自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ロードバイクで健康になるはずが、ヘモグロビン減少 | main | ヒルクライムを利用した最大心拍数の測定方法 >>
シマノのコンポもカーボン化して行くのか!?



カーボンボディにより大幅な軽量化を実現したデュラエースは、ツール・ド・フランスを始めとする世界最高のレースでテストされ磨きあげられた勝つためのペダル。

シマノペダルの特徴である抜群の安定感と高効率、高剛性はそのままにトッププロ、レースレベルでの使用に耐える強靭さを兼ね備える。

デュラエース PD-7900 2万3000円 重量248g(旧モデル270g)9月に発売予定

カンパニョーロのコンポは早くからカーボンを採用してましたが、シマノはアルミへのこだわりを貫き通し今までカーボンは使用していませんでした。

しかし今度発売されるデュラエースの新型ペダルにはカーボンを採用、今後はシマノのコンポもカーボン化しそうですね。

 シマノ的にはアルミにこだわりたいでしょうが、カンパニョーロに負けるわけにもいかないので苦渋の決断だったのではないでしょうか。

カーボン化すれば重量はアルミに比べて軽くなりますが価格は当然上がります、もしかしたらカンパニョーロ並みの値段になる可能性もあります。

次に購入するロードバイクは出来たらデュラエースで組みたいです、しかしこれ以上価格が上がったら厳しいですね(^^;)



|自転車グッズ|00:12|comments(4)|trackbacks(0)|
コメント
おはようございます。

 そのデュラエースのペダルだと、立ちゴケすることができませんよね〜
 カーボン・・・シマノとしては、技術の蓄積のあるアルミを使いたいところですが、やっぱり“軽量化”という魅力の前では、より消費者にインパクトを与えるカーボンを使わざるを得ないというのがシマノの心境なのかもしれませんね。

 私もいつかはデュラエースのコンポが満載されたロードバイクが欲しいです!

それでは更新頑張ってくださいね☆ぽち
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

たしかにカーボンを使ってると立ちコケや落車が恐いですよね。

コンポにしても自転車にしても今はカーボンが人気ですからね、軽量化を考えたらしかたないんでしょうが、耐久性を考えるとコンポはアルミの方が良い気もします。

私も早くデュラエースのコンポが満載されたロードバイクに乗りたいです、そのためにも貯金を頑張ります。
| kazu|
カーボンは魅力ですね。
まずはカーボンフレームのロードに乗ってみたいです。どれくらい違うのかな?
新車、楽しみにしてます!

| ヒロ|
ヒロさんへ

私は正直あんまりカーボンに魅力は感じないんですよね(^^;)

よくパーツを秤に乗せて〇g軽くなったとか言う人がいますが、私は軽量化にそこまで興味ないんですよね。

カーボンフレームのロードは乗り心地は良くなると思いますけどね。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/256
トラックバック