自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ミシュランPRO4インプレ、パンクに弱い?タイヤの寿命 GP4000S2 | main | コルナゴTITANIO(チタニオ)2014年モデルが高価すぎる件について >>
コルナゴマスターXライトにマペイカラー追加



 コルナゴ2014年モデルのマスターXライトに、昔懐かしのマペイカラーが追加されました。

まあアレです、やりやがったなコルナゴ…って感じですね、まあそれでも私が購入したカラーの方がカッコ良いと感じますが。

マスターXライト マペイ 36万円

 30周年記念カラーが発売されており、その時のラインナップは赤、青、黒ですが、後からずらしてマペイを追加するあたり商売上手ですね。

30周年記念カラーは職人さんがペイントしており、某自転車店の方から聞いた情報だと、手間が掛かると本国から文句を言われていると聞いてました。

でもちゃっかりマペイカラーは作ってますね(笑)

マスターXライト30周年記念モデル ブルー

 30周年モデルの時にペイントして、新たなマペイカラーのために、また塗装するなら一括で塗装してしまって、販売時期をズラすのが賢い戦法だと思いました。

しかしこの方法だと、注文してから生産するのと比べて、不良在庫が発生する可能性があるので厳しいかもです。

 カラーリングによって微妙に塗装は変わるのですが(赤が微妙に重いと言われる)五十歩百歩なので気にしなくてOKです。

つまり自分が一番気に入った色のマスターXライトを購入すればOKです。

出来れば実物を見て購入するのが良いですね、通常バージョンと30周年記念バージョンでは、塗装が雲泥の差ですから。

マペイの実物は見てませんが、写真を見る限りでは30周年記念モデル寄りの塗装ですから、美しいと考えられます。


 30周年記念モデルだと青、赤、黒しかなく、白色を基調としたモデルはありませんでした、なので白色をベースとしたモデルが好みだと言う方にはお勧めです。

私自身は昔からのロードレースファンではないので、マペイと言われてもピンと来ませんが、昔からのロードレースファンで、マペイカラーの良さが分かる方にもお勧めです。
 

 限定とか言いながら購買意欲をあおり、こんな感じでちょくちょく発売するんでしょうね、日本人は特に限定が弱いので…代理店さんはよく分かってらっしゃいますね(笑)




|新車の購入検討中の方|00:26|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは^^
こ、これはこれでカッコイイと思いますけど…
絶対にブルーの方がいいと思いますよ!!

あ。。。
別に私のヤツもたまたまブルーだからってワケじゃなくww
| ramu3003|
ramu3003さんへ

確かにこれはこれでカッコ良いと思います、通常版に比べたら凝ってますし。

30周年記念モデルのブルーの比べたら…マペイ購入者さんには悪いですけど、ブルーの方がカッコ良いですね。

自分が所有してるのがたまたまブルーだからってワケじゃなくww
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1252
トラックバック