落ち込みますね(^^;)

他の人にもコメントでwilierが良いですよ!って言われた事があります、イタリア車なので塗装も美しいし良いですよね。
| kazu|
ヒロさんへ

乗り変えれる台数に限りがある以上、どうせ乗るなら違うメーカーに乗りたいですね〜なので次はピナレロは買わない可能性が高いですね。

FP1はアルミ+カーボンですから振動が大きいのはしかたないですね、クロスバイクがフルアルミでしたがフルアルミはもっと振動が大きいですよ。

ドグマ60.1よりは確実に遅いですが、KOBH60.1は快適性を重視したモデルなので乗り心地は良いでしょうね。
| kazu|
wilierのフラットバーは、サイクルショーで見ました。欲しくなるほどいいっすよ。
コルナゴのフラットとwilierのフラット、どちらにする?迷うぐらいですよん。
綺麗な塗装でした。(^-^*)V!
カラーリングも(^-^*)V!
| |
↑ 上記のコメント、、、おいらです。
名前打つの忘れました。
それでも、載っちゃうのね(笑)
| MOW|
MOWさんへ

名前がなくても文章で誰か分っちゃいますね(笑)

wilierのフラットバーもコルナゴに匹敵するくらい良いんですね、どっちを買うと聞かれたらコルナゴになりますね〜やはりネームバリューは大きいです。

正直な所wilierって言われてもイマイチピンとこないんですよね(^^;)誰か乗ってるブロガーさんでもいたらな〜

他にも色々とメーカーがあるんですが、やっぱり買うなら有名なメーカーになっちゃますね…
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/264
トラックバック