自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< BMCインペック、グランフォンドGF01試乗インプレ | main | フロントフォークエンドの爪を削るのは禁止、UCI >>
新型スラムレッド11速化、独自路線も終わり?



 主要コンポメーカーはカンパニョーロ・シマノ・スラムがあり、リア11速化はカンパが一番速く、シマノも9000系で後を追うように11速になりましたが、スラムもレッドから11速になります。

詳しくはこちら→「スラム11速化公式情報

11速化・電動コンポと進化しているカンパ、シマノに対し、スラムは独自路線で軽量化・10速・非電動化と言う形で進めていましたが、他メーカーも11速にしてるので、止む無しと言った感じでしょうか。

 変速性能に関しては「シマノ=カンパ>スラム>他メーカー」と聞いた事がありますが、スラムの真骨頂は軽さでしょう。

新型スラムレッド2013はコンポの総重量が約1740g、シマノ7900系が約2050g、9000系が約1980g、電動デュラエースが約2100g、カンパスーパーレコードが約1900gです。

基本的にヒルクライムは重量が軽い方が有利なので、ヒルクライマーにスラムレッドの愛用者が多いそうです。

 またスラムのダブルタップレバーが気持ち良いと言う意見も多いです、中には「性能・重量とか関係ない、あの感触が好きだから使ってる」と言う方もいます。

ただレバーが破損する事例が多く、ツイッターでもチラホラ破損画像リツイートが回って来るので、その辺りどうかな〜と言う感じもしますが(;´∀`)まあ実際使った事がないので何ともですね

 「将来的にシマノのコンポも11速化&カーボン化する可能性が高い」は2年前に私が書いた記事なのですが、予想通りシマノは11速化になりました。

3大コンポメーカー以外からですが、リア12速の商品は発売されているそうで、将来的には3大メーカーも12速化されると予想しています。

 11速化になる事で選択可能なギアが増えるメリットがありますが、アマでは10速でも十分に使いこなせてない人が多いので、個人的には多段化は疑問です(-_-;)

リアのスプロケが大きくなる事による、空気抵抗・重量増加は微々たるものですが、チェーンが薄くなる事による短寿命化、リアホイールのフリー延長によるフランジ幅減少は痛い…

でも商品インパクトの大きさには勝てないですよね、単純に「変速数が多い方=優れている」と思ってる人も多いでしょうし。

 現在一番バランスが良いとされるスプロケットの歯構成は12-25Tです、1歯飛ばしで構成するには全14枚必要になるので、14速化まではあり得ると考えています。

ただシマノ・カンパは電動化しているので、将来的には多段化ではなく、電動コンポメインで売り出す可能性はあります(そうなった場合スラムも電動化する可能性大)

また車のATとは方式が違いますが、負荷に応じて自動的に変速するコンポを作ってる方もいます、ギア多段化より付加価値のある独自路線に進んでくれた方が面白そうですね。




|自転車グッズ|09:05|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1231
トラックバック