自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 半田山植物園〜金山へサイクリング | main | 今まで行ったヒルクライムの感想 >>
楽しくローラー台を漕ぐ方法



 3本ローラーは漕いでるだけで自然にぺダリング矯正が出来る優れ物です。

しかし風がないので暑い、ローラーの抵抗が大きいので実走よりも疲れる、景色が変わらないので楽しくないと言う欠点があります。

最近は上半身裸で扇風機を回しながら漕いでるので汗は全然出ません、ローラーの抵抗はしかたないかなっと言う感じです。

 音楽を聴きながら走ってますが普通に走るよりは多少マシで、6〜7曲位聞けば30分経つので時間が経つのが早く感じます。

 もっと楽しくローラー台で練習する方法はないかと考え、他のブログでDVDを見ながら漕いでる方がいたので試しに私もやってみました。

試した結果ですが音楽を聴くよりもさらに時間が経つのが早く感じます、この方法はかなり良いです、映画1本見終われば2時間位経つので距離を稼ぎたい時には最適ですね。

しかし固定式ローラー台ならまだしも、3本ローラーの場合は転倒する可能性があるので、TVを見ながら漕いでも転倒しない程度に慣れてからやるようにしてください。



|自転車ローラー台|08:47|comments(8)|trackbacks(0)|
コメント
3本ローラーってやっぱり難しいのでしょうね?
私はローラー台は持ってませんが冬の間の練習には便利そうで、冬が来る前に♪は欲しいと思ってます。
そうそうローラー台ではブレーキは厳禁と聞いたことがありますが本当?
| ヒロ|
DVD見ながらですとそんなに違いますか…
今度やってみようかしらと思うのですが廊下にDVDプレイヤーね〜
プレイヤーがないので現実味がない。

買ってみようかなと思うが優先順位的にはまだまだですなー
| まっくろくろすけ|
ヒロさんへ

最日は難しいですけど2〜3日目には問題なく乗れるようになりますよ(初日は転倒の危険大)

私や他のブロガーさんもですが、スポーツバイクにハマってる人は冬でも関係なしで走りますからね〜

熱中症や脱水症状を気にしなくて良いので、防寒対策をバッチリすれば比較的に走りやすですよ。

ブレーキ厳禁とききますが、普通にブレーキかけたりしますよ、ブレーキをかける事で転倒した事はないですね。
| kazu|
まっくろくろすけさんへ

DVDに夢中になってるとすぐに時間が経つので楽です、普通に漕いだら30分位で飽きてしまいます(^^;)

私は家族の留守中にリビングのTVの前の机を移動して、マットを敷いてローラーを漕ぎました。

準備に時間がかかるので短時間漕ぐには適しませんが、長時間漕ぐ時は良いかも。

ローラー台専用ルームがあればいつでも出来るから良いんですけどね(笑)
| kazu|
私もヒロさん同様、ローラー台は持っていないのですが、やっぱりトレーニング効果は大きいですか?
我が家の住宅事情からすると、ローラー台を置いて練習するスペースはなさそうなので、あまり購入を考えてはいないのですが・・・。それに音はうるさくないのですか?
今は週末しかサイクリングしないので、天候も時間も気にせずトレーニングできそうで、鍛えるにはローラー台の導入でしょうね。
| じょにお|
ブログに不慣れで連絡方法がわからないので、ここのコメントに書かせていただきます。
kazuさんのブログを私のブログ上のブックマークに登録させて頂いてよろしいでしょうか?
是非おねがいします。
| ヒロ|
じょにおさんへ

3本ローラーの場合は踏むぺダリングをしてると、高ケイデンスで回すほどバウンドします。

つまり高ケイデンスでバウンドせず漕げる=ぺダリングが綺麗になってると言う事が分ります。

最初は110〜120回転でバウンドしてましたが、今では130回転でも綺麗に漕げるので少しはぺダリングが綺麗になったんだと思います。

 大きさ的にはそこまで大きくないです、1畳分位のスペースがあれば廊下でも出来ます。それに折りたためるので使わない時はコンパクトに収納可能です。

固定式に比べると音・振動共に大きいですが、私は一戸建てなので夜中に漕いでも苦情はないです、しかしマンションやアパートの場合は厳しいです。

週末しか漕がないのと、週に数回漕ぐのでは足のなまり方が全然違います。そういう意味では毎日漕ぐジテツウが最強だと思います。
| kazu|
ヒロさんへ

ブログ上のブックマークって言うのはリンクの事かな?全然OKですよ、是非ともお願いします。

こちらのブログからもリンクを貼らせていただきました。これからもよろしくお願いします。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/166
トラックバック