自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ピナレロFP1は街乗り用だと再認識した | main | 改造後に初ロングライド ブレーキ本体、サドル、クランクのインプレ >>
鷲羽山、王子ヶ岳、金甲山のトリプルヒルクライム



昨日は休みだったので走る気だったのですが、5時過ぎに雨の音で起こされました「天気予報では降水確率10%の曇りだったのにな」と思いながら2度寝しました。

8時過ぎに起きると雨は止んでましたが路面が結構濡れてました、しかし10時過ぎ位になってくると路面が乾いてたので、ロードバイク(ピナレロFP1)でサイクリング行く事にしました。

雨が降ってきてもすぐ帰れるように近場を攻める事にしました、短距離で走った感があるものと言えばヒルクライム、そこで鷲羽山スカイラインに行く事にしました。

鷲羽山 スタート地点

鷲羽山ハイランドから下った事はあるので今日は一番下から登る事にしました。

標高はたいした事ありませんが距離が長く、登ったり下ったりが多いので疲れた記憶があります。

ゴール地点 鷲羽山ハイランド

鷲羽山スカイライン 距離16.2キロ、獲得標高382

走行時間 50分7秒
平均速度 19.3キロ 平均ケイデンス 65回転
平均心拍 147Bpm(約65%)
最大心拍 175pm(約85%)

 以前走った時は距離が長くて終わりが見えなかったので精神的にきつかったですが、今日は楽に漕げました。

距離が長いと言っても下り坂があるし勾配も6〜9%位なので余裕、ノーマルクランクなので心配でしたが、距離が多少長くなっても問題なく漕げる事が分りました。

岡山県 渋川青年の家

 ヒルクライムが終わった時点では雨が降りそうな気配がなかったので、海沿いの430号線から渋川海岸へ行きました。

前回は人が多くて撮れなかった海の学校の前で写真を撮れました。

私が子供の頃に海の学校へ行った時は運悪く雨の少ない年で水不足になり、蛇口から水が出ないと言う状況の中で学習を行った記憶があります。

王子ヶ岳 スタート地点

 まだ雨が降りそうな気配がなかったので430号線から王子ヶ岳ヒルクライムをする事にしました、以前はおもちゃ王国の方から登ったのでコッチから登るのは初めてです。

ゴール地点 王子ヶ岳パークセンター

王子ヶ岳 距離3.0キロ、標高210m

走行時間 18分48秒
平均速度 9.4キロ 平均ケイデンス 42回転
平均心拍 160Bpm(約75%)
最大心拍 175pm(約85%)

 おもちゃ王国から上がるのに比べると距離が短い分勾配がきつくて思ったよりも疲れました。

途中勾配が12%になる地点があり、その時はケイデンス30回転、速度6キロ位になりました。

私はノーマルクランクだと勾配10%超えた辺りから、ケイデンスが極端に落ちる事が分りました。

金甲山 スタート地点

 王子ヶ岳を登った時点で天気は晴れになったので、おもちゃ王国の方から下って児島半島に行き、金甲山ヒルクライムをする事にしました。

ゴール地点 金甲山頂上

金甲山 距離7.1キロ、標高403m

走行時間 39分15秒
平均速度 7.1キロ 平均ケイデンス 50回転
平均心拍 165Bpm(約79%)
最大心拍 185pm(約92%)

 ダブルヒルクライムが効いてるのか、疲れが出てグダグダな走りになってしまいました。

回復のダンシングを上手く使いゆっくり登って行きました、とりあえず標高400mまでならノーマルクランクでも走れる事が実証されました。

金甲山 レストハウス

 じょにおさんのブログ「きっと明日も自転車日和」に、レストハウスがリニューアルされたのを新聞で見たので実際に行ってみたら、特に何も変わってなかったと言う記事がありました。

じょにおさんの記事通り本当にペンキを塗り直しただけでした(^^;)本当に何も変わってませんね

一般の方が数名来ていて「何が変わったんだ?」、「ほら見て、草が綺麗に刈ってあるじゃない」と言うのが聞こえました(笑)

私もじょにおさんの記事を見てなかったら気付かなかったでしょうね。

 金甲山を登り切った辺りから軽い頭痛・脱力感が出始めました、そこから自宅まで約30キロありましたが最後まで軽い頭痛は治りませんでした(今は治ってます)

漕いでて力が入らないわけでもなく、速度も維持出来るのでハンガーノック・足が売り切れた状態ではないと判断、もしかして「熱中症じゃないか?」と思いながら帰宅しました。

帰って調べてみると脱力感、めまい、頭痛、吐き気等は熱中症の初期症状(熱疲労)で、さらにひどくなると筋肉がつるそうです(熱けいれん)、発汗が止まり、錯乱、意識障害が出ると最悪死亡する危険があるそうです(熱射病)

 今日はロングライドを予定してたわけではなく場当たり的に走る距離を伸ばしたので、金甲山を登り切るまで休憩はほとんどしてません。

昼食を食べて出発し、補給食はパン1個+カロリーメイト1箱、飲み物は金甲山頂上まで(約75キロ)に水500ml+アクエリアス1L、金甲山頂上から帰宅まで(約30キロ)でアクエリアス1Lです。

残りの30キロは熱中症だと思ったので、意識的に水分補給+休憩を取りました、しかし時すでに遅しって感じでしたね。

ロングライドのせいか、トリプルヒルクライムのせいか、休憩が少ないせいか、水分補給が足りなかったのか、補給食が少なかったのか、原因は不明ですが気を付けようと思います。

