自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 電動アルテグラ6870系発売? Di2か機械式か | main | クロスバイクで自転車通勤(ジテツウ)実施 >>
エリート3本ローラーアリオン購入、ベロドロームと比較インプレ



 今までエリートの3本ローラー台「ベロドローム」を使っていたのですが、走行距離1万2000キロを超えてガタが出て来たので買い替えを検討してました。

3本ローラーはミノウラ、エリートが有名ですが、エリートの方が静粛性に優れているので、前回同様エリートで検討。

 ラインナップですが、負荷調整機能+フローティング機能付きがEモーション、負荷機能のみがアリオンAL13、アリオンマグ、何もないのがアリオンとなります。

私はレースに出るわけではないので、高負荷トレーニングをする必要はありません、なので負荷機能なしのアリオンを購入しました(ちなみにアリオンはベロドロームの後継モデル)

エリートアリオン 定価約27000円

 エリートのアリオンは定価2万7000円ですが、アマゾンだと送料込みで2万4000円、アマゾンより楽天の方が安い、と言う事で楽天市場で購入しました。

ネットで物を購入する時は最低でもアマゾン、楽天を比較する事をお勧めします(円安になった今ウイグルは美味しくないので)

上がベロドローム 下がアリオン

 ベロドロームのフレームが少し変わったのがアリオンだと思ってましたが、モデルチェンジに伴い色々と改善されています。

写真を見たら分かると思いますがベロドロームの方がローラー径が大きいです、径が変わると何が違うか?

ザックリ言うと径が大きい方が負荷が低くなりますが、詳しくは昔の記事で書いてます→「3本ローラーのローラー直径の大きさで何が変わる?

ベロドロームのローラー径は93mm、アリオンは85mm、わずか7mmの違いですが、漕いでみると違いが分かるレベルで負荷が変わりました(アリオンの方が負荷が高いです)

白丸部分に足を置ける

 ベロドロームはフレームにゴムが貼ってあるだけでしたが、アリオンでは足を置くステップが新設されています。

漕いでる時は当然関係ありませんが、乗り降りをする際に足を置くステップがあるか、ないかは大きいです、この改善は相当嬉しいですね(´∀`)

立て掛けなくても自立する

 それとベロドロームは折りたたんだ状態で自立しないので、壁に立て掛ける必要がありました、しかしアリオンは自立するので壁に立てかける必要がありません。

あまり気にしない部分だと思いますが、自立してくれた方が片付けの時楽になります(私はローラーマットを丸めて収納した後、ローラー台を片付けるので)

それにレースのウォーミングアップで3本ローラー台を使う時、自動車から降ろしてドアに立て掛けるでしょうが、アリオンなら自立するので車のドアに傷も入りません。

 また重量自体がベロドロームは8.4キロだったのに対し、アリオンは7.5キロに軽量化されています、前者はフレームが金属でしたが、後者は樹脂になったからだと思われます。

それとベロドロームでは横から見る必要があった、ローラーの全長を決める目盛が、アリオンでは上から見えるようになっています。

 「トヨタのカイゼン」と言う言葉があるように、日本企業は改善に力を入れて取り組んでいますが、イタリアも負けてないですね〜

ベロドローム→アリオン、1回のモデルチェンジで色々改善されており好感が持てました( ´∀`)bグッ!




|自転車ローラー台|12:45|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
初めまして。この頃、kazuさんのブログやツイッターを読んでいる優游です。
今年固定ローラーを買ったばかりなので、今年の購入にはなりませんが、来年は、3本ローラーを購入したいなと考えています。

大変詳しいレポートなので大変参考になりました。どうもありがとうございました。
| 優游|
優游さんへ

初めまして。
固定式ローラー台はすぐ飽きてしまい、4回しか使ってないです(-_-;)

負荷的には3本ローラーだと物足りないですが、楽しいのは3本ですね。

ブログよりツイッターの方がレスポンスが良いので、何かあればリプを飛ばしてください、仕事中以外なら比較的返しますのですw
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1237
トラックバック