自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ローラー台で100キロ走行 | main | 鬼ノ城(鬼城山)タイムトライアル >>
鬼ノ城へサイクリング



 今日も雨と思って昨日ローラー台で100キロ走ってしまいましたが予想外の晴れ。

ロングライドは広島の尾道を温めてるのですが、明日から仕事だしロングライドは厳しい。

しかし近場で行く所が思いつかない…いや待て!?あそこがあるじゃないか!

 と言うわけで昨日じょにおさんのブログで見た、総社の鬼ノ城へロードバイク(ピナレロFP1)でサイクリングに行く事にしました。

じょにおさんのブログ(きっと明日も自転車日和)によると、鬼ノ城は標高385m、距離3.3キロ、平均斜度11.7%です。

 ルートは倉敷駅の裏から429号線を北上、砂川公園の前を通り、鬼ノ城(鬼城山)へ行きます。

砂川公園

前に来た時は冬で枯れ木も山の賑わい状態でしたが、今は緑が一杯で気持ちが良いです。

日本は季節によって四季折々の風景を堪能出来るのが良いですね。

鬼ノ城ヒルクライム スタート地点(右の道)

 いくら勾配がキツイと言ってもたかが3.1キロ、この時点では余裕だと思ってました。

しかしこの先に待ち受けてるのは想像を超える超激坂でした。

 スタートして500mほどは6〜8%位の普通の坂でしたが、500m過ぎた辺りから12%位の激坂になります。

 1キロ手前から一気に斜度が上がります、走行時ガーミンで確認しましたが勾配は15〜18%でした。

一番軽いギア(インナーロー)でダンシングを主体にしないと登って行くのも厳しい超激坂区間です。

クランクが重いにもかかわらず昨日雨のせいで路面が濡れていて、漕ぐと後輪が空回りする事もしばしばあり疲労を増大させます。

 息はゼエゼエ、汗はボタボタ流れます、あまりのきつさに途中2回休憩してしまいました。

途中さらにきつくなる所があって大変でした、走行時ガーミンで確認しましたが勾配20%でした。

下り中もガーミンで確認しました、鬼ノ城は勾配20%が最大で間違いないと思います。

ゴール地点 鬼ノ城駐車場

 距離は実測3.2キロ、走行時間20分49秒、休憩時間5分7秒、合計タイム25分56秒でした。

JUN吉さんに走行タイムでも、休憩時間込みのタイムでも負けた(><)

 ゴール地点が分らなかったのでスパートをかけませんでしたが、今思えば超激坂区間を抜けて民家が一軒見えてからは勾配が多少緩やかだったので、スパートをかければ良かったと思います。

 ちなみに超激坂区間(勾配15〜20%)をガーミンコネクトで分析した結果、速度3.5〜7キロ、ケイデンス25〜50回転、心拍185〜192拍(92〜98%)でした。

ケイデンス25回転って(^^;)そりゃクランクが重いはずですよ…心拍数的にもかなり追い込んでるし、今の私ではこれが限界でしょうね。

ゴール地点すぐ横の看板

 鬼ノ城(きのじょう)とは桃太郎に登場する鬼のモチーフとなった温羅(うら)が拠点としていた城です。

岡山県下最大級の祭り「桃太郎まつり」で踊られる「うらじゃ」は顔に鬼のようなペイントをして踊る事からその名前が付いています。

鬼城山ビジターセンター

 入ってすぐ右にあるトイレは発見しましたが、じょにおさんのブログに書かれていた水飲み設備「富士の湧水」は発見出来ませんでした。

 勾配がきつい上に道幅が狭いので下り坂はゆっくり走行を心がけます、路面が濡れているので細心の注意を払いながら降りました。

 今日は元々走る予定ではなかったので、鬼ノ城ヒルクライムをした後は帰宅しました。

 今まで走った中では勾配15%が最高でしたが、鬼ノ城は20%とあっさり超えてきました。おそらく岡山県でトップクラスの勾配を誇る山だと思います。

距離が短いのが唯一の救いですが、それでも勾配15〜20%の超激坂区間はかなり厳しいので、ある程度ヒルクライムの経験を積んでから行くのをおススメします。


走行時間 2時間26分
走行距離 54.9キロ
平均速度 22.6キロ
最高速度 56.7キロ
獲得標高 545m
消費カロリー 1757cal
平均心拍 156Bpm(約72%)
最大心拍 183Bpm(約90%)
平均ケイデンス 80回転
最高ケイデンス 122回転



|ヒルクライム・TT|00:20|comments(5)|trackbacks(0)|
コメント
20%って坂が存在するんですね。w( ̄o ̄)w オオー!
さすが鬼が住む城だけあって難攻不落の坂道ですね。
前日の修行のようなローラー台の疲労も相当だと思いますので、次回は万全な状態でリベンジする事を期待します!!
私と比べても仕方の無いことですが、こんな坂を登っても尚且つAvが22.6km/hとは凄いですね。到底真似できません。
| KIKU|
KIKUさんへ

箱根が18%でしたっけ?まさか20%もあるとは思ってませんでした、ホント難攻不落の坂道でしたね。

たしかにスタート前から少し足がだるかったですね、万全な状態でリベンジですか(^^;)だいぶ先になりそうですね

 私がクロスバイク乗ってた時より今のKIKUの方が早いし、ヒルクライムもこなしてるし、ロングライドもこなしてますよ。

ロードバイクに乗り換えれば私を軽く超えて行くと思います。


| kazu|
おはようございます。

 20%・・・すごい坂ですよね。
 100mすすんで、20メートル登ると言うことは、10メートルだと2メートル登ることになるんですね。
 そう考えるとかなり厳しいヒルクライムであることが分かります。
 後輪が滑る・・・よくヒルクライムをされておられるブログの中に、このような表現が出てくるのですが、私のクロスバイクではいまだ後輪が滑るようなシュチュエーションがありません。
 23cタイヤのような細いタイヤだと、後輪が滑ることもあるんでしょうね。
 でも、一生懸命ペダルを回したのに、後輪が滑ってしまったら、気が滅入ってきませんでしたか?

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
| たーちゃん|
たーちゃんさんへ

10m進んで2m上昇ですか…もっと上ってるような気がしましたが、そんなもんですかね(・・;)

タイヤの細さも関係あるかもしれませんが、今回は路面が濡れていたと言うのが大きかったと思います。

気が滅入るのもありましたが、5キロ以下で走ってたのでコケそうになりましたね。
| kazu|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/209
トラックバック