自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 実家までサイクリング | main | 車道で停車時SPDを外す足はどっち? >>
ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!を読んだ感想



 ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!を読んだ感想を書きます。

今現在の時点ではロードバイクを買い替える予定はないのですが、表紙を弱虫ペダルの作者が書いているので気になって読んでしまいました。
 
写真は白黒ですが実際はカラーです

1000台ものロードバイクを試乗経験にもとずいた理論は国内でも随一とされるそうです。

 内容は大きく分けて、カタログスペックの裏読み講座、初心者・ステップアップの為のQ&A、20万以下で買えるおススメのロードバイク、完成車のチューニング術、ヒルクライム・ロングライド別のおススメのロードバイク等があります。

 20万円以下で買えるおススメのロードバイクやヒルクライム・ロングライド別のおススメのロードバイクを書いてしまうと出版社に訴えられそうなのでやめときます(^^;)

その他でいくつか目についた所を書いて行きたいと思います。 

 普通の人はメーカー、フレームの素材、コンポ位しか見ないそうで(実際私もそうでした)30万円以下のロードバイクはコストダウンの為に純正部品以外・純正でも安物を使ってコストダウンしてるそうです。

20万円以下の完成車はほぼ100%ホイールが走行性能の足を引っぱっており、30万円前後のフレームがカーボンでコンポにアルテグラが使われてるモノでも、ホイールはイマイチらしいです。

タイヤも安物が付いてるので、買ってすぐ交換する位でも良いそうです(たしかにFP1のタイヤはパンクが多い、タイヤが固くはめにくい等でイマイチでした)

 スプロケやチェーンは見る人が少ない分、メーカーからすればコストダウンの標的だそうで、純正品以外の物が付いてる事が多いそうです。

変速性能はスプロケ・チェーン・チェーンリングで8割が決まるそうで、コンポがデュラエースでもチェーン・スプロケが安物だと変速性能はイマイチ。

コンポが105でもスプロケ・チェーン・チェーンリングをデュラエースにすると変速性能は別物になるそうです。

 話変わってなぜヨーロッパブランドの塗装はかっこ良いのに、日本ブランドはイマイチなのかについてですが、ヨーロッパブランドは塗装用の自社工場を持っており、日本は持ってなくて塗装は外注なのでコストに差が出るそうです。

仮に塗装代が3万とします、ヨーロッパブランドは自社工場なので3万円分塗装出来ます、日本の場合は外注会社が間に入るぶん中間マージンが発生するので3万円分塗装出来ません。

特にピナレロ、コルナゴ等のイタリア車が高いのは、塗装のクオリティの高さも関係してるようです。

 次にレースやイベントで回収車に載せられていたのは、スーパーレーコードで組まれた高級車ばかり、おっさんで体力はないが金はあるから良いバイクが買える。

ちなみに一番リタイヤ率が低いのはアルテグラらしいです。レース入門用が105で、もっとハマるとアルテグラ、デュラエースまで行くと価格的に考えると一般の人には厳しいのかも。

 他にも完成車のチューニング術としてハンドル・ステム・サドル・ホイール・タイヤ等の部品別に書かれてます。

著者は特にホイール・タイヤ交換をするのが効果が大きいと考えてるのでページ数も多くさかれています。

ホイールはシマノ・カンパニョーロ・フルクラム・マヴィック・ライトウェイトの事を書いてます。

タイヤはミシュラン・ハッチンソン・シュワルベ・マキシス・コンチネンタル・ヴィットリア・ブリジストン・RC・パナレーサー・ヴェロフレックスの事を書いてます。

 あんまり色々と書くと良くないのでコレ位にしときます(笑)気になる方は実際に読んでみてください。

クロスバイク等からロードバイクへ移行する方は問題ないと思いますが、今からスポーツバイクに入門すると言う方は専門語が多いので少し分りにくい所もあるかもしれません。

しかし2010年5月に発売された本なので自転車のデータが新しく、これからロードバイク購入を考えてる人にはピッタリだと思います。



|自転車の本・動画|10:04|comments(8)|trackbacks(0)|
コメント
僕もすでにハンドル、ステムは交換しました。
クランクもサイズ交換したいのですが、シマノは
グレード、新型、旧型は統一した方が機能を
ちゃんと発揮するとのことで105の新型の全交換を
考えてます。

