自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車グッズの目次 | main | コルナゴマスターXライトにマペイカラー追加 >>
ミシュランPRO4インプレ、パンクに弱い?タイヤの寿命 GP4000S2



 ミシュランのPRO4サービスクルスを購入したのが、2012年の6月15日、1年2ヶ月後となる8月中旬に初パンクしたので交換しました。

走行距離は約4000キロ、後輪のみパンクで、使用期間は前述した通り1年2ヶ月、タイヤローテーションはなしです。


 距離の割に使用期間がやたらと長いのは、ホイールをたくさん所有してるからです。

ホイールを交換する度に、タイヤ交換をするのはめんどくさいので、ホイール毎に違うタイヤを使ってます。

そして使うホイールもマチマチなので、走行距離が分散し、使用歴が長くなったと考えられます。


 新しいタイヤはコンチネンタルGP4000Sにしました、ミシュランPRO4とコンチネンタルGP4000Sの比較は過去にしてます。

ミシュランPRO4対コンチネンタルGP4000S比較インプレ

個人的な意見ですが、走行性能に関してはミシュランPRO4の方が上です。

PRO4のバリエーション

 私が使用したのは画像上から2番目のサービスクルスで、PRO4のラインナップ中、走行性能よりも耐久性寄りのタイヤになります。

つまりPRO4コンプサービスクルス、コンプリミテッドサービスクルスに関しては、確実にGP4000Sより上になります。

 しかし今回の事から考えると、PRO4コンプサービスクルス、コンプリミテッドサービスクルスに関しては、4000キロも持たない可能性が高いです。

ただ私の場合は使用期間が1年以上で、経年劣化も考えられるので、短期間で走ればもっと長い距離使えるかもしれません。


 PRO4の初期性能は長く持たない、と言う意見もありますが、それを言うとどのタイヤでも同じ事です。

GP4000Sを長く使ってる、とドヤ顔で自慢する人がいますが、自転車店員の方いわく賞味期限は完全に切れてるので、失笑ものとの事です(;^ω^)

私もロードバイクに乗り始めの頃は、一つのタイヤを何キロ持たせれるか、と言う事をブリジストンのエクステンザRR2でやってたので、今思うと恥ずかしいですね。


 次のタイヤをGP4000Sにした理由は耐パンク性の高さです、PRO4を使ってたホイールは現在ジテツウ用で、未舗装路も走るので耐パンク性は重要になります。

今回パンクしたのは会社からの帰りで、仕事前でなくて良かったと言いたい所ですが、仕事で疲れた後にパンク修理と言うのはめんどくさかったです。


 余談ですがツイッターでGP4000Sの後継モデルGP4000S2が写真入りで回って来ました。

PRO4が優れているのは、メーカーとしてどうこうではなく、PRO3から新型にフルモデルチェンジされた事が大きいと考えてます。

GP4000Sはロングセラーですが、設計が古いのではないか? いつになったらフルモデルチェンジするのか? 疑問でした。

GP4000Sがフルモデルチェンジしたら、飛躍的に性能は上がるでしょうから、ツイッターで見た時は キタ━(゚∀゚)━! って感じでした。

 なので今回買い換える時は、GP4000S2、GP4000S兇巴気靴泙靴燭、楽天にもアマゾンにもありませんでした。

シクロワイヤードにも掲載されてないようですし、GP4000S新型、モデルチェンジ等で検索しても出て来ません。

おそらくデマだったんでしょうね、画像入りで「GP4000S供廚肇蹈瓦あったのですが…手の込んだ事をする人もいるもんだな〜と思いました。



|-|15:36|comments(7)|trackbacks(0)|
コメント
いつも楽しく読ませていただいております。
今日初めてパンクしてしまいました(pro4で)
まだ2000キロものっていないのですがサイドカットだったみたいです、、、
わたしも真似して次は4000sにしてみます
pro3も耐久性がなかったしpro4もこうだともうミシュランはつかいたくないですねー
fusion3が一番耐久性がある気がしますよ私の個人的な感じでは
| hiro|
hiroさんへ