 記事が長くなってしまったので、初ロングライド後のブレーキ本体、サドル、クランクのインプレは後日書きます。

走行時間 4時間49分
走行距離 107.7キロ
平均速度 22.1キロ
最高速度 62.6キロ
獲得標高 1193m
消費カロリー 2408cal
平均心拍 157Bpm(約73%)
最大心拍 189pm(約96%)
平均ケイデンス 71回転
最高ケイデンス 157回転



|ヒルクライム・TT|00:05|comments(12)|trackbacks(0)|
コメント
ノーマルクランクでもなんらヒルクライムに問題無しですね。
軽いギアがない分、早く上れるんじゃないでしょうか?
あと、上半身の引きつけとかも必要になる機会が多くなるので、上りのテクニックが身につきますね。

今後のインプレも期待です。
| めばる君|
おはようございます。

 今回のヒルクライムで、ノーマルクランクの特性をよく把握されたのではないでしょうか?
 
 さて、熱射病と、熱疲労、そして日射病はそれぞれなる原因は同じようなものですが、その応急処置はそれぞれまったく異なるみたいですね。
 梅雨が明けたら、どうしても走りに行きたくなってしまいますが、熱射病などにならないように無理がない計画を立てなければなりませんね〜

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
もともと体力のあるkazuさんならではですね。
普通の人ならノーマルクランクだとそうはいかないのでは?と想像してしまいます。
今回はサドルバックを持っていかなかったのですね!? あそこに食料をしこたま詰めて私は林道を走るようにしています。熱中症は本当に怖い病気なので気をつけてくださいね。
ぽち
| KIKU|
めばる君さんへ

登る前は心配でしたが意外と問題なかったですね〜

軽いギアがない分、速く走れるかと言うと…そう言うものではないですね(^^;)

コンパクトクランクの時と同じくらいのケイデンスを保って登れれば、ギア比が上がった分速くなるんですけど、私の脚力だとケイデンスが落ちてしまいますね。

後1〜2ヶ月もすれば自然とテクニックも身に付くでしょうから、速く登れるようになると思います。
| kazu|
たーちゃんさんへ

たしかに今回のヒルクライムでノーマルクランクの特性が少し分りました、もっと走り込めば色々と見えてくるモノがあると思います。

応急処置の方法は違うんですか、それは知りませんでした、単独走行の場合は誰も助けてくれませんから、ある程度勉強しておこうと思います。

ついつい走り過ぎてしまうので計画的に休憩を取って、夏のライドを楽しく走れるようにしたいです。
| kazu|
KIKUさんへ

軽いギアがあると使ってしまう性格なので、走れる力がありながも今までは楽をしてたんでしょうね(^^;)

当初は50キロも走らない予定だったので、リクセンのサドルバックは装着してなかったです、最初からロングライドの予定の時は色々と準備するんですけどね。

熱中症には気を付けないと行けないですね、ついつい走り過ぎてしまうので、無理やりでも休憩を取るようにしたいと思います。
| kazu|
ヒルクライム3本勝負!
恐れ入ります。
休みなく走ってみせるkazuさんはクライマーの素質十分ですよ(きっと)
ヒルクライム志向で今度はバイクの軽量化でホイールの新調と言うのはいかがでしょうか?
BPSなかやまさんには揃っていますよ(お店の回し者ではありません)
| ヒロ|
ヒロさんへ

ヒルクライム3本勝負しても獲得標高が約1200mって言うのが少ないですね(^^;)

身長が177あるのでクライマーにはなれませんね…登りは小柄で軽い選手が有利ですから、オールラウンダ―を目指します。

ホイールは効果が高いパーツの一つですから購入を検討してますが、良い物は値段が高いですからね。
| kazu|
私も金甲山に上ったときは、グダグダのヨレヨレの走りになってしまいました。あの日、家に帰ってからそのままベッドに倒れ込んでしまうほどの脱力感とめまい、頭痛に襲われたたんですけど、熱中症になっていたのかもしれないですね。70kmほどのライディングで500mlのスポーツドリンク4本とコーラ1缶を飲み干していました。夏のライディングは、自動販売機のないところには行けないですね。
| じょにお|
最近ヒルクライムを好んでやる気のないおいらです。

それにしても良く登りますね。
これってやはりノーマルクランクに慣れるためと技術向上を狙ったヒルクライムなのでしょうね〜。

おいらは補給が下手くそなので気がつくとヘロヘロになっています。
いつも失敗します。
学習能力がありません。wポチ☆
| まっくろくろすけ|
じょにおさんへ

金山とかに比べれば金甲山は楽な方ですが、熱中症になってると厳しさがアップしますね。

70kmほどのライディングで500mlのスポーツドリンク4本とコーラ1缶ですか、そう考えると私は飲む量が少なかった可能性が高いですね。

金甲山の頂上に上がった時は、誰か自動販売機を設置すれば良いのにと思いましたね。

飲み物がないと休憩しても体力回復出来ないので自動販売機は重要ですね。
| kazu|
まっくろくろすけさんへ

ノーマルクランクに慣れるためのヒルクライムと言うのはありますね。

どっちかと言うと試してみたいと言う気持ちが強いですね、きっとまっくろくろすけさんもノーマルクランクにしたら色々と試してみたくなりますよ。

補給は難しですね、頭では分っていても調子良く走ってると休憩を忘れてついつい走り過ぎてしまいます。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/241
トラックバック