自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車の種類説明 | main | ロードバイク・クロスバイクで走る時の携行品 >>
ロードバイク・クロスバイクのサドル調整方法



 クロスバイクを長時間漕いでるとサドルの前の所とこすれて、股が痛くなってくるのでサドルの調整をしてみました。
 
 やり方は簡単で丸の部分のボルトと六角レンチで緩めます。回しにくい時はサドルをクロスバイクから外すと楽に作業出来ます。


 ゆるめると前後、角度の調整が出来るので自分の好みの位置に合わせたらボルトを締めて終わりです。

私の乗ってるジャイアントエスケープR3は横に目盛があって調整前は一番後ろだったので中間位の位置に合わせました、股の痛みがなくなるかどうかは乗ってからのお楽しみ。

【追記分】
 サドルは人によって前下がり、前上がりがありますが基本は水平です、また位置に関しては動かす前に元の位置をペンで印しておきましょう。

 単純にサドルを前にやるとハンドルまでの距離は近くなりますが、膝の位置も前にくるので今以上に踏み気味になる可能性があります。

サドルを後ろにすれば以前のように太股はほとんど疲れる事なく、ハムストリングを使って漕げると思いますが、ハンドルまでの距離が遠くなってしまいます。

サドルを前後さす事自体は簡単ですが、動かした事による影響を知らないと、にっちもさっちも行かなくなります、困った時はまず購入店に持って行き相談をするのがベターです。

知識がある方は最初は0.5cm刻みで大きく動かしてみて試乗、そこから1mmずつ動かして試乗を繰り返しましょう(ローラー台があると便利です)



|自転車メンテナンス|16:28|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/24
トラックバック