自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 2代目自作手組ホイールのインプレ | main | 自転車メンテナンスの目次 >>
カンパレコードハブ球当たり調整・ガタを取る方法



 「2代目自作手組ホイールのインプレ」で、ダウンヒルの安定性がないのは、縦・横の振れ取り、センター出しをキッチリ出来てないからだと書きましたが、ハブのガタが主要因だったようです。

自転車にホイールをセットした状態で、タイヤを持ちホイールを左右へ動かすと、ハブが左右方向へガタガタ動きます(;´∀`)フロントは気持ち程度ですが、後輪は少しガタがありました

手で動かしてガタガタ言うくらいですから、スピードの出るダウンヒルでは、安定性が悪いと実感出来るレベルでガタついてたんだと思います。

 以下にカンパレコードハブ球当たり調整・ガタを取る方法を書きますが、ネットではやり方を見つけれませんでした(旧型レコードハブはあるが、同型はなかった)また説明書も見ずにやりました。

構造的に見たら何となく分かるのでぶっつけ本番で実施、この方法で合ってるか分かりませんので、実施する方は説明書を熟読して行って下さい、下記のやり方を真似して失敗しても責任は取れません、自己責任でお願いします。

ハブのボルト 六角で緩めれる

 カンパレコードハブは片側にボルトがあり、ボルトを緩める→球当たり調整用キャップを左右に回す、これで球当たり調整をしています。

写真のボルトはロックの役割をしており、いくら緩めても球当たり調整は出来ません、ボルトを緩めた後にキャップを左右に回す事で調整します。

他メーカーは自転車からホイールを外し、クイックレバーを外さないと出来ませんが、カンパレコードハブは自転車にホイールを取り付けた状態で調整可能です(出先での調整も余裕)

キャップをワザと緩めた状態

 分かりやすいようにキャップをわざと緩めて写真を撮りました、緩めると摩擦抵抗が減り回転は良くなりますが、隙間が出来るのでガタが出ますし、ハブ内部へ雨・汚れが浸入する危険があります。

逆に締めればガタはなくなりますし、ハブ内部への雨・汚れ侵入防止になりますが、摩擦抵抗が増えるのでハブの回転は悪くなります。

締めすぎるとハブの回転が悪くなるので、ガタが出ない事を満たした上で、ハブの回転が渋くならないギリギリの所まで締めるのがベストになります。

六角を噛ませて キャップを右へ回す

 「ガタが出てた=キャップが緩んでいる」ので、ボルトを緩めロックを外す→キャップを右へ回し締めて行きます。

最初は手で締めれますが硬くなるので、六角をボルトに噛ませて、テコの原理でグイッとキャップを回しました。

後は「少し締める→ガタを確認」を繰り返し、回転性を考慮してガタが出なくなるギリギリの点より、少しキャップを締めた所でボルトを締めてロック、これによりガタはなくなりました。

他メーカーのハブも同じですが球当たり調整はシビアです、回転性を考慮してギリギリの所まで締めるのに1時間掛かったと言う人もいます(最終的には1/16回転のように、少し締めるor緩めてチェックを繰り返す)

 レコードハブを使用した2代目手組ホイールでは、まだ100キロ程度しか走っていませんがガタが出ました(組む前はガタが出てなかったらしいので、製品不良ではないそうです)

製品不良ではなく組む前のガタもなし「ではなぜ100キロ程度の走行でガタが出たのか?」 これに関しては自転車店の方がこっそり教えてくれました。

他にも色々ブログの非公開コメント・ツイッターのDM等で、自転車店の方から教えてもらえる事があるのですが、どこからどこまで書いて良いのか分からないので、全て私の心に留めております(笑)



|自転車メンテナンス|21:49|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
長らく玉当たり調整などやっていませんが、ホイールを外さずに出来るのは便利ですね〜

ゴニョゴニョの部分が気になります(゜レ゜)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

私も全然してないです、R-SYSと今回のレコードハブ以外のハブは触った事ないですから(;´∀`)

ゴニョゴニョは流石に書けないですねw とりあえずガタがあったら締めてみる、ダメなら店に持って行くでww
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1219
トラックバック