自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車乗りは邪魔者扱いで嫌われてる(動画あり) | main | シマノSH-R088WE購入インプレ、フィット感、ダイレクト感が違う! >>
ロードバイク用シューズのソール剛性、シマノSH-R088WE購入



 以前から次はシマノのカスタムフィットモデルのロード用シューズを購入すると言ってましたが、最終的にSH-R088LEを購入、方針変更の決め手はソール剛性です。

ソールとは靴底の事で、ザックリ説明すると「ソール剛性=靴底の硬さ」と思ってください。

 悪かろう安かろうの逆で、高価なカスタムフィットモデルは良いと思ってましたが、間違ってたようです。

ソール剛性が高いとダイレクト感があり前に良く進む反面、疲れやすくなります。

ソール剛性が低いとパワーロスがあるのでダイレクト感は減りますが、疲れにくくなります。

そしてカスタムフィットモデルは本来プロが使う物で、レース志向の人ならまだしも、ロングライド志向の人が使うと用途と適合しなくなります。


シマノの場合はカタログにソール剛性の表示があります、剛性横のWマークはワイドモデル対応を意味します。

SH-R320 35700円 剛性12 W
SH-R260 27300円 剛性11 W
SH-R170 19950円 剛性10 W
SH-R107 16000円 剛性7
SH-R088 13900円 剛性6 W
SH-R078 12000円 剛性6
SH-R064 9450円 剛性6


 私が現在使ってるのはSH-R086、SH-R088の2代前のモデルになります(3年半使用)

なので剛性で言うと6になりますが、長年使いボロボロなので実質3くらいでしょう。

SH-R170から一気に剛性が上がります、ココから上がレース用モデルだからです。

 カスタムフィットモデルだと疲れやすくなる、レースは出ないし速さも求めてない、なので1ランク上のSH-R107を購入しようと思いました。

しかしSH-R107にはワイドモデルがありません、足のサイズは42(26.5cm)と一般的ですが、甲高なので通常のモデルではマジックテープがギリギリになります。

GIRO、マヴィック等のメーカーも試着しましたが、ココがネックで断念した記憶があります。

 
 2ランク上のSH-R170にすればワイドモデルはありますが剛性10のレース用、しかもカタログにはレースに勝つための機能を備えた軽量モデルと書いてます。

軽量モデルと言えば聞こえは良いですが、軽量化のために耐久性が落ちてる可能性があります、つまり長年の使用に耐えれないと言う事です。

SH-R088WE 最後にEが付くのがワイドタイプ

 ソール剛性が適切、ワイドモデルあり、この2点を満たすシューズは、現在使ってるモデルの後継モデルSH-R088WEです。

今使ってるSH-R086はボロボロなので、後継モデルでも性能が上がるのは間違いありません(今のはベルクロを締めても若干ゆるい)

 シューズに限らず、どのパーツでもそうですが、下手に知識が付くと購入までに悩む時間が増えますね。

まあ結果的に良い買い物が出来るので、色々調べるに越した事はありませんが。

なにはともあれ後悔のない買い物をしてください、それでは。


インプレしました→シマノSH-R088WE購入インプレ




|自転車グッズ|10:08|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1256
トラックバック