自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< トピークの携帯用ポンプ購入→失敗 | main | クロスバイクのタイヤの空気の入れ方 >>
自転車タイヤの着脱方法(クロスバイク編)



 クロスバイクのタイヤの着脱方法(前輪)を紹介します、パンク修理の際はタイヤを外して行う為、必須スキルとなります。

まずブレーキに付いている黒いゴムを右にずらします。


ずらした状態


 穴にはめ込んでるだけなので、左に引っ張りながら上に持ち上げれば外せます(結構硬いですが、がんばれば外せます)

どうしても外せない時は赤丸の所のブレーキワイヤー押さえボルトを六角で外すと簡単に出来ます(この時外したワイヤーの位置を覚えておかないとブレーキの効きが変わるので注意)

外した状態


 右側のレバーを外側に倒します、次に左の部分を左手で押さえながら右手でゆるめていきます。ある程度ゆるんだらタイヤを押さえてフレームを持ち上げれば簡単にタイヤが外れます、これで外し方の説明は終了。

 次はタイヤを装着する方法を説明します、まずフレームをタイヤの丸の溝に入れます、ずれないように確実に、またホイールの向きを間違えないようにしましょう(クイックレバーがどちら側にあったか、外す前に覚えておく)

 フレームの穴がセンターなので、タイヤの中心と穴を合わせます、どっちかに寄っているとブレーキが片方しか効かなくなり危険です。


 外した時の逆で左側を固定しながら、右側を締めて行き最後にレバーを内側に押して固定します、この時レバーが上を向くように写真の用な位置で内側に押します。

硬くて最後までレバーが押せない場合、締めすぎなのでゆるめて再度押してみてください(硬すぎると抵抗が増えるのでホイールの回りが悪くなる、逆に緩いと走行中外れる危険がある)

ブレーキをタイヤに押し付けながらブレーキワイヤーを外した時の逆で取りつけます。


写真の矢印と逆

 写真の矢印の逆で下に押してから右に押してはめます、この時入れるのに苦労します(いくらワイヤーを引っ張っても届かないほど硬い)

しかし外せた=はまりますので頑張って装着してください、どうしても外せない時は赤丸の所のブレーキワイヤー押さえボルトを六角で外すと簡単に出来ます(この時外したワイヤーの位置を覚えておかないとブレーキの効きが変わるので注意)

 見事にはまったら黒いゴムを戻して完成です、最後にタイヤのセンター、ブレーキの当たり・効き具合を確認して終了です。

 後輪の場合はブレーキワイヤーを外して、レバーをゆるめる所までは一緒ですが、ホイールを外す時にチェーンがあるので難しいです。

ホイールが引っ掛かる時はリアディレイラ―を後ろに引いてやるとスムーズに外せます、着脱時は無理に外したり、取りつけようとしてチェーンやディレイラ―を傷めないようにしましょう。



|自転車メンテナンス|20:33|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/15
トラックバック