自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ロードバイク・クロスバイクに泥除けは必要か?購入検討 | main | 自転車グッズの目次 >>
シマノカスタムフィットは意味がない?



 現在シマノのSPD-SLシューズ(SH-RD86)に、スピードプレイのクリートを装着して使用しており、現時点で約3年半使用しています。 

現在のシューズをジテツウ用にして余った105ペダル+SPD-SLをクロスバイクへ、休日用にシューズを新調してスピードプレイでロードバイクを漕ぐ予定です。


靴は長持ちするので次は奮発して一体成形モデルを購入します。


候補に上がったのがシマノのカスタムフィットモデル、BONTのシューズです。

以前雑誌で見た所レースならBONTシューズが良いが、ロングライドでの疲労軽減はシマノカスタムフィットが上と書かれていたので、非レース志向の私はシマノを購入する予定でした。

 しかしシマノカスタムフィットについて調べていると、「シマノ・カスタムフィット 9割がジャストフィットしてない!!可能性」と言う記事を発見しました。

要約するとカスタムフィットは立った状態で型を取る、しかし立った状態・漕いでる状態では荷重が違う、よってぺダリング時はジャストフィットしていないケースが9割、と言う感じです。

立った時はかかとに荷重が掛かりますが、ぺダリング時はかかとには大きな荷重は掛からない、言われてみると確かに…と言う感じです。

それに立った状態だと、仮に自分の体重60キロなら60キロが靴全体に掛かりますが、漕いでる時はサドルに座ってるので靴全体に60キロは掛からないはずです。

つまりシマノカスタムフィットでジャストフィットは難しい事になります。

岡山県 カスタムフィット対応店

 シマノカスタムフィットは対応店のみ可能で、シマノの人ではなく店員さんが行うので、店員さんのレベルによって仕上がりにバラつきが出ます。

型の取り方に関してはお店に聞くのが一番かな〜と思いましたが、シマノ本社に聞いた方がネタ的には面白いのかな〜思いました(笑)

そこで問い合わせ先を調べる為、シマノHPを見たらシューズのカタログがありました、そこでカスタムフィットの成形方法を詳しく見るとこのように書いてました。

走行時と同じようにシューズを履く

 シマノのカタログには走行時と同じようにシューズを履く、と書かれています。

ニュアンスの取り方の違いでしょうか? 店員さんによっては走行時と同じようにキッチリとベルトを締めて履かせる、と思う人もいるでしょう。

店員さんによっては走行時と同じように、模擬ぺダリング(かかとを上げた状態)にして型を取る、と思う人もいるでしょう。

どっちが正しいのか分かりませんが、冒頭に紹介した記事を見た限りでは、前者と思う店員さんが9割なので、結果的にぺダリング時にジャストフィットしない人が9割になるのでしょう。

 
 もし私がシマノカスタムフィットをするのであれば、BGFIT有資格者の方に事前連絡をして、この事を伝えた上で対応してもらいます。

店員さんは私の言い分に納得してくれるはずです、私自身冒頭の記事を見て納得したくらいですから。

その後どう言った対応を取るかですが、私の行きつけの店は某あずにゃんジャージを着た人いわく、ノーマルな店らしいので、マニュアル通りの対応を取るかもしれません。

 これは別の記事で書きますが、フルオーダーメイド靴も教えていただいたのですが、現時点では記事内の事を加味してもシマノカスタムフィットです(´∀`)3年半使ってもまだまだ使える安心のシマノブランドですから




|自転車グッズ|17:33|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1248
トラックバック