2000キロでパンクだったら私の半分しか持たなかったわけですね〜

GP4000Sもサイドは弱く2000キロ以下で、サイドカットしてダメにする人が多いので難しい所ですね、接地面に対する耐摩耗性は強いのですが。

性能面ではミシュランが上なので通勤用ではなく、趣味用のロードにはPRO4かな〜と言う感じです。
| kazu|
 PRO4は、4000km程度で寿命ですか・・・。耐久性はPR03と同じぐらいですね。それほど長距離を乗らない私でも1年持たない感じですが、ゴムの劣化を考えれば、それぐらいがよいバランスなのかもしれません。

 少し前まで4000Sでしたが、7000km(ローテーション1回)でノーパンク、スリップサインも大丈夫と、とにかく頑丈なタイヤでした。乗り心地が少し硬いですが、パンクしにくいというのは、やはりありがたかったです(初期タイヤが1200kmでパンク6回だったので)。
 サイドのひび割れは、割と早くからあったように思いますが、直射日光が原因かなと思い、途中から暗所にバイクを保管するようにしたおかげか、サイドカットはしませんでした。

 最近週末になると天気が崩れるため、なかなか乗れませんねぇ。来週の3連休は晴れてくれるといいなぁ。
| sara|
はじめまして、kouと言います。
ビットリアルビノプロ3→GP4000Sの使用歴ですが、PRO4SCとGP4000Sの比較記事を読み、機会を見てPRO4を購入し、以来ミシュラン派へ移行しました。


GP4000S、いよいよ新型出ますね。デマではないですよ、知人曰く海外では既に出ているそうです。既にご存知でしたら失礼…
| kou|
saraさんへ

いえPRO3で4000キロ乗れる人は稀です、1000キロ以下でダメにする人が多かったです(一度のフルブレーキでバーストも)

PRO3だと正直ロングは厳しい感じでしたが、PRO4だと気持ちにだいぶ余裕が出来ますね。

GP4000Sはやはり耐久性、定価はまだしもアマゾンで買えば安いのがメリットでしょう。

性能だけならPRO4を3〜4000キロで交換ですが、金銭的に余裕がないのでGP4000Sを長くと言うのが、人気の秘密でしょうね。
| kazu|
kouさんへ

金銭面、パンクリスクでGP4000Sに行く人が多いですが、性能は間違いなくPRO4ですよ(*^^)v

GP4000Sで1万キロとかやってる人もいますが、本来の性能が出せるのは4000キロ以下だから、そう言う人は…って店員さんが言ってました。

GP4000S2は海外サイトにはあるみたいですね、日本のサイトにはラインナップがなかったのでデマだと思ってましたが、新型はPRO4を超えてくるかもですね。
| kazu|
はじめまして、 PRO4とGP4000Sを併用 今回GP4000S兇盥愼しました。
PRO4(ZONDAに装着)と GP4000S(バレットウルトラに装着)の比較ですが
GP4000Sの方が 回転抵抗は少ないが固く感じます。
一般使用では PRO4が万能 早く走るや登りを考えると
GP4000Sでしょうか
耐久性も この2種が一番適切だと思います。
PRO3は、摩耗・耐パンク性は 4より低いです。

GP4000S供淵譟璽轡鵐娃擅釘劭呂冒着)は、抵抗感より少なく 早く走れそうな感じ
乗り心地は、幾分柔らかくなったような 角が取れた感じに思います。コンパウンドは柔らかそうなので摩耗は、早そうな気配
レース決戦以外は 200g前後の この手のタイヤに限ります。パンクチューブ交換の無駄な時間を費やしたくないんで
この2種で 今後も行きます。
| BOMA−DE|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1250
トラックバック