ホイールとタイヤは良く言われますね。
タイヤは実体験からそう思います。
ホイールは変えた事ないので良く分かりませんが
ディープホイール装着のルーべを借りた時は
違うなぁ〜って思いました。

でも、人が何を言っても自分が気に入ったのを
買うのが一番かな〜って・・・これも実体験です。(笑)
| まーぼう|
こんばんは〜

 私も、日本のメーカーのバイクよりも、イタリアブランドのバイクのほうが塗装がカッコいいだろうかと疑問に思っていたのですが、なるほどそういうことだったんですね。
 この本、私も欲しいなぁ〜
 図書券たくさんあるので、この本を買ってもいいなぁ〜と思いつつ、図書館で申し込んで購入してもらおうと思います。
 たしかに、ホイールが走行性能をかなり左右すると思うので、もし私がロードバイクを買ったら、ホイールは交換しても良いと思っています。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ(今日は一度していますので、明日の早朝させていただきます)
| たーちゃん|
まーぼうさんへ

ハンドル、ステム、サドルも交換する予定なのですが、2度手間を避ける為にBGFITを受けた時に交換するつもりです。

クランクをノーマルクランクにするんですか?将来的な事を考えるとノーマルの方が良いと思うのですが、坂を考えるとコンパクトじゃないと厳しいんですよね(^^;)

Specialized Roubaixのコンポってたしか105ですよね?新型105も良いでしょうが、どうせならアルテグラにしてみては!?

ホイール交換は実感出来るほど差が出るそうなので、交換してみたいですが費用的に厳しいものがありますね(^^;)

私も店員の勧めを押し切って、一目ぼれしたピナレロを買いましたからね〜自分が気に行った物が一番ですよね。
| kazu|
たーちゃんさんへ

ヨーロッパブランドがカッコイイのは、本場の技術とセンスの差だと思ってましたが、コストの差だったようですね(^^;)

おそらくこの本は最初の一台を買う人用の本じゃなくて、一台目を買う人はモチロン、2、3台目を買う人も楽しめる本なんですよ。

ホイールにしろタイヤにしろ具体的な商品名がガンガン出てくるし、途中の内容も専門用語連発なので、買う前に立ち読みした方が良いかもしれませんね。

ホイール交換はするべきでしょうが、価格が高いですからね…10万以上とかザラですし(^^;)
| kazu|
ふ〜ん そう言うことだったんですかぁ!
いろいろ勉強になりました。20万円前後のロードは改造ありきで購入しないと駄目なんですね。でも20万円のクロスバイクなら・・・・・ エスケープにその値段までなら投資しても良いってことでしょうか?? 貯金しよ!!
| KIKU|
KIKUさんへ

20万前後の完成車は低価格で売る為にコストダウンを行っているので、改造しないと本来の性能は引き出せないみたいですね。

たしか20万前後のクロスバイクの完成車にもロード用の105とかが付いてたはずですよ。

クロスをロード用コンポに変えて、ハンドルも交換、タイヤも23Cと言う感じで改造してる方もいるみたいですよ。

私もエスケープの改造を考えましたが、トータルの費用と値段を考えたら、ロードバイク買うのとあまり変わらないのでロードを購入しました。
| kazu|
へーえ、こんなの出てたんですね。
表紙だけで買ってしまいそうな気がします(^^;)。
| ZZ|
ZZさんへ

それはありますね〜CDのジャケ買いならぬ、本の表紙買いです。

たぶん表紙がコレじゃなくて、普通に自転車の写真とかだったら見ずにスルーしてたと思います。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/180
トラックバック